閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

オーストラリアのワーキングホリデーの年齢は何歳まで?35歳まで可能?

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

ワーキングホリデーで海外に一度は住んでみたい!でも一体何歳までビザ取得ができるんだろう?と気になりますよね。
ワーキングホリデービザを取得する国によって、多少は異なりますが基本的な年齢は【18歳〜30歳】までという年齢制限を設けています。
30歳までとなっていますが、31歳の誕生日を迎える前日までにビザを申請することができます。
オーストラリアのワーキングホリデーの年齢は何歳までなのか?
早速その疑問についてみていきましょう。

ワーキングホリデーには年齢制限がある

ワーキングホリデーの制度には年齢制限が設けられていて、誰でも取得が可能なわけではありません。滞在先の各国によって多少異なることもありますが、基本的には【18歳〜30歳】までとなっています。これは、協定国の各国や地域がお互いの生活様式や文化を深め理解する機会を、青少年に提供することを趣旨としているためにこの年齢制限が設けられています。言わば「青少年の交流」が目的です。

オーストラリアのワーホリの年齢は何歳まで?

オーストラリアのワーキングホリデーの年齢は現在30歳までです。一部のニュースやメディア、SNSでは「オーストラリアのワーホリビザが35歳までに引き上がった」という情報もあり、「31歳過ぎてワーホリ諦めてたけど行けるのかな!?」と思った方もいらっしゃると思います。しかし、残念ながらオーストラリア政府からは正式な発表はなく、一部国のみ(2021年現在カナダ、フランス、アイルランド)が、35歳まで許可されています。今後日本も許可される可能性が0ではないですが、しっかりと正しい情報を得るようにしましょう。
いつまでに申請すればいいのか
“もう30歳だから申請できないかも!?と思った方もまだチャンスはあります。厳密には31歳の誕生日を迎えるまでは申請することが可能です。大げさに言えば誕生日を迎える前日までに申請すればいいということになります。ただし、31歳までに受理されなければいけませんのでやはり直前での申請はあまりオススメしません。
ギリギリになってバタバタとしないようにしっかりと事前に準備し、早めに申請するようにしましょう!

ワーキングホリデー制度とは

実際にワーキングホリデー制度ってどういうこと?と思う方も多くいらっしゃるかと思います。
主な趣旨は、青少年が各国の文化を理解するため、交流を深め二国間の相互理解を深めるとためにこの制度がスタートしました。
今ではこのワーキングホリデーの協定を結んでいる国は26カ国の国・地域にも及びます。この各国間との取り決めに基づいて、休暇目的の入国や旅行、滞在資金を補うための就労が認められています。
1980年12月に始まったワーキングホリデー制度ですが、実は一番最初にこの制度を結び始まったのはオーストラリアなんです!すでに40年もの間この協定が結ばれているわけですね。
海外旅行や語学留学とは違い、長期滞在が認められている上に就業も可能というとても魅力的なビザです。18歳〜30歳までの日本国籍を持つ人であれば、協定を結んでいる国に最低でも1年は滞在することができます。通常、長期滞在も可能な海外留学や語学留学は基本的に就業されることが許されていませんので(一部例外の規定もあります)、働きながら語学を勉強したり、旅行ができるのはとても魅力的なのではないでしょうか。
ただし、各国で一度だけ取得が可能なので、一度ワーキングホリデービザを取得した国には再度申請することはできません。しかし、他の国へのワーキングホリデービザの申請は可能なので、一年後また違う国へワーキングホリデー制度を利用して別の国に滞在することもできます。また、ワーホリが終了した後はワーホリ以外のビザを使って渡航することは可能です。

ワーキングホリデーの活用

せっかくワーキングホリデー制度を使って長期滞在するならば、思いっきり活用して海外ライフを楽しみましょう。
もし、語学に不安があればまずは語学学校に通ってみたり、ボランティアをして語学に慣れるのもいいでしょう。語学に自信がある方は現地の仕事に挑戦し、実践的な語学を身につけていくこともできます。
もし、十分に貯金があってしばらく働かなくてもいいのであれば、旅行しながら現地の方と交流するのもその国の文化に触れられることができ、これからの貴重な経験をすることができます。
海外に憧れてやってきたけど日本人のコミュニティの中にばっかりいると、語学も上達しませんので勇気を出して海外の方と交流することをお勧めします。
実際に私も海外留学をしてましたが、日本人ばかりで集まってしまうことが多く思ったより語学が上達しなかった。。ということもありました。
海外の方は、私たちがその国の母国話者出ないことは十分わかっていますので、多少間違っても気にせずに接してくれます。
ですので、積極的に現地の方と交流して海外ライフを楽しみましょう!

