閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

大学生がワーキングホリデーを成功させるために必要なこととは

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 8 分で読むことができます。

ワーキングホリデーに行くことは、大学生に人気のある選択肢です。しかし、その分誤解や不安も多いようです。今回は、ワーキングホリデーで起こりうるリスクとリターン、そして踏み切る前に考えておくべきことをすべてご紹介します。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

1.大学生はワーキングホリデーに行かない方がいい?

まず、大学生が学業を休んでワーキングホリデーに行くことは賢明なことなのか、という疑問に答えることが何よりも重要です。

ワーキングホリデーは、新しい経験を積み、将来の就職活動に活かせる重要なスキルを身につけるための素晴らしい方法です。

しかし、休学することで就職に不利になることもあり得ます。ワーキングホリデーを決意する前に、そのメリットとデメリットをよく検討することが大切です。

1.休学ワーホリは就活で不利になるはホント?

ワーキングホリデーの休学は、就職活動に不利なこともありますが、新しい経験をすることができるという点では有利なこともあります。

例えば、ワーキングホリデーは実社会で経験を積み、仕事上の人脈を広げ、スキルを磨くチャンスです。また、雇用主は経験者を好むことが多いので、より多くの仕事のチャンスへの扉を開くことができます。

2.ワーホリよりも大学留学の方が好印象?

就職活動において、大学に在籍している方が有利に見える場合があります。しかし、ワーキングホリデーでは、異文化体験やスキルアップ、人脈づくりなど、貴重な経験をすることができます。

このような経験は非常に貴重であり、将来の就職活動に大きく役立つ可能性がある。このように、ワーキングホリデーのメリットとデメリットをよく考えてから、参加するかどうかを決めることが大切です。

集中的に教育を受けたいのであれば、大学留学の方がよいかもしれません。一方、異文化体験や新しい場所の開拓、貴重な実務経験を積みたいのであれば、ワーキングホリデーを選択するのがよいかもしれません。

3.ワーホリを経験しても英語力は身に付かない?

ワーキングホリデーは、英語力を伸ばすのに最適な方法です。異文化に触れ、ネイティブスピーカーと会話することで、短期間で英語力を向上させることができます。また、ワーキングホリデーの方でも、英語力向上のためのコースやクラスが用意されています。

2.ワーキングホリデーを経験する大学生が後悔するパターン

ワーキングホリデーを経験する大学生には、失敗してしまう共通点がいくつかあります。

その中でも、「日本語しか話せない」「勉強時間が足りない」「あまり考えずに1年間過ごしてしまった」という3つの後悔パターンを紹介します。

1.日本語ばかり話していた

大学生にとって、ワーキングホリデーでの最大の失敗は、現地の言葉を学ぶ時間をとらないことです。日本で生活する上で日本語は必須ですが、少なくとも現地の言葉を学ばなければ、一緒に生活し、働く人々とコミュニケーションをとる術がありません。

その結果、孤立してしまい、ワーキングホリデー中の生活の質に悪影響を及ぼす可能性があります。

2.充分な就学期間を取らなかった

もう一つよくある失敗が、新しい文化や言語を学ぶために必要な時間を取らないことです。

ワーキングホリデーの最終目的はお金を稼ぐことですが、同時に自分自身を成長させるための経験であることも忘れてはいけません。

現地の言葉や文化を学ぶ時間を確保することで、より楽しい体験ができるはずです。

3.なんとなく1年間を過ごしていた

多くの学生が、何も考えずに日本へ留学してしまうことがあります。どんな仕事に就きたいのか、どんな生活を送りたいのか。また、生活費を考え、就職に必要な書類を準備することも必要です。

3.ワーキングホリデーに行くメリット

ワーキングホリデーに参加するメリットは数多くあります。その中でも特に重要なものをいくつかご紹介します。

1.英語力を向上させられる

その国の言葉に触れることは、最も効果的な学習方法のひとつです。何かのやり方の説明書を読んだり、英語のネイティブスピーカーと会話をしたりすることで、その言語をより深く理解することができます。

