閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

カナダ留学、専門技術は専門学校・コミュニティカレッジがおすすめ!

カナダでは高校卒業後の進学先として、コミュニティカレッジ、私立の専門学校、大学があります。その中でも専門的な技術などを学ぶには、コミュニティカレッジや専門学校がおすすめ。カナダの専門学校やコミュニティカレッジの特徴や修学期間、コースの種類を紹介します。カナダ留学の学校選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

カナダの専門学校

専門学校は、日本と同様に、専門的な技術や知識を学ぶための学校です。
 
カナダの専門学校は多種多様で、自分の学びたい内容や目的にあったコースを選択することができます。専門学校での教育内容は、レベル・質ともに高く実践的なものです。
 
学校では、他の留学生や、現地の学生とともに学びます。そのため、ベースとして語学力は必須。語学学校などで語学力を身につけて入学することをおすすめします。

専門学校の特徴

カナダの私立の専門学校は、学校法人ではなく、私企業法に基づいて運営されています。学校法人にある制約などがなく、利益を追求する企業として、業界の動きなどをみながらプログラムやコース、カリキュラムを組むことができます。そのため、学校により特色が大きく異なります。
 
コミュニティカレッジの「職業訓練コース」よりもさらに職業訓練の性格が強い機関です。

専門学校の修学期間

修学期間は数週間のものから1年以上のものまで様々で、学ぶコースによって、期間が異なります。
 
コース修了後に資格が取得できるようなものはある程度の期間が必要となるため、比較的長めになります。

専門学校のコース

ビジネス、美容、デザイン・ファッション関連、IT、アート、旅行業など学校の種類は豊富にあります。1つの専門学校で複数の分野を扱っている総合専門学校もあれば、それぞれの分野に特化している学校もあります。各専門学校で、コースの種類は多種多様にそろえられています。以下は代表的なコースです。

  • ビジネス関連:一般ビジネス、会計、マーケティング、経営学、国際貿易、通訳・翻訳など
  • 美容関連:エステティック、マッサージ、メイクアップ、ヘアスタリングなど
  • デザイン・ファッション関連:ファッションデザイン、ファッションマーチャンダイジングなど
  • IT関連:コンピュータプログラム、コンピュータ工学技術、システム・アナリストなど
  • アート関連:広告デザイン、インテリアデザインなど
  • 旅行関連:フライトアテンダント、ホテルマネージメント、トラベル&ツーリズムなど

カナダのコミュニティカレッジ

カナダのコミュニティカレッジは、日本の中学や高校にあたる「中等教育」を終えた後に進む学校です。日本での短大とは少し性質が異なり、専門学校のような性格が強い学校です。

コミュニティカレッジの特徴

コミュニティカレッジは、地域のコミュニティセンターなどに地域住民が集まって、専門家を用いて勉強する勉強会が起源になっています。私立の学校もありますが、州立の学校がほとんどで、州によって異なる特徴を持っています。ユーコン準州やノースウエスト準州では先住民社会研究などの土地に根差した独自のプログラムを用意していたり、オンタリオ州では職業技能を身につけるための機関としての位置づけになっていたりします。
 
このような地域社会に沿った教育がメインとされるコミュニティカレッジは、基本的に地元住民が優先して入学します。地元の需要が大きく、留学生が受け入れられない場合もあります。
 
入学資格は、学校や学科によって異なりますが、入学に必要なTOEFLの点数が決められている場合が多いので、スコアが足りない場合は、語学学校で語学力を習得する必要があります。

コミュニティカレッジの修学期間

コミュニティカレッジで学ぶ期間は、カレッジやコースによって異なります。
 
短いものでは6か月、長いものだと3年かかるものもあります。

コミュニティカレッジのコース

カナダのコミュニティカレッジのコースは「大学編入コース」と「職業訓練コース」の大きく2つです。
 
「大学編入コース」は、大学などへの進学を目的としています。一方、「職業訓練コース」は、技術や職業の訓練を行うことを目的としています。
 
全ての大学で大学編入コースと職業訓練コースの両方を備えているわけではないので、希望の学校に、希望するコースがあるかどうかは事前に確認しておく必要があります。
 
大学編入コースの中でもより細かく分けると、「アカデミック・プログラム」と「カレッジ・プレパレーション・プログラム」の2つがあります。 
「アカデミック・プログラム」は4年制大学に編入するためのプログラムです。4年制大学の1,2年次に学ぶ教養課程を学びます。アカデミック・プログラムを修了すると、4年制大学の3年次から編入することになります。
 
「カレッジ・プレパレーション・プログラム」は、大学進学に必要な英語力を身につけるためのプログラムです。このプログラムを修了後の進路は、4年制大学への入学(1年次から)がメインとなります。

職業訓練コースは、料理・車の整備・美容・簿記など、日本の専門学校のような技術習得のためのプログラムや、看護系や教職など専門職を育成するようなプログラムもあります。コースによって、履修期間は大きく異なります。

まとめ

専門技術を身につけることを目的としてカナダへの留学を検討している場合、コミュニティカレッジや専門学校への入学を考えてみてはいかがでしょうか。さらに言えば、より業界に近い専門技術を身につけるためには、コミュニティカレッジの職業訓練コースよりも専門学校がおすすめ。
 
いずれの学校に入学するにしても、現地の学生と一緒に学ぶため、ある程度の語学力が求められます。語学力が足りない場合には、まずは語学学校で語学力を習得する必要があります。
 
留学も目的を達成するために、どのような学校に通うのが最適なのか分からない人も多いでしょう。そんな人は、留学エージェントに相談することも検討してみてはいかがでしょうか。