閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

カナダ留学は安く大学進学できる!進学方法やランキング、魅力も紹介

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

カナダの大学留学って高そう。費用はどのくらい?
カナダの大学に進学する方法は?
入学時期っていつ?
カナダの大学に留学するメリットは?

カナダの大学に留学したいと思い、情報収集していると、このような疑問が浮かんでくるでしょう。カナダの大学は留学人気国の中でも、比較的リーズナブルに留学できます。そこで、今回は以下のことについて解説します。

カナダの大学留学にかかる費用は学費1年間100万円〜290万円、生活費は5万円〜12万円。
カナダ留学で大学に進学するには、高校を卒業した後、直接進学するか、カレッジから大学へ編入する。
自由度が高いことや安い学費、治安が良いこと、永住権に繋がりやすいことがカナダの大学留学の魅力。

カナダ留学で大学に進学する方法を知らなければ、入学条件を満たせなかったり、入学時期を逃したりすることも。しっかり情報収集をし、入念に計画を立てて進学することが大切です。

また、カナダ留学は大学に進学する方法を工夫すれば、学費を抑えられます。カナダの大学留学に関する情報を詳しく知り、カナダの学生生活への第1歩を踏み出しましょう。

カナダ留学にかかる費用【学費、生活費など】

カナダ留学を考えるとき、真っ先に気になるのはお金の問題でしょう。カナダはアメリカに比べると学費や生活費を抑えられるため、留学人気国と言えます。それでは、カナダ留学にかかる費用について解説します。

カナダの大学は学費が安い【約100万円〜290万円/年】

カナダ留学は学費が安いと言われています。なぜなら、カナダの4年制大学はほとんどが公立大学であるためです。例えば、カナダの学費は日本の大学の学費とほとんど変わらないと言われており、1年間の学費は約100万円〜290万円です。

ただし、学費は州ごとに異なり、地域によっては3倍近くの差あります。カナダでの学費を可能な限り抑えたい方は、マニトバ州やニューファンドランド・ラブラドール州などを検討するといいでしょう。

生活費は日本とほぼ同じ

カナダは他の留学人気国と比べると、比較的安く生活できるでしょう。なぜなら、カナダの物価は日本と同じか少し高い程度であるためです。

例えば、生活費の中で大きな割合を占める家賃は、ホームステイなら1ヶ月約7万円〜10万円、シェアハウスで約5万円〜8万円、学生寮で約9万円〜12万円です。カナダではほとんどの場合、光熱費は家賃に含まれるので、大きな心配はしなくていいでしょう。

また、食費は外食すればチップ文化があるため高くなりますが、自炊すれば約2万円〜3万円で抑えられます。生活費は日本の生活と同じように、工夫すれば抑えられます。ストレスが溜まらない程度に節約しながら留学生活を楽しむことが大切です。

留学生特有の費用も

カナダ留学にかかる費用は授業料と生活費だけではありません。なぜなら、留学生特有の費用があるためです。

例えば、ビザ申請費用に約1〜2万円、海外保険料に約8万円〜12万円、渡航費に約7万円〜20万円かかります。さらに、住む場所によっては交通費がかかり、留学の息抜きのために使うお小遣いにも個人差があるでしょう。

留学はただでさえ英語の授業についていく必要があり、ストレスが溜まるものです。経済的なストレスはできる限り減らせるよう、留学前にしっかりお金の管理、計画しておきましょう。

カナダ大学への進学方法と入学時期【大学ランキングも紹介】

カナダの大学留学は、高校から直接大学に進学する方法とカレッジに入学して大学編入制度を使う方法の2種類あります。あなたの英語力や経済状況に合わせて進学方法を選ぶと良いでしょう。

また、多くの大学の入学時期は9月ですが、学部や学科によっては9月以外の時期でも入学できます。それでは、カナダの大学への進学方法と入学時期について解説します。

高校から直接大学入学

日本の大学と同じように高校を卒業してすぐに大学に入学できます。これは、カナダに入試制度がなく、高校の成績と英語力の証明ができれば入学できるためです。

例えば、カナダの大学に入学するには、高校3年間の成績が5段階評価で平均3.8程度、英語力はTOEFLiBT81以上必要です。高校卒業直後にこれらの条件を満たすためには、在学中から努力を積み重ねることが重要でしょう。

高校から直接大学に入学し、4年間で卒業できれば、日本の同級生と足並みを揃えて就職できるます。高校卒業後すぐに大学に通いたい方は、成績キープと英語力アップに取り組んでください。

カレッジ→大学編入(UTプログラム)

カナダの大学にはカレッジで2年間学んだ後に入学できるUT(university transfer)プログラムという編入制度があります。カナダの大学留学はこのUTプログラムを利用することがおすすめです。なぜなら、大学に比べてカレッジは入学しやすいためです。

例えば、カレッジの入学には高校の成績は必要ない場合も多いと言えます。英語力の証明だけで入学でき、条件は大学よりも低めに設定されています。また、授業料が大学の約半分であり、最初の2年間カレッジに通うことで学費も抑えられるでしょう。

カレッジは大学よりも規模が小さく、アットホームな雰囲気があります。初めての留学で不安な方は、UTプログラムを利用し、まずはカレッジでカナダの留学生活に慣れることもおすすめです。