その結果、あなたの英語力は時間とともに向上し、仕事での成功の可能性も高まります。

2.就活前に視野を広げることができる

ワーキングホリデーに行くことで、自分とは異なる文化や習慣に触れることができます。また、違った角度から世界を見ることができます。このような経験は、特に就職活動をするときに貴重なものとなります。

3.自分次第で様々なことに挑戦できる

ワーキングホリデーに行くことで得られるのは、働くことだけではありません。料理や写真、あるいはスキューバダイビングなどの教室に申し込むこともできます。

定住を決める前に、いろいろなことにチャレンジすることができるのです。

4.長期間海外に滞在できる人生最大のチャンス

海外のどこかに長期滞在したいのであれば、ワーキングホリデーが最適です。ビザが許す限り滞在することができ、その時間を使って訪問先のことをより深く知ることができます。

5.希望の地で就労の経験が積める

海外で働くことは、あなたの履歴書を作成し、その仕事に必要なスキルを持っていることを潜在的な雇用者に示す優れた方法です。さらに、あなたが得られる職務経験は、自国では得られないものです。

4.ワーキングホリデーに行くデメリット

1.ただ遊んできたと思われる

ワーキングホリデーのデメリットは、「遊んでいる」と思われること。ワーキングホリデーに行く人の多くは、自宅から遠く離れた別の場所を選んでいます。

そのため、家族や友人から心配されたり、勉強に真剣に取り組んでいないと思われたりする可能性があります。

あなたが真剣に取り組んでいることを理解してもらうために、親しい人には率直に話すことが大切です。

2.休学費用がかかる

第二のデメリットは、大学を休学するための費用です。大学によっては、休学にかかる費用が高額なところから、手が出ないところまで様々です。

また、ワーキングホリデーに行く資金を確保するためだけに、さらに借金をしなければならないこともあります。

欠席や退学で発生する可能性のある費用を含め、すべての可能性のある費用を必ず検討しましょう。

3.現地での仕事内容が限られる

また、渡航先での就職先が限られることもデメリットのひとつです。ワーキングホリデーに人気のある場所は、観光客の多い地域が多く、雇用機会があまりないことが多いようです。

仕事の可能性や賃金が限られていたり、存在しなかったりすることがあります。目的地に着いたときに簡単に就職できるように、事前に就職先を調べておくとよいでしょう。

4.社会に出るのが遅れる

最後に、ワーキングホリデーの大きなデメリットとして、社会人になるのが遅れることが挙げられます。休学すると学業が中断されるため、帰国後に大学生活をやり直さなければならないこともあります。

そのため、授業が追加されたり、最悪の場合、遅れを取り戻すために何年も余計に勉強することになることもあります。

ワーキングホリデーをする際には、短期的なコストと長期的なコスト、そしてその意味をよく考えてから決断するようにしましょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

5.ベストな休学時期は大学3年

大学3年生の時に休学することは、ワーキングホリデーを成功させるために理想的なタイミングです。

なぜなら、すでに大学生活を数年終えており、卒業後にどのようなキャリアを歩んでいくのかが見えているはずだからです。

さらに、経済的な面でも、ワーキングホリデー中の費用に充てることができる貯蓄が増えることになります。

3年次にワーキングホリデーをするもう一つの利点は、それを最大限に活用できることです。

さまざまな業界で働くことで、さまざまなキャリアの選択肢を模索し、より強力なスキルのポートフォリオを構築するための時間をより多く持つことができるでしょう。

さらに、大学に戻って最終学年に移行するための十分な経験を積むことができます。

6.ワーキングホリデーにかかる費用

ワーキングホリデーにかかる費用は、訪れる予定の国や、選択する旅行や宿泊のタイプなど、いくつかの要因に左右されます。

また、国によっては、ワーキングホリデーには特別なビザが必要であることも覚えておくとよいでしょう。これらのビザには、追加料金が発生したり、追加のペーパーワークが必要な場合があります。

ワーキングホリデーに出発する前に、渡航先の生活費を調べておくことも大切です。そうすることで、旅行期間中に必要な予算の見積もりができ、余裕のない支出を避けることができます。

7.ワーキングホリデーを成功するために考えるべきこと

ワーキングホリデーを成功させるためには、綿密な計画とリサーチが必要です。ここでは、ワーキングホリデーを無駄にしないために考慮すべき2つの主要な要素について説明します。

