閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

TOEIC800点は就職・転職に有利?TOEIC800点を達成するための勉強法!

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

TOEIC800点と聞くとあなたはどのような印象を持つでしょうか?一般的には「かなり英語ができそう。」「すごい。」と思われるスコアです。

TOEICは満点が990点なので、正答率が8割以上となり簡単にはとれそうもないですが、実際はどうなのでしょうか?また、就職や転職で役に立つのでしょうか?

本記事ではTOEIC800点があれば就職・転職に有利なのか、TOEIC800点の難易度や達成を目指すためのポイントをおさえた勉強法などについて徹底的に解説します。

TOEIC800点は就職・転職に有利?

TOEIC800点は就職・転職に有利か?

答えはYES。就職・転職が大変有利になり、選択肢が大きく広がります。

一般的に履歴書に書いてもOKと言われるTOEICスコアは600点以上といわれていますが、TOEIC800点以上になると、企業側からは英語力で一歩抜きんでていて、英語を使う業務もある程度任せられる人材と判断されるスコアになります。

TOEICスコアを重視している企業として有名なのは楽天やソフトバンクですが、現在は日本の大企業の多くがTOEICスコアを重視しており、基準を設けている企業も数多くあります。

TOEIC800点以上のスコアがあれば、国内の大企業だけにとどまらず、外資系企業や国外の大手企業など就職・転職の選択肢は一気に広がります。

就職・転職で有利に働くTOEIC800点はぜひともほしいところですが、難易度はどれくらいなのでしょうか?

TOEIC800点のレベルはどれくらいすごい?難易度は?

TOEICは月に1回程度開催されており、TOEICの運営をおこなっているIIBC(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)は実施回ごとの平均スコアやスコア分布を公表しています。

参照:IIBC-TOEIC公開テスト 平均スコア・スコア分布一覧

その表によると最近のTOEIC平均スコアは600点くらい。つまり、単純に考えても平均プラス200点をとらないとTOEIC800点は達成できないということになります。

スコア分布を見てもTOEIC795点以上は15パーセント程度。

※スコア分布は800点〜ではなく、795点〜の表記になっています。

スコア分布からTOEIC800点をとれるのは、ざっくりですが受験者全体の6〜7人に1人くらいということになります。

TOEICを受験する人はほとんどがTOEIC学習をしている人たちなので、そのなかの6〜7人に1人というのは難易度が高いことを示しており、TOEIC800点はそう簡単にとれるものではないということがわかります。

TOEIC800点を目指すために知っておくべき必要な英語スキル

TOEIC800点を達成するためには、知っておくべき英語スキルの基準があります。それは、「単語数」「リスニング」「リーディング」スキルの基準です。

それぞれのスキルの基準についてお伝えします。

単語数

TOEIC800点に必要な単語の目安は8,500語ほどといわれています。

ネイティブの6歳児が覚えている英単語は8,500語くらい。

TOEIC600点で英単語5,000語くらいといわれています。

海外で生まれた赤ちゃんが、6年間の日常生活で覚えるくらいの単語数、そして平均的なTOEICスコアの人が覚えている単語プラス3,000語以上の単語を覚える必要があるということになります。

リスニングスキル

TOEIC800点保持者は、相手の話を理解し、スムーズに会話を成り立たせるくらいのリスニングスキルとボキャブラリーを持ち合わせています。

TOEIC800点台のスコアを達成させるためには、日常会話レベルの聞き取りはほぼ完璧にできるくらいでないといけません。

イメージとしては、英語のラジオ・洋画・洋楽が専門的な内容でなければ問題なく聞き取れるくらいのスキルになります。

リーディングスキル

TOEIC800点保持者は、長文の読解力があり、ぱっと見で英文をある程度読み取る力があります。

イメージとしては、洋書・英字新聞・英語の雑誌などは抵抗なく読めるレベルです。

TOEIC800点を達成するためには、リーディングスキルとして英語の文字に苦手意識が全くないくらいにならないといけません。

TOEIC800点の勉強をはじめる前に知っておくべき4つのポイント

TOEIC800点に必要な英語スキルを知り、今すぐ勉強しよう!と張り切って始めてしまう前に、TOEICの勉強には知っておくべき4つのポイントがあります。

ポイント①勉強は楽しく!修行のような辛いイメージは持たない

TOEIC800点達成というのはけして簡単ではない、というのはこれまでの内容でご理解いただけたと思いますが、だからといって辛い修行を乗り越えるイメージで勉強していては勉強を継続することが難しくなります。

勉強=辛いことを乗り越える

日本人はこのイメージで勉強してしまう人が多く、このイメージが挫折の原因になることが多いです。

英語を学ぶというのは、根本は好奇心や知の探求です。

・知ってる単語がどんどん増えてる!すごい!

・今まで聞こえなかった洋楽が聞こえ始めてる!

・英字新聞が読めるようになったぞ!

・道に迷ってる外国人に躊躇なく話しかけて、余裕で道案内できた!

