閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

留学先での生活環境は重要!ホームステイ・ルームシェア・アパートを解説

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

留学に行くことを決めたら現地での滞在先をどうするのか、これはみんなが最初に悩むポイントです。留学に行く国によっても違いはありますが、王道なのはやっぱりホームステイ。また、そのほかにも友達とルームシェアをしたりアパートを借りて一人暮らしをしたりする方法もあります。

初めての留学だと「どれを選んだらいいの?」「メリット&デメリットが気になる!」と悩んでしまいますが、滞在先によってあなたの生活しやすさが大きく変わるので、住まい選びはとっても重要なことです。それぞれの滞在先には違ったメリット・デメリットがあるので、今回は滞在先別に詳しく解説してきます!

ぜひ、あなたの希望に生活スタイルに合った住居をみつけてくださいね。

留学先の生活はホームステイ?アパート?シェアハウス?

留学で快適な生活を送れるか、そうでないかは住居環境が大きく関係します。一人で過ごすのが苦手な人は一人暮らしではなくホストファミリーと一緒に生活できるホームステイがおすすめですし、自分の生活スタイルを貫き通したい人はアパートでの一人暮らしが良いでしょう。

留学先の国によって住居環境は違ってきますが、今回はアメリカやオーストラリアなどの英語圏での留学をモデルに解説していきますね。

1.ホームステイ

留学での滞在先といえば「ホームステイ」を真っ先に思い浮かべる人が多いと思います。留学の醍醐味ともいえるホームステイはホストファミリーと呼ばれる一般の家庭に混ざって生活をすることです。ホストファミリーから、その国の文化や風習を学べ、24時間英語漬けの生活が送れるので語学の上達は一番期待できますよ。

ホストファミリーと一緒にゴハンを作ったり、週末にはショッピングに出かけたり、その国でのあなたの家族になってくれます。クリスマスやハロウィンなどの本場のイベントを体験できるのも魅力です。

ただ、ホストファミリーもそれぞれで、必ずしも親切で良い人たちとは限りません。親切に世話を焼いてくれるホストファミリーもいれば「自分のことは自分でやって」という放任スタイルの家庭もあります。

もしあなたと相性が良くないホストファミリーだった場合、留学生活が辛いものになってしまうかもしれません。どうしてもホームステイの生活が辛いと感じたら、最初の数カ月はそこでお世話になって、そのあとは次に紹介するシェアハウスやアパートへの引っ越しを検討してみましょう。

2.シェアハウス(ルームシェア)

ホームステイの次に多い滞在先として、シェアハウスで誰かとルームシェアをする方法があります。日本ではあまり馴染みのない「ルームシェア」ですが、海外では一般的。家賃を折半できるので、費用を抑えられると留学生に人気があります。

学校の掲示板に募集が貼ってあったり、最近ではSNSを使ってシェアハウスの入居募集がされていたりするので、注意して見ておくと良い物件が見つかるかもしれません。

ホームステイよりも自由があり自分の生活スタイルを貫けますが、ルームメイトとの相性が悪ければ最悪です。あなたが勉強をしたくても、ルームメイトが毎日友達を呼んでパーティーするような人なら、ストレスが溜まって一緒には住んでいられなくなることも。

ただ一人で暮らすよりも英語を話す機会は増えるので、語学の上達は期待できます。もし、あなたが風邪をひいたり体調を崩したりしたときに、薬や食事を届けてくれるルームメイトの存在は大きいですよね。留学経験の1つとして、ルームメイトをつくってみるのも貴重なことですね。

アパート

そして最後はアパートを借りて一人暮らしをする方法です。ホームステイやルームシェアのように、誰かと一緒に住むわけではないので完全なる自由が手に入ります。住まいへのこだわりが強く、ストレスフリーで暮らしたい人には1番おすすめです。

ただし自分でアパートの契約をしたり、トラブル発生時には一人で対処しなくてはならないので、ある程度の語学力が必要になります。

また、家具は最低限の冷蔵庫・コンロ・電子レンジなどしか備え付けられていないことが多く、ベッドやデスクなどは自分で揃える必要があります。そのため費用は他の滞在先よりもかかるので、短期の留学ではもったいないでしょう。

治安が良くて学校や駅から近い場所であれば、さらに家賃は上がってしまうので、金銭的に余裕がある人じゃないと厳しいといえます。

留学前に抱える悩みを解消!海外生活の不安とは?

留学が決まったら「早く留学したい!」といったワクワクした気持ちと同時に「本当に1人で大丈夫かな…」という不安や心配もでてくると思います。

今回が初めての留学なら、それは当然のこと。他の留学生も同じように期待と不安を抱えて留学生活をスタートしていますからね。安心してください。

それでは留学前にみんながよく不安に思うことをみていきましょう。あなたが抱える悩みもあるかもしれませんよ。

ホームステイ先のホストファミリーと上手くやっていける?

よくある悩みで「ホストファミリーと上手くやっていけるか心配」ということが挙げられます。たしかに異国の地で初めて会う人たちと、いきなり生活が始まるので不安に思う人も多いでしょう。

ホストファミリーと良好な関係を築くために大事なことは「分からないことは自分から尋ねて家族の一員になれるように努力する」ことです。日本人は気を遣い過ぎて言いたいことも言えない人が多いのですが、それではダメ!

家庭ごとに門限やルールなどがあるので、しっかりと双方で確認をして、言いたいことはちゃんと言わないといけません。トラブルにならないように、普段からしっかりとコミュニケーションをとって交流しましょう。そうすれば、大切な家族の一員として受け入れてもらえますよ。

映画後下手だけど大丈夫?

