閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

クラウドファンディング「留学難民支援プロジェクト」を実施します

一人ひとりの夢を叶えるための留学プランを提供する「夢カナ留学」を運営する株式会社Jstyle(ジェイスタイル)(新宿区 代表取締役社長:安藤和隆)は、2020年5月17日(日)より、新型コロナウイルス感染症の流行により海外への渡航が制限された留学生に対しての支援を募るクラウドファンディング「留学難民支援プロジェクト」を実施いたします。

https://camp-fire.jp/projects/view/260785

2016年の創業以来、「海外で夢を見つけたい・叶えたい」という目的を持った300人以上の学生・社会人の方の、夢の実現をサポートしてきました。
そんな私たちだからこそ、できることがあります。
「世界中の人に夢を与えたい」という経営理念に基づき、留学業界ひいては1人ひとりのお客様に影響を与える新型コロナウイルス感染症への対応として、本クラウドファンディングを実施いたします。
留学先の国が入国制限を解除するまで、留学予定者には空白の期間が生じてしまいました。
弊社ではこの期間を「費用・精神面での負担」ではなく「さらに英語力が伸ばせるボーナスステージ」として捉えてほしいと考え、クラウドファンディングにて得た支援金をもとに、以下の施策を実行いたします。

・これから留学が保留になってしまったり、一部返金が認められなかったり、強制帰国になってしまった『留学難民』に対して英語レッスンと留学手続きを、留学再開まで【完全無料】にします。
・留学までの英語レッスン運営費に充当します。

『留学』について

『留学』は、人生を変えます。
ある留学生の話です。
彼は、オーストラリアへ旅立ちました。
『英語を使えるようになって、世界中の人の役に立つ』という夢を叶えるために。

留学前は、必死に英語の勉強に取り組み…

現地ではたくさんの人と…

かけがえのない出会いを経験しました。

実は彼、私たち『夢カナ留学』が送り出した学生です。
彼の他にもたくさんの学生が海外へ飛び立っていきました。

新型コロナウイルス感染症の流行を受けた『留学』の現状

『オーストラリア人及び永住者とその近親者(配偶者、未成年扶養家族、法的保護者のみ)を除く全ての方々が入国できない措置がとられています。』

オーストラリア大使館の声明です。

新型コロナウイルスの世界的蔓延により、各国が入国制限を実施。
渡航が決まっていた学生たちが出国できない事態が発生。
留学を途中で中断し日本へ帰国しなければならない学生も。

『就活をはじめとして、人生を豊かにする経験をしたい』
ある女性は、大学3年次を休学しカナダへワーキングホリデーに行く予定でした。

休学手続きを去年のうちに済ませてしまったので、今年1年間は大学に通えません。
加えて、学費の半額を休学費用として支払わなければなりません。

留学費用をまかなうために、海外で働くワーキングホリデーを選択。
しかし、今の状態ではどんどんお金がかかり続けます。

「私の1年間はどうなってしまうんだろう…」
楽しみだった海外留学が、不安に駆られる日本での足止めに一変してしまいました。
新型コロナウイルスさえ流行しなければ、今頃海外で人生を変える体験をしているはずでした。

新型コロナウイルス感染症の流行により影響を受けた留学予定者に対しての弊社の対応

新型コロナウイルスの流行期間は、英語のレッスンをオンラインで受講していただいています。

(昨年12月の授業風景です)

渡航制限により出国できない期間は、英語力を維持する必要があります。
英語力はネイティブスピーカーとの会話量で高まります。
留学期間を実りあるものにするには、英語のレッスンが欠かせません。
私たちができることとして、留学が保留になってしまった学生たちを対象に、英会話レッスンを無料で提供しています。

数百万円の留学費用に加わる、足止め期間の生活費。
人によっては、休学費用も。
私たちが運営している留学特化型のレッスンでは、運営費を切り詰めることでなんとか費用を抑えています。

