閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

アメリカへ留学する際のドライヤー選びのポイント【電圧の違いに要注意】

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 6 分で読むことができます。

日本からアメリカへ留学する人が増えている中、現地の習慣や現地のスタンダードを理解しておくことは大切なことです。

その中でも、日本とアメリカの電圧の違いは、持っていく電化製品を決める上で重要な要素です。

この記事では、ドライヤーを選ぶ際に必要な情報をお伝えするとともに、おすすめのドライヤーをいくつかご紹介します。アメリカ留学を考えている方は、ドライヤー選びの参考にしてみてください。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

1.アメリカ留学時のドライヤー事情

日本とアメリカでは電圧や周波数が異なるため、日本の電化製品をアメリカで使用することは難しいです。

アメリカの標準電圧は110Vですが、日本では100Vとなっています。つまり、ドライヤーを含むほとんどの日本の電化製品はアメリカでは使えません。

アメリカ留学中に日本のドライヤーを使いたい場合は、変圧器を持っていく、日本で海外対応のドライヤーを購入する、アメリカでドライヤーを購入するという3つの方法があります。

1.変圧器を持っていく

日本からアメリカへ移動する際、110Vから100Vに電圧を変換するための変圧器を持参することができます。

ただし、変圧器を長時間使用すると、ドライヤーが過熱してしまい、最終的に故障してしまう可能性があるのでおすすめしません。

さらに、変圧器のワット数によっては、ドライヤーのワット数に対応できないこともあります。

2.日本で海外対応のドライヤーを買っていく

日本で販売されているドライヤーには、アメリカで使用できる海外対応のものがあります。

これらのドライヤーは、110Vの電圧に対応できるように設計されており、温度や風量を調節できるように複数の設定項目が用意されています。

日本国内で販売されている海外対応ドライヤーは種類が豊富なので、きっと自分に合ったものが見つかるはずです。

3.アメリカでドライヤーを買う

アメリカでドライヤーを購入するという方法もあります。110Vの電圧に対応した機種がいくつかあり、どれも複数の設定やスタイルがあるので、予算や用途に合ったものを探すことができます。

アメリカでドライヤーを購入すれば、電圧の問題を心配する必要がありませんし、さまざまなモデルを比較して、最適なものを手に入れることができます。

2.日本の電圧とアメリカの電圧の違い

ドライヤーなどの電化製品を選ぶ際に重要なのが、アメリカと日本の電源電圧の違いです。

日本の電圧は100Vですが、アメリカの電圧は110V〜120Vです。海外旅行では、両方の電圧に対応した電化製品を購入するのが理想的です。

1.アメリカの電圧に対応したドライヤーを日本で選ぶには

日本でドライヤーを購入する際は、アメリカの電圧に対応したものを選ぶようにしましょう。これは、ドライヤーを選ぶ際に最も重要なポイントです。

そのためには、製品に記載されている電圧仕様を確認するか、製品に「デュアルボルテージ」、または「ワールドボルテージ」のマークがあるかどうかを探してください。

電圧が合っていないドライヤーを選ぶと、電力不足になったり、まったく動かなくなったりと、思わぬトラブルに見舞われ、お金の無駄遣いになってしまいます。

2.日米両国で使える互換性のあるドライヤー

日本とアメリカの両方でドライヤーを使用する際の電圧の相性の問題を解決するために、デュアルボルテージのドライヤーが推奨されることが多いです。

デュアルボルテージドライヤーは、使用する地域によって電圧を変えることができるため、旅行者やアメリカ留学中の方だけでなく、日本とアメリカを頻繁に行き来する方にも便利です。

このドライヤーは通常、標準モデルよりも高価ですが、便利さを考えればコストに見合うだけの価値はあると言えるでしょう。

3.デュアルボルテージドライヤーのメリット

デュアルボルテージドライヤーを選ぶと、アメリカの電圧に対応できるだけでなく、100~240Vの電圧を使用する他の国でも使用することができます。

もちろん、日本とアメリカを行き来しない場合でも、世界中どこでも使えるのがデュアルボルテージドライヤーのメリットです。

さらに、デュアルボルテージドライヤーは、海外旅行先でも美容ケアを楽しめるように、高機能な機能が搭載されていることがほとんどです。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

3.ドライヤーの選び方

1.サイズ

アメリカ留学のためのドライヤー選びでまず重要なのは、そのサイズです。

アメリカへ旅行する予定がある場合は、小型で軽量のドライヤーが最適です。これなら旅行先でもドライヤーを持ち運びやすく、荷物の中で場所を取りません。

また、デュアルボルテージ対応の機種も多いので、アメリカと日本の両方で使える機種をリサーチしておくとよいでしょう。

2.変換プラグの有無

2つ目のポイントは、電圧変換プラグが必要かどうかです。電圧の異なる電気製品を海外で使用する場合、直接コンセントに差し込むのではなく、電圧変換プラグを使用することをお勧めします。