「まだ英語が上手く話せないのに、こんな状態で留学しても大丈夫?」と語学レベルを気にする人がいますが、結論から言うと「自分次第で何とかなる」です。

もちろん留学前にできるだけレベルを上げておくことが大事ですが、日本人は中学・高校で最低6年間英語を学んでますよね。「間違ったらどうしよう」と思って口に出せないけれど、本当に必要最低限の英語はできるはずです。

「何とかなる」という気持ちでいれば、身振り手振りでもある程度は伝わるものですよ。

現地で友達ができなかったら

「留学先で現地の友達や他の国の友達をつくりたい!」と意気込んでいるけど「もし友達ができなかったら」と心配になる人がいます。友達がいないと孤独な留学生活を送らなければならないので、その不安な気持ち、よく理解できます。

しかし、他の留学生たちもあなたと同じ環境・同じ条件です。あなたと同じように友達がほしいと思っているでしょうし、一人きりで見知らぬ外国にやってきています。

あなたが積極的に行動すれば必ず友達はできますよ。たとえ英語が下手でも、元気よく笑顔で話しかけてみましょう。

ホームシックになったらどうしよう

元々一人で過ごすのが苦にならないという人はいいのですが、知り合いもいない外国で暮らすので孤独を感じてしまう人もたくさんいます。「ホームシックになって日本に帰りたくなったらどうしよう」と心配する声もよく聞きますが、今はインターネットが普及したお陰で簡単にテレビ電話もできますよね。

ひと昔前までの留学とは違って、すぐに家族の顔も見られるので大丈夫!そしてホームシックが不安なら、ホームステイが一番おすすめです!ホストファミリーは現地でのあなたの家族ですからね。

留学生活を思いっきり楽しむための4つのポイント!

留学生活を思いっきり楽しむためのポイントは、こちらの4つです。

留学に行く前は不安もあるでしょうが、留学生活が始まったら「やるしかない!」という気持ちが大事です。

「今」を大切に、最大限楽しむ。これを忘れずに過ごせば大丈夫です。

日本でしっかり貯金をしておく

せっかくの留学生活なのに、勉強だけをしていればいいとは思わないですよね。授業の後は友達とお茶をしたり、休みの日にはショッピングに出かけたり。長期休みには旅行にだって行きたくなるでしょう。

でも、お金に余裕がないと楽しめません。みんなと遊んだり旅行したり、現地での生活を満喫するためにも、留学前にできるだけ貯金をしておくことをおすすめします。外国でカツカツの極貧生活は結構辛いですからね。

日本で出来るだけ語学力をつけておく

先ほど「語学力がなくても大丈夫」とお伝えしましたが、それは「何とかなる」というレベルの話です。ある程度の語学力があるのと、無いのとでは留学生活を楽しめるかというポイントで大きく差がでます。

少しでもいいんです!今より少し語学レベルが上がるだけでも、現地の人たちとコミュニケーションがとりやすくなるし、自分自身もっと積極的に話そうという姿勢になるんです。その姿勢がさらに語学を伸ばしてくれます。

ぜひ留学するまでに、今よりレベルを上げてください。

時には日本人と交流する

「日本人とばかり行動していたらダメ」という言葉を聞いたことありますよね。日本人とかたまっていると日本語で話してしまうし、語学が伸びないからです。

しかし「時には」日本人と交流しましょう。なぜなら、全く日本語が話せない・日本人がいない環境に身を置くと、人によっては孤独を感じてしまいます。知らない間にストレスが溜まり、家に引きこもってしまう人や日本に帰りたいと心を病んでしまう人もいるんです。

ストレスを溜めないためにも、たまには日本人と会って悩みを打ち明けたり日本語で話したりしてストレス発散しましょう!

ただ気をつけたいのは「たまに会う」程度に留めておくことです。楽だからと常に日本人と一緒にいるようになると、語学力は伸びませんよ。

目標・目的をもって毎日を過ごす

留学に行くときは、留学期間が決められています。短期で行く人は数週間~数カ月、長期で行く人でも1年~数年と終わりが必ずありますよね。

あなたの人生の中で留学期間は本当に短く、あっという間に終わってしまいます。留学初期は「絶対に英語ペラペラになって帰るぞ!」と意識していても、慣れてくると目的を忘れてダラダラ過ごしてしまう人が実は多いんです。

限られた時間の留学生活を楽しく意味のあるものにするために、留学前に心に決めた目標・留学の目的を忘れずに日々の生活を送ってください。

まとめ

留学中の滞在先は、あなたの留学生活を左右する重要なポイントです。

今回解説したそれぞれのメリット・デメリットを考えて、ぜひあなたに合う滞在先を選んでみてください。

留学前は「人と一緒に暮らすのは抵抗がある」と言っていたのに、留学後には「みんなと一緒に暮らすのは楽しかった」と答える人が意外に多いので、勇気を出してチャレンジしてみてください。

長期の留学の場合は途中で滞在先を変えることもできます。実際に生活をしながら、もし不便を感じたら次の新しい住まいを探してみるのも1つの手ですよ。

あなたに素適な住まいがみつかりますように。

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. 憧れのスタバで働く。|留学生オンラインインタビュー

  2. たった2か月でTOEFLの点数を倍にしてまでもカナえたい夢とは?|夢カナ留学生体験談

  3. ホストファミリーとの英会話が最悪…でも、周りを変えるには、自分を変えるしかない!|留学生オンラインインタビュー

  4. 慶應ボーイがトロントで一人迷子に!?通りすがりに道を聞いた結果…|留学生オンラインインタビュー

  5. 留学で身に付くのは、「生き抜く力」。自分のファッションブランドを作るために、現地でファッションショーを。|留学生オンラインインタビュー

  6. 留学中にアルバイトってできる?ビザは必要?