入学時期は9月!学部により1月や5月入学も可能

カナダの学期始まりは9月であり、多くの大学では9月から入学できます。しかし、学科や学部によっては1月や5月入学が可能です。なぜなら、セメスター制の学校も多く、入学時期を自分で選べるためです。

例えば、カナダに入学式はなく、卒業時期もバラバラです。卒業式は6月に行われるので、入学した時期によっては、全ての授業を終えた10ヶ月後に卒業式に出席することもあり得ます。

9月入学の場合、3月が願書締め切りになるので、英語力条件を満たすことも含めて準備しておくことが大切です。あなたが希望する学部や学科の入学時期を調べて、入学までの計画を立てましょう。

カナダ大学ランキング

カナダの大学は教育水準が均一的で、世界各国と比べても教育レベルは高いと言えます。なぜなら、各州がカリキュラムや制度、質をしっかり管理しているためです。例えば、世界大学ランキングでもカナダにあるたくさんの大学が上位に入っています。カナダでレベルの高い主な大学は以下の通りです。

McGill University(世界ランキング:21位)
University of Toronto(世界ランキング:20位)
University of British Columbia(世界ランキング:43位)
Queen’s University(世界ランキング:187位)
University of Alberta(世界ランキング:96位)

ちなみに、東京大学の世界ランキングは35位であり、カナダの大学の教育水準がいかに高いかうかがえるでしょう。上記の大学でももちろん留学生を受け入れているので、興味のある方は入学条件について調べてみてください。

カナダ留学のメリット

カナダは留学先として人気であり、カナダ留学で受けられるメリットはさまざまです。他国への留学と比較してもカナダ留学はあなたにとって最適な可能性もあります。そこで、カナダ留学のメリットについて解説します。

選べる学部が多く、自由度が高い

カナダ留学のメリットの1つは自由度が高いことでしょう。なぜなら、選べる学部や学科も多く、各地にたくさんの大学やカレッジがあるためです。

例えば、カナダには約90の大学があり、教育水準も均一と言えます。また、ユニークな学部もあり、トロント大学には女性とジェンダー研究やブロック大学にはスポーツマネジメントコースなども開講されています。

高い教育水準を保ち、ニッチな学部もあるカナダなら、あなたが興味のある分野が見つけられる可能性も高いと言えます。1つの形に捉われず、目標や興味に沿って勉強できることがカナダ留学の魅力です。

学費が安い【アメリカの約1/2の大学も】

カナダは他国への留学と比べると学費を低く抑えられます。なぜなら、カナダは公立の学校が多いためです。

例えば、カナダにと同じように人気留学国のアメリカと比較すると、アメリカ大学の授業料1年分の相場平均が60万~240万円、カナダは73万~100万円です。さらに、カナダはアメリカに比べると物価も低く、経済的な不安は少なく生活できるでしょう。

生活費も含めるとカナダ留学は日本の大学に通う場合と同じくらいとも言われています。学費を抑えて、大学留学したい方にカナダは最適です。

治安が良い

カナダは治安が良く、安心して生活できます。なぜなら、世界的に見てもカナダは安全な国であるためです。

例えば、世界平和度指数2021年版ではカナダがランキング10位でした。また、2017年世界でもっとも安全な都市ランキングでもトロントが4位となり、カナダがいかに治安のいい国であるかが分かります。

また、移民が多い多民族国家なので差別問題も少なく、温かい人間性を持ったカナダ人に囲まれてのびのびと生活できるでしょう。治安が良く、生活環境が整っているカナダなら、思う存分勉強に励めます。

移住に繋がる可能性も

カナダで大学を卒業すると、現地に移住できる可能性が高まります。なぜなら、大学卒業後は就労ビザを取得できるためです。

例えば、大学を卒業した後に、現地に残って働きたい場合、最長3年間の就労ビザを取得できます。この就労経験があると永住権申請の条件を満たせる場合があり、移住に1歩近づけるでしょう。

カナダの大学で留学すると、日本で生活する以外にカナダに住める将来も期待できます。留学中に就労ビザや永住権の取得条件を調べ、将来の可能性を広げておくことも大切です。

まとめ

カナダの大学に留学するには、1年間の学費約100万円〜290万円、生活費は約月5万円〜12万円ほどかかる。
カナダに留学して大学に通う方法は、高校卒業直後に大学へ入学するか、カレッジから大学へ編入する。
カナダの大学留学の魅力は自由度が高いことや安い学費、治安が良いこと、永住権に繋がりやすいこと。

カナダに留学して大学に通うには、英語力の証明や高校、もしくはカレッジでの成績が重要です。比較的安く通えるカレッジから大学への編入も検討し、広い視野を持ってカナダの大学留学を計画しましょう。遠い目標に感じるカナダの大学留学も確実なステップを踏むことで必ず実現できます。まずはしっかり情報を集め、英語力を上げることから始めてください。

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. クラスで日本人が1人!!カナダのトロント留学体験談☆

  2. カナダで銀行口座を開設しよう!おすすめ銀行と口座開設の流れ

  3. 【徹底解説】失敗しないカナダ留学での携帯電話契約

  4. トロント国際映画祭へのボランティア参加 ここに来たからこそ気づけたこと

  5. カナダ留学できる高校は?費用や流れ&おすすめの高校6選を紹介!

  6. 【2020年最新版】カナダ留学1ヵ月の費用総額は?