閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

パースの気候は?特徴と服装の準備

パースは、地中海性気候で一年中温暖な過ごしやすい気候です。夏は日照時間も長く、雨も少ないので、様々なアクティビティを楽しむには最適なシーズン。季節ごとの気温や、気候の特徴を紹介します。現地で快適に過ごすためにどんな服装や持ち物が必要なのかを知っておきましょう。

目次

オーストラリア パースの気候

パースは、西オーストラリア州の州都で、西オーストラリア州の中南部に位置します。
東海岸の都市に比べてなじみは薄いですが、「住みたい街」にランクインするほど人気がある街です。
街の中心にはスワン川が流れ、パース郊外はインド洋に面していて、とても美しく雄大な自然を感じられます。
緯度は、南緯31度57分。南と北は逆ですが、北緯31度は日本では佐多岬(鹿児島県南大隅町)です。

ケッペンの気候区分では、地中海性気候(Csa)です。 地中海性気候は、温帯気候の中で、冬に雨が多くて夏は高温で乾燥する気候です。 日本と同じように四季があり、年間を通しての降水量は少なめで晴天率が高いのも魅力の一つ。 湿気が少ないので、とても過ごしやすく人気がある都市なのです。

一年間の気温と降水量

パースの一年の月別の気温変化や降水量は下記のようになっています。

平均最高気温(℃)平均最低気温(℃)降水量(mm)
1月311819
2月 321920
3月 291722
4月 261536
5月 221287
6月 1910129
7月 189149
8月 199121
9月 291981
10月 231240
11月 261530
12月 291612

南半球に位置するパースの季節は日本とは真逆。春は9~11月、夏は12~2月、秋は3~5月、冬は6~8月です。
一年で最も暑くなるのは、1~2月で、平均最高気温は31~32度で。対して最も気温が低い季節は6~8月で、9~10度程度です。冬であっても氷点下になることはなく、雪が降ることもほとんどありません。
降水量を見てみると、6~8月(冬)は多く、1~3月は雨がほとんど降らないため乾燥します。
日照時間は12月が最も長く、日が出始めるのは朝5時ごろで、夜7時くらいに日が沈みます。対して最も短いのは6月で、日の出は朝7時過ぎで日が沈み始めるのは夕方5時半ごろです。
なお、パースでは夏時間(デイライト・セービング ※サマータイム)は実施されていません。パースと日本の時差は1時間ですが、これは夏も冬も変わりません。

ベストシーズンはいつ?

パースは一年中穏やかな気候ですが、ベストシーズンは、春から秋にかけての10月から3月ごろまで。
6~8月は雨が多く、急な雨もあれば雷雨が発生することもあるので、避けるとしたらこの季節です。
夏はビーチで海を楽しむこともできれば、インド洋に沈む映画の一場面のような美しさの夕日を他の住むこともできます。
ウィンドサーフィンやヨット、サイクリング、ゴルフなど様々なアクティビティも楽しむことができます。豊富なアクティビティを楽しむためにも日の長い夏がおすすめと言えます。

服装準備

留学の準備をするときに、服装はどうしよう?と悩む人も多いでしょう。
ここでは、季節ごとに、どのような服装が良いのか紹介していきます。

春(9~11月)の服装と持ち物

9~11月の平均最高気温は20~26度、平均埼栄気温は10~15度です。
9月10月は日中でも長袖で過ごしやすいですが、11月になると日中は半そでで過ごしやすい季節になります。
とはいえ、朝晩は冷えることも。平均最高気温と平均最低気温の差は10度を超えるので、温度調節がしやすいように、薄手のジャケットやカーディガンなどがあると安心です。

夏(12~2月)の服装と持ち物

12~2月の平均最高気温は29~32度、平均最低気温は16~19度。
日によっては30度を超えるので暑くなりますが、じめじめとはしておらず乾燥した過ごしやすい暑さです。
服装は半そでで快適に過ごすことができます。 気を付けたいのが日差し・紫外線対策です。サングラスや帽子、日焼け止めなどは忘れずに用意しましょう。
また、とにかく降水量が少ないこの季節。乾燥対策もしておきたいところです。ハンドクリームやボディクリームなどの保湿対策もしておくのがおすすめです。

秋(3~5月)の服装と持ち物

3~5月の平均最高気温は22~29度、平均最低気温は12~17度です。
3月4月はまだ夏の暑さが残り、半袖で過ごすことができます。
5月に入ってくると徐々に気温が下がり、半袖だと肌寒さを感じることも増えてきますので長袖があると安心です。特に朝晩は冷える場合もあるので、ジャケットやカーディガンなど羽織るものがあると安心です。

冬(6~8月)の服装と持ち物

6~8月の平均最高気温は18~19度、平均最低気温は9~10度です。
一年中温暖な気候であっても冬は冷え込みます。
日本の冬ほどの寒さではありませんが、セーターや厚手のコート、マフラーや手袋などの防寒対策もしっかりと行うようにしましょう。
パースの冬に気を付けたいのが雨です。6~8月はパースで最も降水量が多い季節。急な雨や、雷雨になる可能性もあります。雨具はしっかりと準備しておくと安心です。

まとめ

一年中温暖な気候のパース。特におすすめなのは10~3月にかけてです。冬は雨が多いので避けるとしたらこの季節。春や秋は朝晩と日中の寒暖差が大きめなので、服装にも気を使う必要があります。 どの季節に行っても、暑かったり寒かったりで困ることがないよう、それぞれの季節の温度変化を知って、しっかり服装の準備をすることをおすすめします。