閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

〇万円以上もお得に!?海外留学の5つの節約術

留学にかかる費用は高いもの。留学を考えている人は少しでも費用を抑えたいと思う人も多いでしょう。ここでは海外留学のおける5つの節約術をご紹介。工夫しだいで大幅に費用を抑えることもできるので、より満足度の高い留学にするための参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

上手に手配をして航空運賃を節約しよう

特に短期留学の場合、航空運賃は留学費用の中での割合は大きいもの。航空運賃を安く抑えることができれば留学費用全体のコストダウンにつながります。

1.オフシーズンをねらう

ゴールデンウイークやお盆、年末年始など、世間的に需要が高まる時期の航空運賃はとても高額になり、席も予約しにくいものです。留学先が北半球の場合、7月8月12月は高く、2月10月11月は安くなりやすいです。渡航時期を調整できるのであればオフシーズンは避けるようにしましょう。

2.片道よりも往復チケットを

航空会社は往復チケット購入で往復割引を設定していることが一般的。帰りの時期が決まっているのであれば、片道ではなく往復で購入すると良いでしょう。

3.手配時期は早めに

航空券は搭乗の6か月前が安いと言われています。人気の路線の場合は早割を設定している座席は早々に埋まっていきます。留学の日程が決まったら、なるべく早めに手配をするようにしましょう。

4.乗り継ぎ便を利用する

他の都市を経由していく乗り継ぎ便は直行便と比べて安いのが一般的。経由する分時間がかかってしまうというデメリットもありますが、時間に余裕があるのであれば、乗り継ぎ便を利用して節約する方法も検討してみましょう。

お得な滞在方法を選ぼう

留学先での主な滞在方法は、ホームステイ・学生寮・アパートの3つ。
 
ホームステイは家具や家電などを購入する必要もなく、食事も朝夕はついていることが一般的。さらに現地生活を体験できるという面でもトータルでコスパは良いと言えます。
 
学生寮は、相部屋などを選択してなるべく自炊を行えば、滞在費用を節約することが可能。たいていの場合、学校の近くなので交通費も抑えることができます。
 
アパートの場合、費用を抑えられるかどうかは自分次第。ルームシェアをしたり、自炊を徹底したりするなどで節約できる可能性も高いものです。
 
滞在方法は、ホームステイ・学生寮・アパートでそれぞれメリット・デメリットがあり、どの滞在方法を選んでも節約できるポイントはあります。まずはどんな生活を送りたいかを考えて満足のいく滞在方法を選ぶと良いでしょう。

賢く選んで授業料を節約しよう

留学費用の中で授業料の割合は大きいですよね。授業料の費用をおさえることができれば、留学費用全体のコストダウンにつながります。
 
いくら授業料を安くしたいとはいえ、語学力の習得が目的であれば、通う学校の質も大切にしたいところ。質を落とすことなく授業料を抑えるために5つのポイントで選んでみましょう。

1.地域

物価の高い地域はどうしても授業料も高くなります。また都市部と地方では、やはり都市部のほうが高いもの。「絶対にこの地域に行きたい!」という強いこだわりがないのであれば、物価の高さやエリアという観点でも比較してみましょう。

2.コース

基本的には、一般英語コースが最もリーズナブル。英語+αがつくコース、特に専門性が高いものであればあるほど高額になりがちです。専門的な内容を学ぶための留学でなければ、まずは一般的な英語コースで検討してみてはいかがでしょうか。

3.スタート時間

多くの語学学校の授業のスタート時間は午前中であることが一般的。これを午後に変えることで割引になることも。語学学校によって異なりますので、スタート時間による割引にも注目してみましょう。

4.長期割引やキャンペーン

短期留学よりも長期留学のほうが、授業料がお得になる学校もあります。長期の留学を考えている人は、長期留学でも割引があるかどうかも注目しましょう。
 
また語学学校によっては不定期に授業料がディスカウントされたり、入学申請料が無料になったりするなどのキャンペーンを行うところも。気になる学校があればすばやく情報をキャッチできるようアンテナをはっておくようにしましょう。

5.時間数

授業の時間数は少ないほど安くなります。週に15時間、20時間、25時間に設定されていることが多いものです。15時間など少なめに設定して、空いた時間で自習をしたり、学生ビザであればアルバイトを行ったりするなども節約方法の1つです。

各都市の交通事情を理解しておこう

留学中にかかる交通費もばかになりません。徒歩や自転車で通学ができれば交通費はかかりませんが、電車やバスを使うのが一般的です。特にバスや電車など公共交通機関を使う場合、割引になる方法もいくつかあるので事前にチェックをしておくようにしましょう。

1.学割を使う

学校に通っていれば学割をうまく利用しましょう。学割により、交通費が半額になる都市も。学生証は、語学学校や大学で発券をしてもらえるので、初日に確認をしてみると良いでしょう。

2.無料で利用できる交通機関をみつける

都市によっては、観光サービスなどのために無料で使うことのできる交通機関があります。お得に使える交通機関は早めにチェックしておくと良いでしょう。

3.定期券を利用する

定期券は、普通に切符を買うよりもお得な場合が多いもの。通学などで定期的に利用する場合、必ず利用をするようにしましょう。

賢い留学エージェント選びをしよう

留学エージェントは、留学のサポートで利益を得ています。
 
様々な手続きを代行してもらえるのはとても楽ですが、その分費用もかかってくるのです。費用が加算されていることに気が付かなかったり、そういうものだと納得してしまったり人も多くいるのも事実です。
 
自分でできることは自分で行うことにより、代行費や手数料を節約することができるのです。
 
特に初めての留学であれば不安や疑問が多く、いろいろ相談したいという人も多いでしょう。そんなときに留学エージェントを頼るのはとても賢い方法ですが、留学エージェント選びも慎重に行うと良いでしょう。

夢カナ留学では、自分でできることは代行し手数料を取ることはありません。貴重なお金を最大限満足のいく留学を実現するための投資に使ってほしいのです。
 
実際に他社サービスで200万円の見積もりが出たが、最終的には50万円で目的のあった留学プランを組むことができたという例もあります。留学エージェントしだいで150万円もの節約になっているのです。
 
実際の節約事例はこちら
 
留学の相談をしたいけど、エージェント費用は最小限に抑えたい、そんな人はぜひ夢カナ留学にご相談ください。

まとめ

留学にかかる費用はとても高く、少しでも抑えたいもの。節約術を知っていると知っていないとでは、何十万円も差が出る可能性もあります。授業料、学校・コース選び、滞在方法、交通費、渡航費、留学エージェント選びなど、それぞれで節約ポイントをおさえながら、満足のいく留学をかなえましょう。