閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

語学学校ではどう過ごす? 気になる語学学校のスケジュール

留学先で大半の時間を占める語学学校での時間。さて、語学学校ではどのような時間を過ごすのでしょうか。一般的な入学から卒業までの流れ、1週間のスケジュール、そして1日のスケジュールを紹介します。語学学校での生活をイメージしてみましょう。

目次

<目次>

    < strong>目次

  • 入学から卒業までの流れ
  • 語学学校の1週間のスケジュール
  • 語学学校での1日のスケジュール
  • まとめ

入学から卒業までの流れ

渡航し、いざ語学学校に通おう!となると、どのような学校生活を送ることになるのでしょうか。
 
一般的な入学してから卒業までは下記のような流れになります。

プレイスメントテスト

入学前に、語学力のレベルを確認するためのテストのことです。プレイスメントテストにより、どのレベルのクラスやプログラムがあっているかを調べます。

オリエンテーション

学校の設備やルールなど、学校生活で必要な情報を教わります。

クラス発表

プレイスメントテストの結果に基づき、クラスが発表されます。

レッスン開始

発表されたクラスでの授業がスタートします。

レベルチェック

定期的に語学力のレベルを確認するためのテストが行われます。結果しだいで上のレベルのクラスに上がることもできます。

コース修了(卒業

コースを修了すると、学校によってはその時点での語学力を証明する修了証を発行するところもあります。ただし、修了証は公式な資格や能力を証明するものとはならないので注意が必要です。

語学学校の1週間のスケジュール

月曜から金曜までが授業、土曜日・日曜日はフリータイムです。土日にアクティビティを設けている学校もあります。授業は週で15~25時間で、学校によって一週間の時間割は大きく異なります。
 
午前・午後問わずに、文法や会話、聞き取りなどの基礎的な内容のパターン、午前中は基礎的な内容で、午後は内容を選択できるパターン、一部の曜日でクラスを選択できるパターン、全てのクラスが選択式のパターンなど学校によって様々です。
 
基礎的な内容は、「読む・書く・聞く・話す」をまんべんなく習得できるように、文法・会話・聞き取り・作文などの内容が多くなっており、プレイスメントテストに基づいて分けられたレベル別のクラスで受講します。クラスのレベルに合わせて、学ぶ内容は少しずつ変わります。
 
選択できるクラスの中には、ビジネス英語や試験対策、文化などがあります。学生一人一人の希望で、より強化したい内容や興味のある内容を学べるような形式になっています。
 
放課後はアクティビティや課外授業などが実施される学校もあります。

 
以下は、1週間の時間割サンプルです。(スマートフォンの方は表組は横にスライドして閲覧できます)

1週間の時間割サンプル(選択式がないパターン)
土日
午前 会話・聞き取り・作文・文法・語彙・プレゼンテーション フリータイム
午後 会話・聞き取り・語彙 フリータイム
1週間の時間割サンプル(選択式がないパターン)
土日
午前 文法構文と用法・会話・聞き取り・発音・語彙 フリータイム
午後 読解・作文 選択科目 読解・作文 選択科目 読解・作文 フリータイム
1週間の時間割サンプル(選択式がないパターン)
土日
午前 会話・聞き取り・読み取り・文法・書き取り フリータイム
午後 選択科目(コミュニケーションスキル・会話・文化・試験対策など) フリータイム

1週間の時間割サンプル(一部の曜日が選択クラスのパターン)

授業は週15~25時間と幅があり、主に3種類に分かれます。

パートタイム

このタイプは週15時間前後です。授業は通常午前中または午後のどちらかで、1日3時間×5日間というスケジュールです。午前または午後のいずれかがフリータイムになるので、観光や語学学習以外の活動を楽しみたい人向けです。

スタンダード

このタイプは週20時間前後です。授業は、午前9時ごろから午後2時ごろまでが多くなっています。フリータイムもある程度あるため、語学も語学以外の活動も両方楽しみたいという人に向いています。

インテンシブ

このタイプは週25時間前後です。朝9時ごろから午後3時ごろまでが多くなっています。語学力の習得を中心としているので、留学中にみっちりと語学学習をして語学力アップを目指している人に向いています。
 
授業は概ね午前9時前後に始まることが多く、インテンシブタイプであっても午後3時には終了します。
 
授業が終わった後は、原則自由時間です。アクティビティに参加する人もいれば、学生同士で交流をする人、予習・復習のための時間に使う人など、時間の使い方は人によって様々です。
 
ただし、勉強する時間は授業だけではありません。授業の中で宿題も出るため、授業の終了後に自習時間も必要となります。語学力があまりない人や、知識がない内容であれば、復習や予習にかかる時間は多めにとる必要があるでしょう。

まとめ

語学学校で実際にどのような生活をするのは気になるものです。語学学習をメインにするのか、語学学習以外の時間もとって他の体験をするのかによって選ぶコースも異なります。
 
語学学校によって様々なコースがあるので、どの語学学校が良いか迷ってしまうかもしれません。留学の目的が何かということを明確にし、目的に沿ったコースを選ぶようにしましょう。
 
迷ってしまった場合には留学エージェントに相談してみることをおススメします。自分で考えるよりも、理想的な留学になるかもしれませんよ。