閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

オーストラリア英語の訛りってどう?その特徴を解説します

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

留学やワーキングホリデーの渡航先として人気の高いオーストラリア。留学・ワーホリを考えている人は、オーストラリアを行き先候補にしている人も多いでしょう。
しかし、そんな人の中には、オーストラリアの英語の訛りが気になっている人もいるかもしれませんね。ちゃんと理解できるかどうかはもちろん、その訛りが自分に移ってしまわないかと不安に思う人もいるでしょう。

そこでこの記事では、オーストラリア英語がどんなものなのかをご紹介します。こちらを参考にすれば、オーストラリア英語に関する不安を払拭できるはずですよ。

オーストラリア英語はイギリス英語に近い!

まずオーストラリア英語の基礎知識としてお伝えしたいのが、オーストラリア英語はイギリス英語に近いということです。もちろん、完全に同じわけではありませんが、アメリカ英語と比べると異なる点が多く、イギリス英語と比べると共通する点が多いのです。

これは1700年代に、多くのイギリス人がオーストラリアに植民地化をも目的に渡ったため。その後オーストラリアに入植したイギリス人たちの言語、つまりイギリス英語が、オーストラリア英語のベースとなっています。

とは言え、オーストラリアには先住民のアボリジニもいて、アボリジニ独自の言語もあり、オーストラリア英語はそちらの言語の影響も多少なりとも受けています。
そのためか、オーストラリア英語は文法や単語のスペル、基本的な発音などはイギリス英語と共通していますが、独特の響きのある英語となっています。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

オーストラリア英語は訛ってる?その特徴をご紹介

では、オーストラリア英語は訛っているのでしょうか。
アメリカ英語をベースとして考えるなら、オーストラリア英語は訛っていると思う人も多いでしょう。しかし、アメリカ英語だけがスタンダードな英語ではありません。
ではイギリス英語と比較するとどうかと言うと、上記で少し触れているとおり、似ている部分も多いのですがオーストラリア英語には独特の響きがあります。
ですから、イギリス英語をベースとして考えた場合も、オーストラリア英語は訛っていると言えるでしょう。
では、具体的にどんな風に訛っているのか、その特徴をご紹介します。

母音の発音が違う

オーストラリア英語の母音は、ところどころイギリス英語ともアメリカ英語とも違います。
代表的なのは、「day」「mate」などの、”ei” の発音が入る単語です。これらをカタカナで表すと、「デイ」「メイト」となりますが、オーストラリア発音だと「ダイ」「マイト」に近い発音です。

can’tの発音はイギリス英語と一緒

オーストラリア英語では「can’t」の発音が「カーント」となり、イギリス英語と同じ発音をします。アメリカ英語に慣れている人は、この発音が訛っているように聞こえるでしょう。
オーストラリア英語では、アメリカ英語でよくある「キャン」という感じの音があまり使われず、全て「カ」に近くなります。

日本語のカタカナの音で覚えてしまうと、正確な発音にはならないので、カタカナの発音は目安にしてください。

短縮系が多い

オーストラリア英語はとにかくなんでも短縮したがる傾向があり、ネイティブ同士の会話では短縮系が多く使われています。

下記にいくつか例を挙げてみましたので、ご覧ください。

  • Australian(オーストラリア人)→Aussie
  • Breakfast(朝食)→Brekkie
  • Foot ball(サッカー)→Footy
  • Chocolate(チョコレート)→Chocky
  • Laptop(ノートパソコン)→Lappy
  • Definitely(間違いなく)→Defo

どうでしょうか。全ての短縮系がそうというわけではありませんが、語尾が「イー」の音で終わるものが多いです。

物にニックネームをつけているようで可愛いですが、慣れていなければ戸惑ってしまう単語もあるでしょう。

オーストラリアならではの言い回しがある

短縮系以外にも、オーストラリア英語ならではの言い回しもたくさんあります。
その代表格が「G’day!」です。これは、「Hi!」のようなもので、オーストラリアでは本当によく使われている挨拶の言葉です。
「G’day!」だけでも成立しますが、友人に対しては「G’day mate!」と親しみをこめて挨拶することも多いです。ちなみに発音は「グッダイ、マイト!」に近い感じです。

全体的な響きはイギリス英語とも違う

オーストラリア英語はイギリス英語がベースとなっていて、アメリカ英語よりはイギリス英語によく似ています。
しかし、全体的な響きはイギリス英語とも違います。アメリカ英語とイギリス英語のどちらも知っている人は、オーストラリア英語を聞いて、どこの国の英語か悩んでしまうかもしれません。
オーストラリア英語の響きがどんなものかは、YouTubeの動画でもたくさんアップされていますし、Netflixなどのサービスではオーストラリアのドラマもあったりするので、そちらで確認してみましょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

留学でオーストラリア英語の訛りを気にしなくても良い5つの理由

オーストラリア英語の特徴を知って、オーストラリア英語の訛りにますます不安を抱いてしまった人もいるかもしれませんね。
確かにオーストラリア英語には特有の発音方法や言い回し、響きがありますが、それを理由にオーストラリア留学・滞在を諦めてしまうのはもったいないですよ。