なにしろ、出国できなくて困っているのは『夢カナ』生だけではありません。
他留学会社で留学がキャンセルになってしまったり、キャンセル料が受け取れなかったり…。
残念ながら、新型コロナウイルスの流行で留学自体を諦めてしまった学生を多く目にしてきました。
放ってはおけません。彼らは何も悪くありません。
せめて新型コロナウイルスの流行が収まり、安全に渡航ができるようになってから留学生活を実りあるものにしてほしい。

留学を諦めてほしくない。
そのためには「夢カナ」生だけでなく、希望する全員が無料で英語のレッスンを受講できるようにしなければならない。
この想いは、クラウドファンディングの実施に強く影響を与えています。

ではなぜそこまで留学に拘るのか

『世界一影響力のある俳優になりたい』
これは、子供の頃の私の夢です。

代表の安藤和隆です!

その夢を叶えるために某アイドル事務所に所属していたときもあります。

しかしもっと広い世界で活躍している人はいると思い、海外、特に『ハリウッド』へ目を向けるようになりました。

「アメリカの大学に行きたいです」
高校の頃、担任の先生へそう言いました。
しかし、有益なアドバイスをもらうことができませんでした。
高校では海外大学への進学という前例がなかったのです。

必死に調べ、大手留学エージェントを経由してアメリカへ行きました。
留学費用の頭金として請求されたのは200万円。
到底自分で出せる金額ではなかったので、親に払ってもらいました。

紹介された語学学校。
しかし、そこの生徒のほとんどは日本人でした。

200万円を支払って得たのは、何ら日本と変わらない環境でした。
クラスに日本人が多いと、話す言語も日本語が多くなってしまうのです。

英語力はネイティブとの会話量で高まるのは前述の通り。
いつまで経っても現地で通用する英語力を身に付けることはできません。

この時、
『費用がかかるのに結果に結びつかない現在の留学のシステム』
をどうにかしなければならないと思いました。

夢が叶う留学プランを学生に提供したい。
それが、『夢カナ留学』を立ち上げるに至ったきっかけです。

語学学校を卒業してからは、カリフォルニアの大学へ進学しました。

もちろん主専攻は俳優学。
副専攻は経営学を選択しました。
留学中に『夢カナ留学』の起業構想があったからです。

帰国後、起業資金を集めるためプロボクサーになりました。

ファイトマネーから資本金を捻出し、2016年『株式会社Jstyle』(夢カナ留学運営会社)創業。

「海外で夢を見つけたい、叶えたい」。そんな目的を持った、これまで300人以上の学生・社会人の方の夢の実現をサポートしてきました。

「こんなことがあった。」「こんなことができた。」「『夢カナ留学』プランじゃなかったら叶わなかった。」
そんな声を聞けたとき、一番のやりがいを感じます。

あの時留学という決断をしていなかったら、今の私はいなかったと思います。
留学には、人生を変える力があります。
だから、私は留学に拘るのです。

明るい将来に向けて種を撒くことはできます

留学業界自体が死活問題に直面しています。
世界中への渡航が禁止、自粛されているのですから当然です。

私たちは留学希望者一人ひとりの希望に合わせ、オーダーメイドで留学プランを作ります。
ただでさえ、手間と時間がかかります。
その上で留学の費用を極限まで抑える方法は、決して商売上手とは言えないかもしれません。

恥を晒しますと、私自身の給与全カットに加え創業メンバーの減給を実施し運営費を削減しながら、辛うじて事業を維持している状況です。

このように厳しい局面ですが、留学希望者一人ひとりに寄り添った留学プランの作成サービスには絶対の自信をもっています。
そしてこれからも夢を叶える留学サービスを提供していきたいと思っています。

私たち留学エージェントの願い。
それは、留学を通して1人でも多くの人が夢を叶えること。
実りある留学経験が、その後の人生の血となり肉となるのです。

今は希望が見えなくなってしまっていますが、
明るい将来に向けて種を撒くことはできます。
一人でも多くの留学難民者を救うためには、皆さんのご支援が必要です。
私たちに力を貸してください。
宜しくお願いいたします。

夢カナ留学
株式会社Jstyle
〒160-0007
東京都新宿区荒木町13-2 四谷NSビル 4階
TEL (03) 5848-5432
MAIL info@jstyle-yumekana.com