閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

【保存版】オーストラリア語学学校の選び方!費用を安くするコツも伝授します!

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

オーストラリアで英語を学びたい!という日本人留学生は大変多く、日本人が選ぶ留学先としても、常にトップクラスの人気を誇ります。

語学学校もオーストラリア中にかなりの数があり、とても選びきれないというのが現状です。数ある語学学校の中から自分に合う語学学校を選ぶにはどの様な部分がポイントになってくるのか?本記事はオーストラリア語学学校の選び方についてお伝えします。

オーストラリア語学留学の魅力、語学学校で学ぶための3つの留学タイプ、そして、やっぱり気になる費用を安くする方法についても触れていきます。オーストラリア語学学校選びの完全保存版としてぜひご活用ください!

オーストラリア語学留学の魅力

オーストラリア語学学校の選び方を知る前に、まずはオーストラリア語学留学の魅力を知っておきましょう。

オーストラリア語学留学には多くの魅力がありますが、いくつか挙げるとすれば以下の通りです。

<オーストラリア語学留学の魅力>

  • 都会と自然を楽しめる
  • アットホームで明るいオーストラリア人と交流できる
  • 多国籍な環境で留学できる
  • 多種多様なアクティビティ、観光名所を満喫できる
  • 時差が少なく、日本とも連絡がとりやすい
  • 航空券が安い
  • 数多くの語学学校から自分に合う学校を選ぶことができる
  • 気候が温暖で四季があり、過ごしやすい環境で勉強できる

また、オーストラリアには3つの留学タイプがあり、自分の予算や留学可能な期間に合わせて留学することができます。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

オーストラリアで語学学校へ通う3つの留学タイプ

オーストラリアで語学学校に通う場合、以下3つの留学タイプから自分の状況に合うものを選んで留学しましょう。

短期留学

主に3ヶ月以内の留学のことを指します。1週間〜留学することができますので、社会人であっても有給休暇や長期休暇を使って留学することが可能です。大学生が夏休みや春休みを利用して留学する場合もこのタイプになります。

また、ビザに関しても取得は不要で、ETA(イータス)という電子渡航認証を登録、取得するだけです。時間もほとんどかからず、費用も少なく済みます。

申請費用は20豪ドル。クレジットカード支払いのみ。申請から取得までの期間は約90パーセントが24時間以内でとれますが、時間がかかる可能性もありますので、申請は余裕を持って行いましょう。

中・長期留学

3ヶ月を超える留学に関しては学生ビザの申請が必要になります。学生ビザに関しては申請費用も高くなり、申請期間も長くなるため、余裕を持って申請する様にしましょう。

学生ビザは長期の語学留学に限らず、3ヶ月を超える就学全般に必要になりますので、各種専門学校、TAFE(職業訓練専門学校)、大学進学の場合も取得が必要です。

学生ビザの申請費用は650豪ドル。ほかにもOSHCというオーストラリアの海外留学生保険の加入が義務付けられています。加入する保険会社により金額は異なり、目安としては半年で約300豪ドル(約3万円)、1年で約600豪ドル(約6万円)です。

申請から発給までの期間は約1週間〜3ヶ月と申請タイミングや申請内容により異なってきます。いずれにしてもビザ申請は余裕を持って行うことをおすすめします。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ワーキングホリデー

先ほど3ヶ月を超える就学であれば学生ビザが必要というお話をしましたが、例外がワーキングホリデーです。ワーキングホリデーであれば、1年間現地滞在でき、その滞在期間中に4ヶ月まで語学学校に通うことができます。(4ヶ月以内であれば専門コースも就学可能)

また、ワーキングホリデーは語学学校には通わなくても大丈夫なため、0週でも1週でも17週でも、1週単位で自分の通いたい期間を選ぶことができます。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

オーストラリア語学学校の選び方

オーストラリアはオーストラリア国内に多くの語学学校があり、学校選びに苦労します。すべての学校から選ぶのは現実的ではないため、ここではオーストラリアの語学学校の選び方を3つのポイントにまとめました。

選び方①:都市

まずは学校の特徴より先に都市選びからするのが基本の選び方です。オーストラリアは国土が広く、主要都市もたくさんあるため、語学学校から選んでしまうと、都市の特徴や気候が自分に合わなくて、選び直しをしなければいけない、ということにもなりかねません。

まずはオーストラリア各都市の特徴をつかみ、自分に合う都市を探してみましょう。

特に行きたい都市が決まっていない場合は、語学学校が多いゴールドコースト、シドニーの2都市がおすすめです。また、都心部よりも自然が多い田舎の方が落ち着くという人はケアンズ。日本人が少ない都市が良いという人はメルボルン、パースがおすすめです。