留学などの行き先としてオーストラリアを考えるなら、その訛りはほとんどデメリットにはなりません。ここからは、オーストラリア英語の訛りを気にしなくても良い理由を5つに絞ってご紹介します。

学校の先生は訛りの少ない英語を話す

オーストラリア留学では、語学学校や大学など、なんらかの学校に行くことになるでしょう。そうした学校の先生は比較的訛りの少ない綺麗な英語を話します。
特に語学学校や外国人留学生の多い大学では、その傾向は顕著です。地方の大学となると、少し訛りが気になることもあるかもしれませんが、都市部の大学には留学生がたくさん集まるので、訛りの影響で英語がわからないなんてこともほとんどないでしょう。

つまり、学校に通っていれば、綺麗な英語を耳にすることになりますから、オーストラリア英語の強い訛りが移ることはないのです。

都市部では比較的訛りが少ない

オーストラリアの中でも田舎の方に行くと、本当にびっくりするほど英語の訛りがキツいです。しかし、都市部では誰もが比較的訛りが少ない英語を話しています。
これは日本に照らし合わせてもそうですね。日本でも地方の日本語は理解できないほど訛っていることもありますが、都市部の日本語は方言はあっても理解できないほどではありません。

また、日本でも田舎のお年寄りの日本語は理解するのが難しかったりしますが、田舎でも若い世代の話す日本語は理解できますよね。若干の方言の影響があっても、誰もが標準語に近い日本語を話すことができます。
それはオーストラリアでも同じで、比較的若い世代の人は訛りの少ない英語を話せる人が多いです。外国人である私たちに対して訛りがキツかったり、特有の言い回しを多用したりする人は少ないですから、安心してくださいね。

テレビなどで聞く英語は訛りが少なめ

オーストラリア国内であっても、テレビやラジオなどから流れてくる英語は訛りが少なめで、聞き取りやすいです。実際に聞いてみれば、「この英語が移ったらやだな……」と思うことはないでしょう。

ただし、地方の人へのインタビューや、地方を題材にしたドラマなどだとやはり訛りがキツいこともあるので、番組選びには気をつけましょう。

オーストラリアは人種のるつぼ!

オーストラリアは移民が多く、世界各国の人が住んでいる人種のるつぼな国です。
つまり街で耳にする英語は、そもそもオーストラリア訛りの英語だけではなく、さまざまな国の訛りのある英語なんですね。
この傾向は都市部であればあるほど強くなり、さまざまな国の英語の発音が聞けるでしょう。

そういう環境だと、オーストラリア英語というより、さまざまな英語から影響を受ける可能性もあります。ただし、これはオーストラリアだけではなく、英語圏の都市部は大体どこも同じような環境です。
オーストラリアだけがそうというわけではないので、これを理由にオーストラリア行きを断念する必要はありません。

日本人は日本語訛りが強い

「オーストラリア英語の訛りが移ってしまうのでは?」と不安を抱いている人にお伝えしたいのは、日本人は日本語の訛りの方がずっと強いということです。
スタンダードなオーストラリア英語が流暢に話せるようになれば、世界中のどこに行っても、その英語は通じるでしょう。しかし、日本語訛りが強いと、なかなか言っていることが伝わらない場合も多いです。それほど、日本語と英語の発音やイントネーションは違うのですね。

なので、英語が流暢に話せるようになりたいなら、ニュースやテレビ番組で流れているものや、学校の先生が話すオーストラリア英語はむしろ真似をした方が良いです。
もし、オーストラリア英語の訛りが移っても、「オーストラリアで英語を習ったんだね」と思われるくらいです。つまり、オーストラリア英語の訛りが移っても、特にデメリットはないのですね。

訛りを気にせずオーストラリアに飛び込もう!

オーストラリア英語には、確かに他の英語圏にはないような特徴がたくさんあります。
しかし文中でも触れているとおり、学校の先生などは綺麗な英語を話しますし、テレビを見ていてもひどく訛っている英語はあまり聞こえてこないでしょう。
むしろスタンダードなオーストラリア英語をマスターできるのなら、それは日本語訛りが強いよりも理解してもらいやすい英語となります。

オーストラリアに行きたい!と思うなら、どうぞ英語の訛りは気にせずに、飛び込んで行ってくださいね。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. カナダ英語は学びやすい!発音・スペルの特徴やアメリカ英語との違いを解説

  2. オーストラリアの大学を一挙にご紹介!大学の選び方や進学について知っておきたいこと

  3. 夢カナ留学にしたきっかけは社長の人間性!?

  4. 留学中でもビザ更新は自分でできる!学生ビザ更新方法と注意点

  5. 社会人でも遅くない!?社会人の語学習得には語学留学がおすすめ!

  6. 事前に知っておこう!オーストラリアのホームステイで注意すること