閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

語学学校選びの3つのポイント

語学学校を選ぶときのポイントはいくつかあります。授業の内容、学校の規模、クラスの人数、ロケーション、授業料(費用)など、語学学校によって大きく違い、それぞれメリット・デメリットがあります。ここでは、語学学校の違いを紹介します。語学学校選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

1.大規模校?小規模校?

学生数の多い大規模校では、数多くの留学生が集まってきます。たくさんの出会いがあり、にぎやかであることが一番の魅力といえます。留学を通して、たくさんの人と出会いたいという人には大規模校がおすすめです。
 
大規模校は、都市部などに位置している学校も多いため、観光や多彩なアクティビティも楽しめます。学生のための設備が充実しているところも魅力といえるでしょう。
 
そんな大規模校では、「学生数が多ければ、同じ国籍の人も多く、同じ国籍でコミュニティを作ってしまうのではないか?」という心配もあるかもしれません。同じ国籍の留学生は一定の割合以上受け入れないようにするなど、同じ国籍どうしの学生がまとまらないよう配慮されている学校も多くあるので、心配な人は気を付けてみると良いでしょう。
 
対して、学生数が少ない小規模校の魅力は、アットホームさです。小規模校は大規模校と比較すると、落ち着いた雰囲気なので、落ち着いた環境で学びたいという人にはおすすめです。
 
学生数が少ない分、先生と学生がお互いの顔と名前を早く覚えることができるので、よりコミュニケーションを取りやすくなります。
 
しかし、小規模校といっても、時期によって学生数が増える場合もあります。少人数の環境で学びたいという人は留学の時期にも注意すると良いでしょう。

2.ロケーションは都会?地方?

語学学校は様々な場所にあります。
留学中は、学校が終わった後や休暇中など学校以外で過ごす時間も多いため、都会と地方ではかなり生活が変わってきます。それぞれの良さと、注意すべき点を見てみましょう。
 
都会の学校の良さは、なんといっても利便性の高さです。周辺にはショッピング施設やレストランなどの商業施設が充実しています。そのため、学校が終わった後やお休みの日にはショッピングや娯楽なども楽しめます。有名な建物や美術館なども多いので、観光をたくさんしたいという人にはぴったりでしょう。
 
商業施設などでにぎわっていることがメリットと感じる反面、やはり心配なのは治安です。特に夜になると治安が悪くなるエリアもあるので、出かける際には注意が必要です。
 
地方の良さは、自然の多さとゆったりとした雰囲気でしょう。自然に囲まれた、ゆったりとした環境で過ごせるので、勉強の合間にリフレッシュすることもできます。都会と比べると、お店の閉まる時間は早いので慣れるまでの生活は大変かもしれません。自然の多い中で勉強に集中した留学生活を送りたい人は、地方の語学学校がおすすめです。
 
都会・地方で、良さもあれば注意すべき点もあります。留学先でどのような生活を送りたいかによって、合う・合わないがあります。観光も楽しみたいのか、自然が多めな環境の中で勉強に集中したいのか、自分の理想とする生活に合致する場所を選ぶと良いでしょう。

3.授業料は高い?安い?

やはり気になるのは授業料。留学は渡航費・生活費など様々な費用がかかるので、負担は大きいものです。
 
授業料は留学の費用で多くを占めるので、少しでも負担を減らしたいと思う人も多いでしょう。注意すべきことは、“授業料が安いところ”という視点ばかりで選ばないことです。
 
授業料が抑えられている理由はいくつかありますが、ここでは3つを紹介します。

校舎が古い

伝統的な校舎や、清掃の行き届いた校舎など手入れがしっかりしている校舎がある反面、オフィスビルの一角にあったり、家屋を改装したような校舎であったりする場合もあります。一般的に後者のほうが授業料は低い傾向にあります。校舎が古いことに抵抗がある人は、校舎の新しさも見てみることをおススメします。

設備が限られている

PCルームなど、最新鋭の設備がそろえられている学校の授業料はやはり高くなるもの。逆に設備がシンプルであったり、一部壊れていたりするような学校の授業料は低いことが一般的です。中にはWi-fiなどの設備もそろえられていない場合も。最新の設備を使いたい、という人は確認しておくようにしましょう。

アクセスが不便

電車やバスでのアクセスが不便な田舎にある学校はやはり授業料は低くなります。学校の周辺には何もないこともあるので、留学先で語学学校以外でも楽しみたい、という人はアクセスの良さは重視することをおススメします。

留学の目的が語学力向上であれば、語学学校は留学の要となります。費用の安さに重点を置いて、質が伴っていない語学学校に入学してしまうと、思っていたほど語学力の向上が見込めない場合もあるでしょう。
 
有意義な留学にするためには、費用を第一に語学学校を選ぶのではなく、講師や授業内容の質がどのようなものかをきちんと確認し、検討することが大切です。

まとめ

語学学校を選び時に確認すべきポイントはいくつかあります。その中でも、学校の規模・ロケーション・授業料の違いは留学生活を大きく左右することになるでしょう。
 
希望する条件を全て叶える語学学校に出会うことは難しいかもしれないので、それぞれのポイントに優先順位をつけておくと良いでしょう。語学学校選びに迷ったときには、留学のプロである留学エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。