選び方②:規模

オーストラリアには生徒数が50名以下の小規模校から500名を超える大規模校まで様々な規模の学校があります。

どちらかと言えばシャイなほうで、クラスが少人数で質問がしやすい環境が良いということであれば小規模校。積極的にたくさんの友達を作りたい!というアクティブな人は大規模校のほうが相性が良いでしょう。

学校の数として一番多いのは200〜300名程度の中規模校。どちらとも言えないかな、という人は、そこまで規模にこだわり過ぎる必要はありませんが、中規模校あたりは無難と言えるかもしれません。

選び方③:特徴

オーストラリアの語学学校は基本的にアットホームで自由な校風が多く、厳しい学校というのはあまり多くありません。そのため、伸び伸び学ぶことができますが、その中でも特徴が分かれています。

アクティビティに力を入れている学校、とにかく費用重視の学校、施設の豪華さや勉強のしやすさが売りの学校、日本人比率、教師の質、ケンブリッジ英検などの国際英語資格の合格率、など。

自分が語学学校に求めたい条件を箇条書きし、優先順位をつけることで学校を選びやすくなりますので、ぜひ試してみてください。

オーストラリア語学学校費用を抑えるコツ

せっかくオーストラリアへ語学留学に行くのであれば、費用は安いに越したことはありません。次に、オーストラリアの語学学校の費用を抑えるコツについてお伝えします。

キャンペーンを利用する

各語学学校は定期的にキャンペーンを開催します。学校によっては数十万円も安くなるキャンペーンを行う場合もあり、このキャンペーンを活用することで、普段は高めの学校が、他の学校より安くなるケースも多くあります。

学校のキャンペーンについては毎月の様に継続、延長して行う学校と期日が切られていて、その期日内で終了してしまう学校があります。

いずれにしても留学に行くこと自体を決めているのであれば、高いより安い方が良いに決まっていますので、理由のない先延ばしはしない方がお得に留学できることが多いです。

また、学校は翌年になって授業料や滞在費が上がることはあっても、下がることはまずありません。早めに申し込んでおくと、来年渡航でも今年の料金で手続きできることが多いです。焦る必要はありませんが、タイミングが遅れることで金額が上がってしまうことは避けましょう。

留学エージェントに聞く

キャンペーンの情報に一番詳しいのは留学エージェントです。自分でネット検索をしても限界がありますので、素直に留学エージェントに聞くのが一番早いです。

聞く際には、ストレートに「今安く行ける学校はありますか?」と聞いてみてください。費用重視の学校を数校紹介してくれるはずです。

また、エージェントによっては、個人ではもらえないエージェント用のキャンペーンがあり、自己手配するよりも安くなるケースがありますので、利用しない手はありません。

まとめ

オーストラリアの語学学校の選び方についてオーストラリア留学の魅力も含めお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

オーストラリア語学留学には多くの魅力があり、短期留学、中・長期留学、ワーキングホリデーと自分の状況に合わせた留学ができることも分かりました。

オーストラリアの語学学校の選び方は「都市・規模・特徴」の3つを軸にして選ぶと良いでしょう。基本の順番としては都市から選んだ方が、学校を絞りやすいので、まずは都市の特徴をつかみ、自分に合う都市を見つけましょう。

そして気になる費用面については、ずばり留学エージェントに相談するのが一番です。インターネット検索でもキャンペーン情報がでている場合もありますが、留学エージェントを通すことで適用されるキャンペーンもあります。

また、留学エージェントは費用が抑えられる語学学校について詳しいので、自分で探すよりも、聞いてしまった方が効率が良いです。

あなたが最高の語学学校に出会い、最高のオーストラリア留学になることを心から願っています!

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. オーストラリア留学に必要な費用は?気になる生活費や授業料を徹底解説!

  2. 【アメリカ留学】カリフォルニアの人気大学を解説!入学条件や申請方法は?

  3. 短期留学って履歴書に書いてもいい?履歴書の書き方、就職活動でのアピールを徹底解説!

  4. 社会人でも遅くない!?社会人の語学習得には語学留学がおすすめ!

  5. 英語の発音記号一覧で克服!日本人が苦手な英語の発音徹底解説

  6. 留学で身に付くのは、「生き抜く力」。自分のファッションブランドを作るために、現地でファッションショーを。|留学生オンラインインタビュー