閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

オーストラリア留学 都市別にみる寮(レジデンス)の費用

オーストラリア留学では、授業料、滞在費、お小遣い、航空運賃などの費用が必要です。留学費用の中でも、滞在費の占める割合は大きいもの。今回は、寮での生活を送る場合の、滞在費や他にかかる費用を紹介します。留学のスタイルや留学先によって留学にかかるトータルの費用は変わります。寮生活の場合、どれくらいの費用がかかるかを知り、留学選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

オーストラリアの寮(レジデンス)とは?

語学留学の場合、滞在方法として最もポピュラーなのがホームステイ。
一方、レジデンスでの滞在方法を選択できる語学学校もあります。
レジデンスとは、語学学校が用意をする学生寮のことです。学校用の学生寮のため、日本人以外の留学生も滞在しているため、留学生同士の交流を図ることができるメリットがあります。様々な国の学生が集まり、情報交換や、パーティを開くなど、勉強以外の面でも充実した生活を送ることができるでしょう。良いところもある反面、「勉強をしっかりとしたい!」という人にとっては、にぎやかすぎて集中ができない可能性があります。

また、ホームステイで滞在する場合と比較すると、「ホストファミリーの生活に合わせなければならない」ということがないため、時間やルールが比較的自由になります。
食事はつかず外食や自炊をするケースが多くなっています。外食をすれば、費用は高くつきますし、自炊はなかなかハードルが高いもの。費用が心配、自炊は苦手、という人はレジデンスでの生活がきついと感じることもあるかもしれません。

オーストラリアの寮(レジデンス)の申込み方法

語学学校を通じて申込みをすることができます。学生寮は、部屋数に限りがあり、シーズンによっては空き部屋がない場合があります。レジデンスでの滞在を希望するのであれば、早めの手配がおすすめです。

オーストラリアの市別にみる寮(レジデンス)滞在の費用

それでは、オーストラリアの都市別に寮(レジデンス)での滞在にかかる費用をみてみましょう。
ここでは各都市の語学学校を無作為に選び、その滞在費を比較しています。都市によって、環境も違えば、物価も違います。寮滞在に必要な費用も変わってきますので、各都市の相場を見て、留学先選びの参考にしてみてください。

シドニー

オーストラリア最大の都市です。中心地から少し離れると豊かな自然にあふれているので、都会の雰囲気も自然も両方楽しむことができます。語学学校の数も多いので、目的に合わせてぴったりの学校を選ぶことができます。
そんなシドニーにある語学学校が提供する寮の費用の目安は、1か月AU$1,513です。
2018年の物価指数(※)では、オーストラリア国内で1位、家賃指数も1位です。物価は東京と比較すると物価・家賃ともに高い傾向です。

4週間(1か月)
インターナショナル・ハウス / シドニー・シティ AU$1,540(食事なし)
ラングポーツ・イングリッシュ・ランゲージ・カレッジ / シドニー校 AU$1,500(食事なし)
グリニッチ・イングリッシュ・カレッジ / シドニー AU$1,500(食事なし)

メルボルン

メルボルンはビクトリア州の州都で、オーストラリア第二の都市です。住み良い都市ランキングにも上位でランクインされているほど、住みやすい街です。また、「教育の街」でもあり、教育の質の高さが特徴です。
そんなメルボルンにある語学学校が提供する寮の費用の目安は、1か月AU$1,796です。
2018年の物価指数(※)では、オーストラリア国内で3位、家賃指数は2位です。物価は東京と比較すると同水準ですが、家賃は高い傾向です。

4週間(1か月)
エンバシー・イングリッシュ / メルボルン校 AU$2,968(食事なし)
ディスカバー・イングリッシュ AU$1,300(食事なし)
インパクト・イングリッシュ・カレッジ / メルボルン校 AU$1,120(食事なし)

ブリスベン

クイーンズランド州の州都であり、オーストラリア第三の都市です。市内中心部は歩いて30分ほどで1周できるほどのコンパクトな大きさです。多くの教育機関もあるので、目的に合わせた学校選びができるでしょう。
そんなブリスベンにある語学学校が提供する寮の費用の目安は、1か月AU$1,112です。
2018年の物価指数(※)では、オーストラリア国内で7位、家賃指数は4位です。物価は東京と比較すると安いですが、家賃は高い傾向です。

4週間(1か月)
ラングポーツ・イングリッシュ・ランゲージ・カレッジ / ブリスベン校 AU$1,436(食事なし)
インターナショナル・ハウス・ブリスベン・エーエルエス AU$760(食事なし)
ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル / ブリスベン AU$1,140(食事なし)

パース

パースは西オーストラリア州の州都でオーストラリアの第4の都市です。落ち着いた美しい街として有名です。
物価が安く、生活のしやすいのんびりとした環境の街です。そんなパースにある語学学校が提供する寮の費用の目安は、1か月AU$1,181です。
2018年の物価指数(※)では、オーストラリア国内で2位、家賃指数は8位です。物価は東京と比較するとやや高いですが、家賃は安い傾向です。

4週間(1か月)
ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ $680(食事なし)
フェニックス・アカデミー $1,584(食事なし)
カプラン・インターナショナル・イングリッシュ / パース校 $1,280(食事なし)

ケアンズ

オーストラリア北部に位置していて、小さなトロピカルシティとも呼ばれ、1年中温暖な気候です。
大自然に囲まれており、マリンスポーツやアウトドアを楽しむこともできます。
そんなケアンズにある語学学校が提供する寮の費用の目安は、1か月AU$720です。

4週間(1か月)
ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ アンド ビジネス AU$720(食事なし)

なお、ここで紹介している金額はあくまで費用を比較するためのものであり、最新でない可能性があります。
詳細・最新の金額については各学校または留学エージェントなどに直接お問い合わせください。

※Northern America: Cost of Living Index 2018
https://www.numbeo.com/cost-of-living/rankings.jsp

オーストラリアの寮(レジデンス)での滞在にかかる費用

寮(レジデンス)の滞在費とは別でかかる費用もあります。

食費

レジデンスでは基本的に食事が出ません。そのため、1日三食を外食または自炊で用意する必要があります。
外食の場合、1食AU$5とすると、1日はAU$15、1か月(30日)となるとAU $450(82円換算で36,900円)。朝は$5,お昼と夜がそれぞれ$10とすると、1日AU $25、1か月 AU $750(82円換算で61,500円)となります。
節約をするためには、やはり基本は自炊です。食費をどれほど抑えられるかどうかは、その人しだいですが、留学経験者の中には、月3万円ほどでおさえていた人もいます。
比較的安めな食材を使う、安く食材を購入する、購入した食材を無駄にしない、など節約ポイントをおさえておくことが大切です。

交通費

寮(レジデンス)は、一般的には語学学校の近くにあります。そのため、交通費は抑えることができるでしょう。

まとめ

今回は、寮(レジデンス)滞在に関する費用を紹介しました。オーストラリア留学と言っても、通う語学学校や、滞在方法が寮なのかホームステイなのかによっても費用は変わってきます。
満足のいく留学にするために、迷った方は留学エージェントに相談してみるのもおすすめですよ。