閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

ワーキングホリデーを利用して資格の習得を目指そう!

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

「資格を習得したい」と考えている方もおられるでしょう。資格を習得するなら就職や転職などに有利になります。しかし、資格を習得するためには自分の狙った資格が習得できるようにする必要があります。

もし言語関係の資格の習得を目指すなら日本で勉強するのも良い方法ですが、30歳以下ならワーキングホリデーを利用して資格習得を考えることもできます。その内容について紹介していきましょう。

ワーキングホリデーの際に習得できる語学関係の資格とは

ワーキングホリデーを利用して資格の習得を考えることが可能です。しかし、「ワーキングホリデーの利用でどんな資格を習得できるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。ワーキングホリデーの際には以下のような資格習得を考えることが可能です。

英語検定

ワーキングホリデーで英語圏の国に行くなら、現地の英会話を学習することができます。現地では生活が全て英語であり、会話をするときは必ず英語を使います。相手の話を聞く際も英語なのでヒアリング能力を向上させることが期待できます。

英語検定は3級以上になるとヒアリング力も必要になるので、文章力以外のスキルも必要です。しかし、ヒアリングは英語を聞いていないと理解することが難しいため、日本ではヒアリング能力を伸ばすのは難しいです。

しかし、ワーキングホリデーで1年間英語の生活をしているなら、耳が慣れてくるので格段にヒアリング能力がアップし、上級の英語検定の習得を目指せます。

TOEIC

ワーキングホリデーを利用してTOEICの点数獲得を目指すことも可能です。ワーキングホリデーで英語圏の国に1年滞在すれば、英会話から多くの単語を学習することができます。

買い物や旅行、食事、仕事など、ワーキングホリデーの滞在中はいろいろなことを行うことができ、コミュニケーシを取る機会も多いため、日常生活で必要な英語を覚えることはもちろん、専門用語なども覚えることができる機会となります。

コミュニケーションする機会が増えれば当然自分の語学力もヒアリング能力も上がるので、ワーキングホリデーが終わって日本に帰ってきたなら、TOEICの点数も高得点を取れることが期待できます。

綺麗な発音や正しい英語の使い方も分かるので、語学力を伸ばすことができるでしょう。

TOEFL

TOEFLは世界130カ国で採用されている英語試験です。TOEFLは日本ではなく世界基準となっており、特にアカデミックな英語に特化しているので上級者向けの資格と言えます。

ただ、TOEFLの点数が高いなら海外での就職や進学に有利になるほど、価値の高い資格なので将来海外で就職することを考えているなら、持っておくことがおすすめです。

難易度が高い資格ですが、ワーキングホリデーで語学力を上げることができているなら、リスニングやリーディングを行う際も高得点を得やすくなるはずです。

現地でネイティブの英語に慣れているなら日本の変なクセが付いていない分、リーディングもより正確に発音しやすくなるからです。TOEFLで高得点を目指すなら英会話よりもワーキングホリデーによる現地での語学力向上がおすすめです。

IELTS

IELTSは世界的に権威のある資格であり、欧州での進学や就職のときに英語力を証明させることができます。また、オーストラリアやニュージーランド、カナダで永住権を取得するときにはIELTSの得点が高いことが条件となっています。

IELTSの取得はアカデミックモジュールとジェネラルモジュールがあり、一般的な英語の測定ではジェネラルモジュールを受験します。難易度は高く高得点を目指すにはかなりの英語力が必要ですが、ワーキングホリデーで発音や単語、ヒアリング力を向上できていれば、有利になることは間違いありません。

ワーキングホリデーを終えた際に、ネイティブのような発音で英会話ができるようになっていれば、高得点も期待できます。

ケンブリッジ検定

ケンブリッジ検定は日常英語のレベルを測るのが目的の検定です。ケンブリッジ検定を持っておくなら基本的な日常会話を英語で障害なくスムーズに取れることが証明できるので、持っておくと外資系の会社に就職する際に有利です。

日常会話でコミュニケーションを取るくらいであれば、ワーキングホリデーはかなり有利と言えます。1年間現地滞在すれば基本的なコミュニケーション能力は身に付けることができるので、帰国した後にケンブリッジ検定を受ければ高確率で合格できるはずです。

ケンブリッジ検定はTOEICやTOEFLのスコア判定ではなく、合否による判断なので合格すれば資格として一生使用することができます。ワーキングホリデーを利用して習得を考えてみてください。

ワーキングホリデーを利用して趣味に特化した資格習得も行える

ワーキングホリデーを利用して資格の習得を狙うことができますが、語学関係以外の資格を狙うことも可能です。ワーキングホリデーの際に狙うことができる趣味を生かした資格には以下のようなものがあります。

スキューバダイビング

ワーキングホリデー中にスキューバダイビングの資格を習得することができます。海外のリゾート地や観光地でスキューバダイビングをするには資格が必要になりますが、この資格は日本ではなく海外の資格でも問題ありません。

