閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

これで安心!知っておきたいアメリカのチップの払い方

日本ではなじみがないですが、アメリカではサービスを受けると感謝の意としてチップを渡す習慣があります。チップの習慣は知っていても、相場や渡し方がどれくらいなのか不安なもの。ここでは留学前に知っておくべき各シーンのチップの相場と渡し方を紹介します。 

目次

そもそもチップとは?

日本ではなじみのないアメリカの習慣の一つがチップ。
チップはあくまでの「感謝の意」のため、制度として決まっているわけではありません。
しかし、アメリカでは基本的に、受けたサービスに対してチップを渡すことは常識です。
アメリカのサービス業で働く人にとって、チップも収入源の一つとしている人もいます。文化の違いもありますが、気持ち良い留学生活を送るためには、きちんとチップの文化を理解しておくことが大切です。

そうはいっても、どんなサービスを受けたときに、どれくらい渡せばよいのか悩んでしまうでしょう。
ここではアメリカのチップの相場を紹介します。
留学前に、各シーンでのチップの相場を知っておくと、いざチップを渡す場面に直面した時に安心ですよ。

飲食店での相場

飲食店では、座って食べるレストランやビュッフェ、ルームサービス、デリバリー、飲み物を持ってきてくれたりテーブルの片付けなどのサービスがつくカフェなどはチップが必要です。
ファーストフード店やフードコートではチップはいりません。

飲食店でのチップの相場は、会計の10~25%ほどです。
チップは受けたサービスに対する感謝の意なので、満足度によって率も変わります。 サービスに不満だった場合には10%程度、可もなく不可もなくという場合で15%、とても良かった場合は20%、特別なリクエストに応えてもらった場合は20%以上と考えておくと良いでしょう。
なお、レストランによっては、会計時のレシートに予めチップが含まれている場合があるので、レシートをチェックしてから払うと良いでしょう。

また、レストランなどでチップを払う時には会計時のレシートを確認することがコツ。 レシートに記載されているTax(消費税)を2倍にした金額を払うという“ダブルタックス”という方法があります。
15%のチップを払う場合には、消費税(8%)×2倍で16%となるので、問題なくサービスを受けた時には、ダブルタックスを使えば良いと覚えておくと、現地の会計が楽になるかもしれませんよ。
ただし、高級レストランなどでは、15%は少ないとみなされることもあるので、お店によって少し多めに出すと安心です。

ホテル滞在時の相場

ホテルに滞在する際にチップを払うシーンはいくつかあります。
まずはベッドメイクです。
部屋の掃除やベッドメイキングをしてくれた人に対しては、ベッド一つについて$1~$2程度払うようにしましょう。掃除やベッドメイキングは、基本的に部屋にいない間に行ってもらうので直接渡すことはできません。
朝起きて、ホテルを出る際にサイドテーブルに置いておくと良いでしょう。 まくらの下という人もいますが、目立つところにおいておくのが基本です。

次にポーターやベルマンです。
ポーターは、宿泊客の荷物を運ぶ人で、ベルマンは宿泊客の荷物の運搬と客室への案内をする人です。
ポーターやベルマンには、荷物一つにつき$1を渡しましょう。
そしてドアマンです。ドアマンにドアを開けてもらうだけではチップを渡す必要はありませんが、タクシーの手配などをしてもらった場合には$1のチップをその場で渡すようにしましょう。

注意すべき点は、チップを払うのはその都度だということです。
一滞在で何度もサービスを受けたのであれば、その度にチップが必要です。
二泊したのであれば、ベッドメイキングをしてくれる人には2回、ボーターやベルマンにはチェックイン時とチェックアウト時に荷物を運んでもらえば少なくとも2回です。

なお、ホテルのグレードによってチップの額も異なります。
一般的には、高級ホテルは一般のホテルの2~3倍が相場と言われています。
また部屋のグレードでも異なります。シングルであれば$1、スイートであれば$5程度と覚えておくと良いでしょう。

タクシーに乗ったときの相場

留学中、公共交通機関を使うことあれば、タクシーを使うこともあるでしょう。 タクシータクシータクシーに乗車した際もチップが必要になります。相場は15~20%程度です。
目的地に到着し、支払いをする際に払います。タクシー代が$20の場合、チップは$2~$4です。
運転手によっては、支払った金額がチップ込だと思い、おつりを返さないこともあります。チップを含めた金額が$24だとして、$10札を3枚で支払うときには「$6のお釣りをください」と言うようにしましょう。

なお、最近注目を集めているスマホアプリでタクシーを呼べるUber(ウーバー)。 基本的な使い方は、迎えに来てもらう場所と行先をアプリ上で設定します。その後、配車するタイプを決めます。アプリの操作は日本語で、行先の指定から支払いまでアプリ上で完結するので、通常のタクシーよりも、留学生にとっては安心して使うことができます。
そんなUber(ウーバー)は、チップを払う必要は基本的にありません。
良いサービスを受けたと感じたのであれば、後者する際にチップを渡すとお互い気持ち良いかもしれませんね。直接手渡しでなくても、Uberアプリの機能として、乗車後、いつでも支払うことができるようになっているようです。

ツアーガイドに払う相場

留学中、せっかく現地にいったら現地でツアーなどにも参加したいものですよね。 そんなときにもチップは必要になります。
車で行く場合、ドライバー兼ガイドには、1日あたり$5~$15程度が相場です。 日帰りであれば1日分、宿泊するのであれば$5~$15×日数分です。
渡すタイミングは、ツアーの終了後、解散時です。

チップの払い方

チップは、基本的に現金です。
直接手渡しする場合は、現金。その際には、なるべく札で渡すようにしましょう。 小銭でジャラジャラと渡すと、失礼な行為と受け取られる場合もあるので、札で渡すようにしましょう。
チップになれていない日本人はおつりをかき集めて渡しがちですが、なるべくならチップ用に札を用意しておくと良いでしょう。
また、レストランの場合は、クレジットカードで払うことが可能な場合もあります。 「Tip」と書かれている項目にチップの金額を書くか、「Total」という項目にチップを合わせた合計の金額を書き込んでしまえば、カードでの支払いが可能です。

まとめ

日本ではなじみのないチップの習慣ですが、アメリカでは基本的なマナーの一つです。 日本人にとって、チップを払うことは損をしてしまっていると思うことがあるかもしれません。そのため、チップ代を渡さなくてもいいように、ホテルでも自分で荷物を運んだりするという人も少なからずいるのも事実です。
あくまでチップは感謝の気持ちのため、渡すことが法律で決まっている、なんてことはありませんが、笑顔で渡せば、お互いに気持ちによいもの。 チップの習慣もアメリカの文化であることを割り切って、アメリカでの滞在を楽しむようにしましょう。