閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

サンフランシスコの気候は?特徴と服装の準備

暑すぎず、寒すぎず、一年中穏やかな気候が特徴のサンフランシスコ。ここでは、サンフランシスコの気候の特徴や季節ごとの服装を紹介します。現地で快適に過ごすためにどんな服装や持ち物が必要なのかを知っておきましょう。

目次

サンフランシスコ(カリフォルニア州)の気候

サンフランシスコは、アメリカ西海岸に位置する都市で、カリフォルニア州の北部に位置しています。 サンフランシスコ島の先端にあり、太平洋とサンフランシスコ湾に囲まれています。 サンフランシスコは、地中海性気候で、ケッペンの気候区分は暖温帯(Csc)です。 夏も暑すぎず、冬も寒すぎず、年間を通して過ごしやすい気候です。日本のようなはっきりとした四季はありません。季節による温度変化が少ないのは、カリフォルニア海流の影響です。
また、サンフランシスコは「霧の街」とも呼ばれるほど、深い霧が発生することが多々あります。
カリフォルニア内部の渓谷地帯で暖められた空気が上昇して気圧が低くなります。そこに北太平洋高気圧からの風が内部に向かって流れこむことで発生するのです。

一年間の推移

サンフランシスコの年間を通じた温度や降水量は下記の通りです。

月平均最高気温(℃)  月平均最低気温(℃) 月平均気温平年値(℃) 月平均降水量平年値(mm)
1月13.67.110.1100.7
2月 15.49.511.6105.8
3月 17.89.912.770.3
4月 1910.413.832.3
5月 2111.115.314.4
6月 21.61316.83.1
7月 22.713.217.50.1
8月 22.815181.1
9月 26.115.818.24.4
10月 23.712.116.422.8
11月 181113.258.6
12月 15.36.810.3103.5

気温が25℃以上になっていることは9月くらいで、最も低くても5℃以上となっています。
暑すぎず、寒すぎない穏やかな気候のサンフランシスコ。雪が降ることは極めてまれです。
1月~3月までの間は雨季となり、雨の日が多くなります。日本の梅雨と比べると降水量は少ないのですが、雨季の期間に行く場合は、きちんと雨対策をする必要があります。

ベストシーズンはいつ?

サンフランシスコは、日中は通年過ごしやすい気候です。
春・夏・秋・冬、いつ行っても寒すぎることもなければ暑すぎることもありません。 ただし、注意すべきは雨季です。サンフランシスコは、雨季が11月から3月ごろまで続きます。
この季節は、降水量も多く、不安定な天気となります。
街の至るところに観光スポットがあります。留学先で最大限アクティビティを楽しみたいという人や、街歩きを楽しみたいという人にとって、できれば雨は避けたいものですよね。 そんな人は、雨季をはずした4月~10月がおすすめですよ。

服装準備

留学の準備として服装をどうしようか?と悩む人も多くいるでしょう。
季節ごと、どのような服装の準備が必要かを紹介していきます。

春の服装と持ち物

3月~5月は、最高気温が17℃前後から、20℃以上まで徐々に変わっていきます。最低気温は10℃前後。
昼間は、まだ肌寒さを感じる季節です。朝晩は冷えるので、上着が必要です。 日本の春と同じ服装で概ね問題ありませんので、カーディガン、パーカーなど上に羽織ることのできるものを持っていくようにしましょう。

夏の服装と持ち物

夏と言っても、最高気温は20~23℃前後と、日本と比べると涼しい気候です。 最低気温は10~15℃と、夏であっても気温はあまりあがりません。
7月8月は、日中は半そでで、朝晩用にカーディガンやパーカーなどを持っておけば、ちょうどよいでしょう。
サンフランシスコでの夏は、ほとんど雨は降りません。折りたたみ傘をバッグに忍ばせておけば安心ですが、折り畳み傘の出番はほとんどないでしょう。

秋の服装と持ち物

9月には、一気に気温があがる「インディアン・サマー」が1か月ほど続きます。 夏よりも気温は高く、最高気温が25℃前後まであがります。暑くなるといっても日本のように30℃を超えることはそうないので、過ごしやすい気候です。
インディアン・サマーが終わった後の気温は、徐々に下がっていき、11月には最高気温が18℃、最低気温が11℃程度となります。
さらに、気温が下がっていくにつれて、雨量が増えます。天気が不安定になりがちなので、傘は必須です。
雨が降ると冷え込むので、ベースを長袖にして、プラスして羽織れるような上着があると安心です。上着は少し厚めのもののほうが良いでしょう。

冬の服装と持ち物

冬と言っても、サンフランシスコの冬はそう寒くはなく、過ごしやすい陽気です。 最低気温は、10℃以下となっても、最高気温は10~15℃です。
ただ、秋に引き続き、降水量は多く天気が悪い日も続きますので、傘が手放せない季節です。
海沿いから冷たい風が流れてくるので、気温よりも体感温度は低めです。厚手のコートほどはいりませんが、冬物の服や、ジャケットは用意しておくようにしましょう。

まとめ

一年を通じて気温の変化が大きくないサンフランシスコ。 日本とは大きく気候が異なりますので戸惑ってしまうかもしれませんが、穏やかで過ごしやすい気候です。
秋から冬にかけては雨が多いので、雨が苦手という人は、この季節は避けたほうが良いでしょう。
暑いのも、寒いのも避けたい!という人にはおすすめです。ぜひ留学先選びの参考にしてみてください。