1.目的や目標を決める

ワーキングホリデーの前に、自分の目標や目的を明確にすることが大切です。この経験で何を得たいのか、どのような仕事に携わりたいのかを考えておくとよいでしょう。

また、大きな決断をする前に、さまざまな仕事の機会を調べておくとよいでしょう。そうすることで、自分の希望するキャリアに最も適した機会を利用することができます。

2.可能な限り渡航前に英語力を伸ばしておく

ワーキングホリデーでは、日常的に英語を使っている人たちと接することが多いため、渡航前にできるだけ英語力を高めておくことが必要です。

語学教室に通う、ポッドキャストを聴く、本を読むなど、さまざまな方法があります。どのような方法であれ、最も重要なことは、定期的に練習し、日常会話でよく使われるフレーズや用語に慣れることです。

3.資金を貯めておく

ワーキングホリデー中に働いてお金を稼ごうと思っている人は、事前に十分な貯蓄をしておくことが大切です。

宿泊費や食費などの費用を賄う必要があるので、不測の事態に備えたセーフティーネットとして、最低限の貯金は必須です。

4.履歴書を準備しておく

ワーキングホリデーでは、強力でプロフェッショナルな履歴書を作成することが重要です。旅行前や旅行中に仕事を確保したい場合は必須ですので、雇用主が何を求めているのか、目立つ履歴書を作るにはどうしたらいいのか、しっかりリサーチしておきましょう。

5.なるべく早くワーキングホリデーに行く

ワーキングホリデーに行こうと思っているなら、できるだけ早く行くのがベストです。時間が経てば経つほど、旅行の企画・立案が難しくなります。また、国によっては就労可能な日数に制限があったり、入国回数に制限がある場合もありますので、注意が必要です。

8.ワーキングホリデーに行くのがおすすめな大学生の特徴

ワーキングホリデーを考えている大学生は、自分に向いていることなのか振り返ってみることが大切です。

一般的に、ワーキングホリデーで最も成功するのは、自立していて、新しい経験に前向きで、仕事熱心な人たちです。

また、文化の異なる国で生活することに抵抗がないことも必要です。さらに、大学生は、よく整理され、学ぶことに熱心で、一生懸命働くことを望んでいるはずです。

9.まとめ

ワーキングホリデーは、どの大学生にとっても素晴らしい選択です。従来のキャンパスでは得られなかった貴重なスキルや知識を得ることができ、実りある体験となるでしょう。

ただし、踏み切る前によく調べ、リスクを理解することが大切です。全体として、もしあなたが努力を惜しまず、慣れない経験をすることに前向きであれば、ワーキングホリデーの成功は人生を変えるような経験になるでしょう。

潜在的なリスクもあるので、ワーキングホリデーに出発する前にそれらを考慮することが重要です。必要な調査を行い、適切な準備をすることで、ワーキングホリデーを成功させ、楽しい経験にすることができます。

全体として、ワーキングホリデーにはメリットとデメリットの両方があり、すべての大学生が考慮する必要があります。学業から離れることは素晴らしい学習経験となり得ますが、最初に考慮しなければならない要素も多くあります。

適切な調査と計画を立てれば、ワーキングホリデーはとてもやりがいのある充実した体験になる可能性を秘めています。

ここまで見てきたように、ワーキングホリデーは、大学生にとって実りある経験となり、キャリアや将来の成功に役立つスキルや経験を得ることができます。

しかし、リスクも伴いますので、十分な情報収集と準備をした上で、思い切って挑戦することが大切です。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. 【徹底解説】オーストラリアの都市別交通費ランキング、節約法、交通機関について

  2. カナダの大学留学を徹底解説!魅力・費用・人気の大学・選び方について

  3. オーストラリア英語の訛りってどう?その特徴を解説します

  4. TOEFL対策はどうやってすれば良い?高得点を狙う対策方法をご紹介

  5. 世界一美しい街・サンフランシスコってどんな街?都市情報と観光スポット一挙公開!

  6. ワーホリと留学は全然違う!ワーホリと留学の違い、メリット、デメリットを徹底解説