閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

SIMフリー携帯の準備


留学先で携帯ってどうすればいいの?そんな不安を持っている人も多いでしょう。留学先で携帯を使うためにおすすめなのがSIMフリー端末を持っていき、現地のSIMを使うという方法。この方法であれば、費用も抑えながら快適に使うことができます。この記事では、SIMについて、渡航前に何をすべきかを分かりやすく紹介します。

目次

留学先でも携帯・スマホを使う方法は?

留学先でも携帯電話やスマートフォンを使う方法はいくつかあります。
よく使われる方法は次の4つ。

  1. 日本での契約をそのままに、国際ローミングで使う
  2. 今持っている日本のスマートフォンをWi-fi環境だけで使う
  3. 日本のSIMフリーのスマートフォンを使い、現地のSIMカードをいれて使う
  4. 現地で格安スマートフォンまたは携帯電話を購入して使う

今回はこの中でも3つ目の「SIMフリーのスマートフォンを使い、現地のSIMカードを入れて使う」方法を詳しく説明します。
現地のSIMを使う方法は、いくつか確認や手続きが必要ですが、高額になる心配もなければ、使いたいときに使えないという不便さもないため、とてもおすすめの方法です。
留学先で困ることのないよう、事前に確認や準備をしっかりと行うようにしましょう。

SIMとは?

そもそもSIMとは何でしょうか。
SIMとは、固有のID番号が記録されているカードのことで、SIMによってどこの誰かが分かって、電話やインターネットが使うことができるようになります。
SIMがなくても、Wi-fiをつなげばインターネットを使うことはできますし、LINE電話のようなIP電話は可能です。
「インターネットだけできれば良い」という人は端末とWi-fi環境さえあれば問題ありませんが、
「電話番号がいる」「Wi-fi環境でなくてもインターネットに接続したい」という人はSIMが必要となるのです。

SIMにも標準SIM、microSIM、nanoSIMと3つのサイズがあります。最新の端末であればnanoSIMを使っていることが多いですが、新たなSIMの購入を考えているときには、持っている端末のサイズがきちんと合っているか確認するようにしましょう。

SIMはdocomo、au、Softbankなど通信サービスを提供する会社が提供しています。
最近ではMVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する格安SIMを使用する人も増えてきました。
「SIMが入っているから海外でそのまま使えるでしょ!」というのは大間違い。
確かに使えることは使えるのですが、海外ローミングという国際通信用のサーバーを利用して通信をすることになり、とても高額になります。
そのため、海外に行くのであれば、SIMも行先の国のものを使うのがおすすめなのです。

もともと日本では、docomoの端末はdocomoのSIM、auにはau、SoftBankにはSoftBankと、他のキャリアのSIMが使えないように端末自体に制限をかけていました。この制限が「SIMロック」と呼ばれるもの。
この利用制限を解除することを「SIMロック解除」と呼び、2015年から各キャリアでのスマホや携帯電話のSIMロック解除が義務化されました。
SIMロック解除をすれば、端末はそのままで他のキャリア(日本国内のものでも、海外のものでも)のSIMを差し込んで利用することができるのです。

SIMフリー端末の準備

では「SIMフリー端末」はどのように用意すれば良いのでしょうか。
SIMフリーの端末を準備するためには、持っている携帯・スマホのSIMロックを解除する方法とSIMフリー端末を購入する2つの方法があります。

1. 今持っている携帯・スマホのSIMロックを解除する

一つ目の方法は今持っている携帯・スマホのSIMロックを解除する方法です。
使い慣れている端末なので、留学先でもストレスなく快適に使えることができます。
しかし、SIMロックを解除するためには各キャリアで条件があります。
SIMロック解除義務化がされたとはいえ、全ての端末でいつでもだれでも解除できるわけではないので、今持っている端末がSIMロック解除の条件を満たしているかを確認しましょう。
※SIMロック解除方法は次の章で詳しく説明します。

2. SIMフリー端末を購入する

2つ目の方法は、SIMフリー端末を購入する方法です。
SIMフリー端末は、ネットショップや家電量販店、中古販売店などで購入することができます。
価格は端末により様々ですが、中には1万円以下で購入できるものもあります。
今持っている携帯やスマホのSIMロックが解除できない場合や、留学先に今持っている携帯やスマホを持っていくことが不安な方は留学用にSIMフリー端末を購入するのも一つの方法です。

最近は日本でも格安スマホを使っている人が増えてきました。
格安SIMとセットで購入した端末や、すでに格安SIMを使用している端末であれば、周波数などがあっていればSIMを入れ替えるだけで使うことができるので、SIMロック解除や新たな端末購入の必要はありませんよ。

SIMロック解除の方法

では、今持っている端末が「SIMフリー端末」」ではない場合の方のために、SIMロック解除の方法をご紹介します。
docomo、au、SoftBank、各キャリアのSIMロック解除は、オンライン(パソコン・スマートフォン)またはショップ、電話(docomoのみ)で申込みができます。
店頭で申込みをすると、待ち時間もあるうえに手数料3,000円がかかりますので、オンラインでの申込みがおすすめです。
各社のSIMロック解除に必要な条件や方法は下記のとおりです。
※より詳細な条件や、対象機種は、各社の公式ホームページをご確認ください。

docomo

条件 解除方法
  • 購入日から100日経過した機種であること
  • ドコモを解約済みの方は、解約日から100日経過していないこと
  • 契約者ご本人の購入履歴がある機種であること
  • 各種ロックがかかっていないこと
  • パソコン(My docomo)から申込み:無料
  • 電話で申込み:手数料3,000円
  • ドコモショップで申込み:手数料3,000円

公式サイト⇒https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/index.html

au

条件 解除方法
  • 2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種であること
  • 契約者ご本人の購入履歴があること
  • ネットワーク利用制限中の携帯電話でないこと
  • 機種購入日から101日目以降であること
  • 解約済みの方は解約日から100日以内であること
  • パソコン、スマートフォン(My au)から申込み:無料
  • auショップで申込み:手数料3,000円

公式サイト⇒https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/

SoftBank

条件 解除方法
  • 2015年5月以降に発売されたSIMロック解除機能搭載の機種で購入日から101日目以降の場合
  • 解約済みの方は解約後90日以内であること
  • ネットワーク利用制限製品でないこと
  • 対象の製品を契約されていたご本人であること
  • オンライン(My SoftBnak)から申込み:無料
  • ソフトバンクショップで申込み:手数料3,000円

公式サイト⇒https://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

なお、SIMロック解除時には次のことを注意しておきましょう。

  • SIMロック解除の際、各種データや設定が変化、消失する恐れがあるので、データは必ずバックアップをすること
  • 解除後、他社のSIMを挿入した場合の動作内容は一切保証されていないため、利用できるサービスや機能、アプリケーション、コンテンツの利用などの制限が出る場合があること。

まとめ

携帯電話やスマートフォンはいまや日常生活で欠かせないものになっています。
留学先でも、連絡やコミュニケーションをとったり、調べものをしたりするのにあるに越したことはありません。留学先でも携帯やスマホを使う方法はいくつかありますが、SIMフリー端末を持って行って、現地のSIMを購入して使うことがおすすめ。
今使っている端末がSIMフリーかどうかによって、今使っている端末を使うのか、SIMロック解除の手続きが必要なのか、新たな端末購入が必要なのかと準備することが変わります。
留学先での携帯やスマホの使い方を考えて、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。