語学学校に通う【オーストラリア 編】

やっぱり語学が不安だからとりあえず語学学校に通いたい!という方もいるかと思います。
オーストリアのワーキングホリデービザでは4ヶ月までの語学留学が可能です。もちろん、とりあえず英語に慣れたい!という方はもっと短い期間で受けれるプログラムを選んで語学学校に通うことも可能です。

語学学校に通うメリットは
・その国の言語を毎日勉強でき、語学が向上、話すことに抵抗がなくなる
・いろんな国の方が来ているので、グローバルな友だちがたくさんできる
・クラスで友だちができるので、生活していく上で寂しさがない

海外生活は思ったよりも孤独を感じたり、辛くなったりするときもあります。
ですので、語学学校で友人ができるのはとても大きなメリットだと感じます。
語学学校は授業料が高いというイメージがある方もいらっしゃると思いますが、都市部では語学学校が増え競争化して安いところもあります。
各学校によって特徴がありますので、よく調べて自分にあった学校を選ぶことをオススメします。

仕事をする【オーストラリア編】

ワーキングホリデーの一番の魅力は海外で働くことができるという点です。ある程度英語に自信があったり、少し英語力に不安はあっても働いてそこで語学力もあげていきたい!という方は、積極的に応募してみましょう。
実際どういったところで働けるのか気になりますよね?
簡単な例を載せますのでぜひ参考にしてみてください。

【ローカルジョブ】
いわゆるネイティブの人たちが働いている職場です。すでに社会人経験がある方で、語学力に自信がある!という方はぜひローカルジョブにチャレンジしてみましょう!オフィスやカフェ、レストラン、ショップなど選択肢がとても広がります。
また、日本ですでに経験があると採用されやすい傾向にあります。
語学学校とはまた違って、現地のリアルな英語の言い回しを身につけることができます。

【日本食レストランやファーム】
もし「ちょっと語学力に自信がない」という方は日本食レストランやファームからスタートしてみてはどうでしょうか。
日本食レストランであれば、日本人スタッフが在籍していることも多いので困っていることがあったら相談しやすいです。また同じ日本人と一緒に働いているということで安心感もあります。
ファームは実はこの先で重要なポイントになる職場です。日本人はもちろん、同じように他の国から来ている海外の方もいるので多少英語が苦手でも大丈夫!この重要なポイントは後ほど説明していきます。

オーストラリアは一年以上滞在も可能!?

オーストラリアの魅力にハマったら誰もが「もっとオーストラリアに住みたい!」と思うのではないでしょうか。実は一年以上滞在が可能な方法があるのをご存知ですか?それはセカンドビザと言われているビザです。
最初のワーキングホリデービザの延長ができ、さらに一年オーストラリアに滞在することが可能です。ただし、条件もありますので気をつける必要があります。また2019年7月からはサードビザもスタートし、最長三年オーストラリアでのワーキングホリデーが可能です。

セカンドビザの取得するために1年目に必要なこと

最初のワーキングホリデービザを再び申請でき、また1年間延長される制度です。このセカンドビザを取得するにはいくつか条件があり、最も重要なのは1年目の時に、政府指定地域・職種で88日間(3ヶ月間)働く必要があります。
ですので、もしセカンドビザを視野に入れている場合は必ず、1年目の時にこの条件をクリアしておく必要がありますので気をつけておきましょう。
なおこの指定職種のうち、多くの人はファームで働くことが多いようです。
なぜなら、ほとんどの場合経験が必要なく、年間を通して仕事があるなどが理由です。実際にオーストラリアにワーホリで滞在している人に話を聞くと、「ファームで働いた」「ファームによって労働量も違う」という風に聞きます。ファームで働こうと思っている方は、働くファームによって仕事内容が違ったりするのでよく調べて仕事を見つけましょう。

セカンドビザに必要な条件は

指定された仕事に3ヶ月従事した証明以外に必要な他の条件ですが、基本的には最初のワーキングホリデービザを取得した時とほぼ同様になります。
ここで気をつけなければいけないのは【年齢】です。セカンドビザを申請するときも【18歳〜30歳】までという制限があります。ですので、最初のビザ取得の際に「31歳になる直前で申請した!」という人はセカンドビザを取得するのは難しいでしょう。

また以下のような条件や書類なども必要になります。

・ビザ申請費用 495AUD
・オーストラリアのファーストワーキングホリデービザを取得している
・子を同伴しないこと
・ビザの有効期限が切れてから28日以内
・国が発行している有効なパスポート

こちらの情報については状況によって変わっていく恐れがありますので、必ず最新の情報を得るようにしてください。

ワーキングホリデーには年齢制限がある【まとめ】

実際にオーストラリアのワーキングホリデーの年齢は何歳までなのかを紹介していきました。
いかがだったでしょうか?

ワーキングホリデーで海外に一度は住んでみたいと思ってた方も、何歳までビザ取得が可能なのかがわかったかと思います。
ワーキングホリデービザを取得する国によって、多少は異なりますが基本的な年齢は【18歳〜30歳】までという年齢制限がありますので
これからビザ取得を考えている方は、31歳の誕生日を迎える前日までにビザを申請しましょう!

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. 長期留学ができるのは学生だけだから!就活を辞めてワーホリに行くことを決めました☆

  2. 僕が体験した人種差別|武尊のワーホリ日記

  3. バイトを3つ掛け持ちし、自分で費用を貯めてワーホリを実現!

  4. 高校生が短期留学するメリットとは?おすすめの国や留学前の心構えを解説!

  5. コンコーディア国際大学 Concordia International University

  6. ワーホリに行く人は必見!費用を節約する方法を体験者がお伝えします