TOPアメリカの小学校と日本の小学校の違いを徹底比較!

アメリカの小学校と日本の小学校の違いを徹底比較!

2023.02.28

アメリカの小学校と日本の小学校の違いを徹底比較!

アメリカの小学校について、あなたはどれぐらい知っていますか?アメリカの小学校には、日本の小学校とは異なる教育システムやカリキュラムがあります。

この記事では、アメリカの小学校について詳しく解説します。 アメリカの小学校の教育目標やカリキュラムについてはもちろん、入学方法や学費、奨学金についても詳しく紹介しています。

さらに、日本の小学校とアメリカの小学校の教育目標やカリキュラムの違いについても比較し、どのように異なるのかを明確にします。アメリカの小学校について知りたい方、またはアメリカへの留学や移住を考えている方は、必見の記事です。

夢かな留学なら0円で留学に行ける? 無料でプラン診断してみる

アメリカの小学校の基本情報

アメリカの小学校は、国家教育基準に基づいたカリキュラムが提供され、学生の能力を最大限に引き出すことを目標としています。アメリカの教育制度は、地方自治体が管理しており、公立学校が主流です。

小学校の教育目標とカリキュラム

アメリカの小学校では、学生の能力を最大限に引き出すことを目標としています。アメリカの小学校では、国家教育基準と呼ばれる教育目標に基づいた教育が行われます。これにより、全国の小学校で同じ基準に沿って教育が提供されることが保証されています。

アメリカの小学校の教育システム

アメリカの小学校の教育システムは、各州や地域によって異なりますが、多くの場合、6歳から11歳の児童が対象となります。アメリカの小学校では、学生の進歩を測定するために、定期的なテストが行​​われます。また、学生の成績や態度に基づいて、賞や表彰が与えられることもあります。

アメリカの教育制度の概要

アメリカの教育制度は、州や地域によって異なるため、一般化することはできませんが、基本的には、地方自治体が教育の管理を行います。アメリカの教育制度は、公立学校、また、アメリカの教育制度では、教育に対する投資が大きく、高等教育まで無償で提供されるなど、教育に対する国民の関心が高いのが特徴です。

アメリカの小学校の入学方法

アメリカの小学校に入学するには、いくつかの基本的な要件があります。 ここでは、アメリカの小学校の入学資格と入学手続きについて説明します。

アメリカの小学校の入学資格

アメリカの小学校に入学するには、原則として年齢に基づく資格が必要です。各州によって異なりますが、一般的には、小学校に入学するためには、5歳以上であることが必要です。幼稚園のような小学校の前に通う学校を経て小学校に進学する場合、年齢に制限はありません。また、国籍や在留資格などの制限はなく、どの子供でも入学できます。

アメリカの小学校の入学手続き

アメリカの小学校への入学手続きは、地域によって異なりますが、一般的には以下のような流れになります。

まず、住んでいる地域の学区を調べます。 アメリカでは、地域ごとに学区が決められており、その学区内の小学校に通っていることになります。 学区の境界線は、地図や学校のウェブサイトで確認できます。

次に、入学手続きを行います。入学手続きは、学校によって異なりますが、一般的には以下のような手順になります。まず、入学申込書を提出します。提出する書類には、生年月日、住所、電話番号、保護者の氏名や職業、前学校の情報などが含まれます。また、健康診断書や予防接種の証明書など、さまざまな書類を提出する必要があります。場合によっては、入学試験がある場合もあるので、注意しましょう。

最後に、入学が許可された場合、入学手続きを完了します。入学手続きには、入学手続き費用や学用品の購入などが含まれます。入学前には、学校によってはオリエンテーションなどがあり、保護者や児童が学校のルールや生活習慣について理解する機会が与えられます。

アメリカの小学校の学費と奨学金

アメリカの小学校に通うには、学費が必要です。しかし、公立学校は基本的に無料で小学校に通うことができます。

アメリカの小学校の学費の平均

アメリカの私立小学校の平均学費は、1年間で1万5,000〜2万5,000ドル程度です。ただし、地域や学校によって異なります。場合によっては、他にも費用が発生する場合があります。

アメリカの小学校で利用可能な奨学金と助成金

政府からの奨学金

アメリカ政府は、低所得者世帯の子供たちに対して給付金を提供しています。この給付金は、タイトルIプログラムとして知られています。また、低所得の家庭の子供たちには、無料または学校手当が割引されることもあります。

民間団体からの奨学金

民間団体からの奨学金も利用できます。これらの奨学金は、様々な基準に基づいて提供されます。例えば、学力、スポーツ能力、文化的多様性などに基づいて提供される場合があります。

学校からの助成金

また、いくつかの私立学校は、直接奨学金を提供しています。これらの奨学金は、学校の基準に基づいて提供されます。他の人にはない優れた才能を持った生徒に提供される場合があります。