電圧変換プラグは、電化製品が必要とする電圧に自動的に変換するように設計されており、より安全です。海外で電圧の異なるドライヤーを使用する場合は、必ず電圧変換プラグが付属しているものを購入してください。

3.風量

3つ目のポイントは、風量です。髪をしっかり乾かすために、風量が強いものを選ぶようにしましょう。風量調節ができる機種も多いので、風量の違いも調べておきましょう。

4.機能

4つ目のポイントは、ドライヤーの機能です。ノズルアタッチメントや冷風設定、イオン導入設定など、付加機能がついているドライヤーが必要かどうかを検討しましょう。これらの機能は、スタイリングの幅を広げ、ヘアスタイルをより魅力的にしてくれます。

4.ドライヤーを購入する際の注意点

ドライヤー選びで最も注意すべき点は、日本とアメリカの電圧の違いです。アメリカは一般的に110V、日本は100Vなので、アメリカで100Vのドライヤーを使うと、髪を乾かすのに十分な熱量が得られないのです。

もうひとつの重要なポイントは、ワット数です。ドライヤーのワット数が低すぎると、電圧の差に関係なく、髪を乾かすのに十分な風を送ることができません。

原則として、110V使用時のワット数は1000W以上のパワフルなドライヤーが望ましいとされています。

最後に、ドライヤーにUL、ETL、CE認定の安全マークがついているかどうかも重要なポイントです。ドライヤーを購入する前に、電源プラグがアメリカ仕様に対応しているかどうかを確認することは必須です。

5.アメリカの電圧に対応でおすすめなドライヤー

様々な種類があるドライヤーの中には、コンパクトで軽量、アメリカと日本の両方で使えるように変換できるトラベルドライヤーと呼ばれるタイプがあります。

旅行用ドライヤーをお探しなら、CHIの「ミニトラベルヘアドライヤー」をおすすめします。このドライヤーは、ユニバーサル電圧切替器と温度・速度調整ダイヤルを搭載しているので、日本とアメリカの両方で問題なく使用することができます。

また、安全認証マークも付いており、ワット数は1000Wまで対応しています。

もう1つ旅行用ドライヤーでおすすめなのは、レミントンの「アンチフリーズイオンヘアードライヤー」です。

このヘアドライヤーは、ユニバーサル電圧スイッチと、より正確な乾燥を可能にする2つの熱と速度設定が装備されています。また、セラミック製なので髪に優しいのも特徴です。もちろん、安全認証マーク付きで、ワット数は1500Wまで対応しています。

6.まとめ

アメリカ留学でドライヤーを選ぶとなると、いろいろな要素を考慮する必要があります。変圧器を持参する、日本で海外対応のドライヤーを購入する、アメリカでドライヤーを購入するなど、最終的には自分次第、自分の予算次第で選ぶことができます。

この記事で、アメリカ留学のためのドライヤー選びの様々な選択肢について、ご理解いただけたでしょうか?

アメリカで使用するドライヤーを選ぶ際には、日本とアメリカの電圧の違いに注意し、両方に対応した機種を選ぶことが重要です。

なかでもデュアルボルテージ対応のドライヤーは、日本とアメリカの両方で使用でき、海外旅行で必要なスタイリングに対応した高機能なものがあります。

通常のドライヤーに比べると高価ですが、さまざまな国で使用できるため、出張が多い方やアメリカ留学を予定している方にもおすすめです。

アメリカ留学でドライヤーを選ぶ際には、サイズ、変換プラグ、風量、機能などを考慮することが大切です。

いろいろな機種を研究して、自分に合ったものを見つけるようにしましょう。自分に合ったドライヤーがあれば、髪のスタイリングがもっと簡単に、もっと楽しくなるはずです。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. オーストラリアでのワーキングホリデー体験談を集めてみた!

  2. アメリカ留学中は車の免許があった方が良い?条件・申請方法・注意点を徹底解説

  3. 海外への大学進学!学費が安い大学があるのはどこの国?

  4. アメリカの大学院留学で必要な費用とは?州立と私立を徹底比較!

  5. イギリス留学で知りたいシェアハウス情報【現地シェア事情、探し方、基本情報、注意事項】

  6. 【保存版】オーストラリア語学学校の選び方!費用を安くするコツも伝授します!