こういった達成感や小さな成功体験を積み重ねること、そして思い込みでもよいので、英語は楽しい!と思うことが挫折を防ぐ何よりの方法です。

ポイント②目標はTOEIC800点にしない

TOEIC800点を達成するために、TOEIC800点を目指していては、おそらくクリアすることはできないでしょう。

最低でも850点を目標にし、思ったよりもできない箇所がでてきても800点はクリアできているという状態を目指しましょう。

ポイント③勉強時間を決める

オックスフォード大学出版局は現在のTOEICスコアから目標スコアを達成するための勉強時間の目安を以下の表で表しています。

参照:OXFORD UNIVERSITY PRESS-A Teacher’s Guide to TOEIC

自分が学生なのか、社会人なのか。平日は何時間とれるのか、週末は何時間とれるのか。人それぞれ違うと思いますが、この基準を参考に勉強時間を設定するとよいでしょう。

先ほどポイント②でもお伝えしたとおり、TOEIC800点を達成するためには、最低850点以上を目標にしたほうがよいので、この表でちょうどよい設定ができます。

たとえば自分のスコアが650点であれば850点をとるには500時間の勉強時間が必要ということになります。

社会人の人で、平日2時間・週末5時間の週20時間勉強した場合は、500時間を達成するための週数は25週。約半年間。

平日は仕事で忙しいという人で平日1時間・週末4時間の週13時間勉強した場合は、約38週=約9ヶ月で達成できる計算になります。

自分が無理なく継続できる勉強時間と達成時期を計算し、一日の勉強時間を設定しましょう。

ポイント④苦手な部分を減らす

TOEIC600点くらいまでであれば得意分野さえあればそこでカバーできるのですが、TOEIC800点を目指すのであれば苦手な部分を減らす必要があります。

といいますのも、TOEIC800点というのは正答率8割以上ですので、苦手な部分が足を引っ張っていては、とてもじゃありませんがクリアできるスコアではないからです。

精神的な部分でも、この部分が苦手、と思っていると、本当に解けなくなりますので、自分の苦手分野があるのであれば、そこからは逃げず、苦手をなくすように勉強しましょう。

TOEIC800点を達成するための勉強法

TOEIC800点を達成するためには、「単語」「リスニング」「リーディング」を徹底的に鍛える勉強法で勉強する必要があります。

単語

TOEIC800点を達成するためには、前述したように8,500語の単語を覚える必要があり、徹底的に語彙力を鍛える必要があります。

語彙力を鍛えるのに有効なのは以下の方法です。

  • 英英辞書の使用

わからない単語に出会うと、つい英和辞書を使ってしまいがちですが、英英辞書を使う習慣をつけましょう。

ひとつの単語に対し、さまざまな英単語や英文で代替して用例が何通りも用意されていますので、そこから英単語を目にする機会を自然に増やすことができます。

  • 多読

何か読みたいな、と思ったらとりあえず英語で書かれてあるものを読むのが多読です。自然と単語力を身につけることができます。

英語で書かれた雑誌や新聞、洋書などを普段から読む癖をつけましょう。ポイントとしては自分の興味のあるものを関心をもって読むことです。

リスニング

リスニングの鉄板的な勉強方法はとにかく繰り返すということです。

おすすめは洋画や洋楽を利用すること。

洋画であれば、日本語字幕あり→英語字幕あり→字幕なしを繰り返すだけで、字幕なしで大体聞き取れるようになります。ただの暗記のように感じるかもしれませんが、脳に音が記憶されますので、それで十分です。

好きこそものの上手なれ、ですので自分の好きな洋画や洋楽を選ぶことをおすすめします。

リーディング

リーディングを鍛えるポイントは読解力とスピードです。先ほどの多読であれば、しっかり単語や文脈を意識しているかというのが大事になりますが、実際のTOEIC試験ではこれに加えスピードも大事になってきます。

これを鍛えるには実際の試験問題を試験と同じ状況で何度も受け、数をこなすしかありません。TOEICの過去問は本屋さんにいけば山ほど売られていますので、購入しておきましょう。

まとめ

TOEIC800点について詳しくお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

TOEIC800点は難易度も高く、簡単には達成できないことがわかりました。しかし、達成することで就職や転職の選択肢が広がり、国内のみにとどまらず海外にもチャンスが広がります。

本記事にてお伝えしたTOEIC800点達成に必要なスキル、勉強前のポイント、そして勉強法を駆使し、TOEIC800点達成に向けてぜひ動いてみてください!

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. 留学に必要な英語力を徹底解説!英語力0でも留学できるのは本当?

  2. こんなにあるの?就職、英語、費用など留学6つのデメリットを徹底的に挙げてみた!

  3. 初めての留学はホームステイで決まり!後悔しない留学にするために

  4. 【2022年最新版】短期留学にかかる費用と失敗しない為のポイント

  5. 留学に興味がある人が知っておくべきことと、知っておくと便利なこと8選

  6. LGBTとは?