アメリカの小学校での教育費の削減方法

アメリカの小学校での教育費を節約する方法として、教材の再利用が挙げられます。 教科書やノートなどは、上級生が使わなくなったものを下級生が使うことができます。中古品を買うことで代用できることもあります。どうしても新品である必要がない場合には、中古品を使用しても問題ありません。

夢かな留学なら0円で留学に行ける? 無料でプラン診断してみる

アメリカの小学校における問題点

この章では、アメリカの小学校の問題点を解説していきます。

学力格差

アメリカの小学校には、地域や家庭の経済的な状況によって学力格差が生じるという問題があります。教育予算の多くが地方自治体によって運営され、貧困地域の小学校では予算が不足しているため、質の高い教育を受けることができない生徒が多いとされています。

先生不足と教育に関する問題

アメリカの小学校には、先生不足という問題があります。 全米教育協会によると、2019年には全米で20万人以上の教員不足があり、特に貧困地域や人口が少ない地域で深刻な状況にあります。また、授業に関する問題もあり、授業の質が統一されておらず、教科書やカリキュラムに差があるため、移転や転校で生徒が不利になるケースがあります。

セキュリティーといじめの問題

アメリカの小学校では、セキュリティに関する問題やいじめによる問題が深刻化しています。小学校によっては、警備員を配置するところもあるほどセキュリティの問題が深刻化しています。また、いじめによる自殺事件も発生しています。アメリカ政府は、問題に対して対策を講じるために、教師や生徒に対して訓練を行うなどの対策を実施しています。

具体的には、いじめ防止プログラムの導入や教師の研修などが行われています。また、学校にはセキュリティシステムが導入され、防犯カメラや警備員の配置なども行われています。安全を確保するために、学校と保護者のコミュニケーションが重要となると考えられており、これらの対策も積極的に行われるようになっています。

日本の小学校とアメリカの小学校の教育目標とカリキュラムの違い

日本とアメリカの小学校の教育目標やカリキュラムには多くの違いがあります。日本の小学校では、基礎的な学力の習得を重視し、国語、算数、社会、理科などの科目があります。また、小学校では道徳や礼儀作法、健康などの教育も大切にされています。

一方、アメリカの小学校では、教育目標には読み書き、算数、科学、社会などの基礎的な学力だけでなく、コミュニケーション能力や批判的思考力、創造性などのスキルも含まれています。他にも、体育や音楽、美術などの文化的・芸術的な活動が注目されていることも特徴的です。

このように、日本とアメリカの小学校では教育目標やカリキュラムに違いがありますが、それぞれの国の文化や社会背景に合わせた教育が行われています。

まとめ

この記事では、アメリカの小学校について、アメリカの小学校の基本情報、入学方法、学費や奨学金、問題点、そして日本の小学校との違いについて解説してきました。

アメリカの小学校は、教育目標やカリキュラムが各州や地域で異なることが特徴です。また、教育制度も複雑であり、私立校、公立校、チャータースクールなど多くの選択肢があります。入学には、アメリカの市民権が必要な場合があるほか、入学手続きも多岐にわたります。 学費については、公立校は無料であることが多いですが、私立校は高額な授業料が必要です。団体、学校からの助成金や助成金が利用可能な場合があります。

しかし、アメリカの小学校には学力格差、先生不足や教育に関する問題、そしてセキュリティやいじめなどの問題が存在してるように、まだまだ改善が必要な課題があります。

また、日本の小学校とアメリカの小学校には、教育目標やカリキュラムにおいて大きな違いがあります。日本の小学校は、6年間を通して同じカリキュラムを実施し、基礎的な学力の向上を目指します。一方、アメリカの小学校は各州や地域によってカリキュラムが異なり、英語や数学以外にも音楽や芸術などの科目が強化されることが多いです。

アメリカで子供を教育することを検討している人は、地域や学校の情報を十分に調べ、自分や家族に合った最適な教育環境を選ぶことが大切です。あまり調べずに入学してしまい、後悔しないようにしましょう。

夢かな留学なら0円で留学に行ける? 無料でプラン診断してみる
COUNSELING APPOINTMENTCOUNSELING APPOINTMENT

カウンセリング予約

対面・オンラインOK!
カウンセラーは全員が留学経験者。どんなことでもお気軽にご相談いただけます。

カレンダーカレンダー ご予約はこちら → →
Diagnose your plan

留学プランを診断する

プランを考えるならコチラ!
「留学に興味はあるけど実際よくわからない…」
そんなあなたはまずは無料でプラン診断してみよう!

調べるアイコン調べるアイコン 留学プランを診断する → →
Consult on LINE

LINEで留学相談

LINEで気軽に相談したい方はコチラ!
ご自身のペースで進めたい方にもおすすめです。

メモのアイコンメモのアイコン LINEで留学相談 → →