現地ではPADIなどの資格を習得したなら、他の海外でインストラクターと活躍できることはもちろん、日本でもスキューバダイビングのインストラクターを行えます。スキューバダイビングを趣味としているなら、ワーキングホリデー中に受験をしてみることが可能です。

大体16日前後が一般的となっており、日数はそれほど必要ありません。オーストラリアなどにワーキングホリデーに行けば資格が取れるので考えてみてください。

バリスタ

ワーキングホリデーでもしオーストラリアを選んだなら、バリスタの資格を取得することができます。バリスタのコースは複数の語学学校で短期コースとして開催されており、コーヒーの入れ方やラテアート、接客英語を学習することができます。

ワーキングホリデーの期間を利用してバリスタの学校に通い資格を習得できれば、オーストラリアでバリスタの仕事をしながら収入を得ることができ、同時に英語の学習も行えます。

さらに、ワーキングホリデー終了後に日本でバリスタとして仕事を行うことも可能です。もし、コーヒーをが好きな方であればワーキングホリデー中にバリスタの資格取得を行うこともおすすめです。

ウェディングプランナー

ワーキングホリデーの際にウェディングプランナーの資格を習得するのも良い方法です。海外ではウェディングプランナーの学校があり、コースを受講することで資格の習得を行えます。

ウェディングプランナーのコースを受講することで欧米風のウェディングの内容や由来を知ることができ、お客様のウェディングへの意気込みなども学習することが可能です。

もし、ワーキングホリデー中に資格の習得を行えたなら、現地でウェディングプランナーのアシスタントなどをして経験を積み、帰国後にはワーキングホリデーとプランナーの資格から就職や転職の際にアピールすることが可能です。

ウェディング業界では海外の経験も重宝しているところがあるので、自分のキャリアアップのためワーキングホリデーを活用してみましょう。

ワーキングホリデーの間に資格を習得するためのポイント

ワーキングホリデーの際に資格の習得を目指すことができますが、しっかりポイントを確認しておくことが大事です。ワーキングホリデーで現地に行っただけでは資格の習得にはなりません。以下の点を確認して資格の習得を行えるようにしましょう。

学校に通って勉強する

ワーキングホリデーの際に学校に通うことは良い方法です。自分の目的に応じて学校に通うなら、より正確な知識を得ることができるので、資格習得が有利になります。

もし英語関係の資格を習得したいなら、語学学校に通ってTOEICやTOEFLの対策を行うことができますし、バリスタやスキューバダイビングも同じく受講することで資格習得を行えます。

漠然と海外の生活を行うよりは学校に通ったほうが勉強のモチベーションも上がりやる気を持続させることができます。もし、英語が全くできない人や苦手な人はまず語学学校に通って自信を付けるのもおすすめです。

コミュニケーションをしっかり取る

コミュニケーションを積極的に取ることも大事です。ワーキングホリデーでは現地で1年間生活することができますが、語学力の向上が自分次第です。語学は勉強することも大事ですが、会話を取ってコミュニケーションを取ることも大事なので、積極的にコミュニケーションを取るようにすべきです。

コミュニケーションは仕事をすることやボランティアに参加すること、また現地で仲良くなった人と一緒に遊ぶなど、人と接してコミュニケーションを取ることが大事です。コミュニケーションをしっかり取るならヒアリング能力も向上し英会話の際も綺麗な発音で行うことが可能です。ワーキングホリデーを利用してとにかくいろいろな人と話すようにしましょう。

スキル習得できる職場で働く

ワーキングホリデーは現地で仕事をすることが可能です。もし、資格の習得を行いたいなら、資格に関係のある職場で働くこともできます。

例えば、バリスタの資格習得をしたいならカフェで働くことができますし、ウェディングプランナーであれば、結婚式場でアシスタントとして働くこともできます。

ワーキングホリデーで学校に通って英語学習を行いながら、仕事も行うなら英語力の向上とスキルの習得の経験両方を行うことができます。英語以外の資格も習得したいなら、計画を練って経験を積むことを考えてみましょう。

ワーキングホリデーの資格のまとめ

ワーキングホリデーを利用して有利に資格の習得を行うことができます。特に英語関連の資格は現地で英語の学習をした方が効率よく学習できます。ぜひ、ワーキングホリデーを活用した資格の習得を考えてみましょう。

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. ただの理系大学生がワーホリに来た理由

  2. ワーホリの年齢制限が丸分かり!31歳以上が長期滞在する方法も解説

  3. 高校生が短期留学するメリットとは?おすすめの国や留学前の心構えを解説!

  4. 不登校だった中学2年生。母親の勧めでニュージーランドの高校へ! 

  5. 【ワーホリ国選びのポイントは?おすすめ8カ国を徹底比較 】

  6. オーストラリアのワーキングホリデーの年齢は何歳まで?35歳まで可能?