閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

ロサンゼルスの気候は?特徴と服装の準備

年間を通じて雨が少なく、温暖なロサンゼルス。過ごしやすい気候から留学や旅行の目的地としても人気を集めている都市です。ここではロサンゼルスの気候の特徴や、季節ごとに適した服装を紹介します。現地で快適に過ごすためにどんな服装や持ち物を準備すべきか知っておきましょう。

目次

ロサンゼルス(カリフォルニア州)の気候

ロサンゼルスは、東経118度、北緯34度に位置しています。 北緯36度にある東京とほぼ同じ緯度にあります。
カリフォルニア州最大の都市で、カリフォルニア州の南西部に位置しています。 ケッペンの気候区分では、ダウンタウンや沿岸部は地中海性気候(Csa)、内陸部は砂漠気候(BWh)に属します。
地中海性気候は、冬には一定の降水量はありますが、夏は日差しが強くて乾燥するのが特徴です。
砂漠気候は、年間を通じて降水量が少なく、一日の温度差が非常に大きいのが特徴です。

一年間の気温と降水量

ロサンゼルスの年間を通じた温度や降水量は下記のようになっています。


月平均最高気温(℃)

月平均最低気温(℃)

月平均気温平年値(℃)

月平均降水量平年値(mm)
1月19.88.113.988
2月 20.7914.891
3月 20.59.414.976
4月 22.3
10.816.523
5月 23.31318.16
6月 25.915.120.51
7月 2917.1230
8月 29.517.723.64
9月 28.516.822.69
10月 26.314.220.28
11月 22.610.516.537
12月 208.214.153

年間を通じて最高気温は20℃から30℃前後、最低気温は8℃から18℃前後となっています。 11月から雨の日が増え、1~3月が雨のピークです。雨季と呼ばれるのは11月~4月ごろです。
ロサンゼルスの年間降水日は約36日。対して東京の年間降水日は約100日。また、年間降水量は、ロサンゼルスは396mm。対して東京は1430mm。
雨が降るといっても、雨の日数は東京の約三分の一、降水量も1/3~1/4程度ととても少ないのです。

ベストシーズンはいつ?

一年中温暖で穏やかなロサンゼルス。そのため、一年中ベストシーズンではあります。 7月8月であれば、ビーチで夏を思いっきり楽しむことができます。 ロサンゼルスでも有名なマリンスポットがサンタモニカです。
留学中にマリンスポーツや、サーフィンを楽しみたいのであれば、この季節がベストシーズンと言えます。

サンタモニカ周辺では「ベニスビーチ」もおすすめ。心地よい潮風や、波の音、きれいな景色を楽しむことができますよ。
ただし、日差しや乾燥はとても強いので、暑さが苦手という人は避けてもよいかもしれません。
また、サンタモニカでは、もちろん海水も生ぬるいと思いがちですが、それは大間違いです。
実は、アメリカ西海岸は寒流の影響を受けているため、海水は冷たくなっています。ウェットスーツをきたり、バスタオルを多く持参するなど風邪をひかないように気を付けましょう。
11月から3月は、雨や曇りの日が多めです。

しかし、11月終わりのサンクスギビングデー(感謝祭)明けからクリスマスはセールシーズンなので買い物も楽しむことができます。
10月31日のハロウィーンも見ものです。ウェストハリウッドのハロウィーンパレードは、毎年世界中から多くの人が訪れるほど大規模なお祭りです。

服装準備

1~3月の服装と持ち物

ロサンゼルスは一年中雨が少ない街ですが、2~3月は雨季となります。 雨季といっても、日本と比べて降水量も降水日も3分の1程度と少ないです。 この季節に留学に行く場合は、折り畳み傘を忘れないようにしましょう。
2月の平均気温は15℃前後。日中は20℃以上まで気温は上がりますが、朝晩は冷え込みが厳しくなります。
上から羽織れるような軽めのダウンジャケットを持っておくと安心です。

4~6月の服装と持ち物

4~6月は最低気温も10℃以上、平均の最高気温は22~26℃前後です。日本でいう初夏のような温度なので、気温的にはTシャツで過ごすことができますが、朝晩や日によっては温度が低いときもあります。屋内では冷房がきいてるため、薄手のパーカーがあると重宝しますよ。必ず長袖の服も持っていくようにしましょう。

7~9月の服装と持ち物

7~9月は暖かいロサンゼルスの中でも、最も温度が高い季節です。
最高気温は28~29℃前後、最低気温は15~17℃前後です。気温は高くなりますが、雨が降らずに湿気がない分、カラッとした天気です。
この季節は特に紫外線が強いので、屋外にでるときには必ず紫外線対策を行いましょう。

10~12月の服装と持ち物

10月になると少しずつ温度は下がり始めます。
11月になると、さらに温度は下がり、最高気温は20~22℃、最低気温は15℃前後となります。 冬であっても、日本の春と同じくらいの気候です。
日によって気温差が大きく、半袖の日もあれば、コートが必要になる日もあります。また1日の中でも朝晩は冷え込むということも。時間や日によってうまく調節できるように、重ね着などをしたり、上から羽織れるものを用意したりできるようにすると安心です。

まとめ

年間を通じて雨が少なく、温暖なロサンゼルス。 四季があり季節ごとに顔を変える日本の気候とは異なりますが、とても過ごしやすいと言われています。
オンシーズン・オフシーズンはあまりありませんが、1~3月は雨が多め。 せっかくのロサンゼルス。留学中にはアクティビティも楽しみたいので、雨は避けたい!という人は、1~3月以外で行くのがおすすめですよ。ぜひ留学先選びの参考にしてみてくださいね。