閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

【2020年最新版】カナダ留学1ヵ月の費用総額は?

留学先として人気の高いカナダ。広大な土地と、自然豊富な環境。比較的治安が良く、初海外でも住みやすいのが特徴です。カナダ英語は “英語のなまり” というものが全くなく、クリアできれいな発音を習得できます。勉強には持って来いの環境です!

治安や英語環境も大事だけれど、やはり一番気になるのが「留学費用」ではないでしょうか?コスト最優先で留学先を決めたい!と思う方もいらっしゃるかと思います。

そこで、今回は皆さんに留学費用について分かりやすくお伝えできるよう「カナダ語学留学1ヵ月」をシミュレーションし、渡航前や滞在中にかかるコストの内訳とそれぞれの費用を詳しく紹介します。

加えて、私のトロント留学経験をもとに実際の1ヵ月の出費額をお伝えします。

1.カナダ語学留学1ヵ月のトータル費用はいくら?

初めに、カナダ語学留学1ヵ月の合計金額はいくら必要なのか?平均相場を一緒に見てみましょう。

航空券往復9~18万円
空港送迎費1万円~2万円
海外保険2万円~5万円
VISA0円
※eTAの取得に7ドル(約600円)
入学金1万円~2万円
授業料8万円~15万円
教材費5,000円~1万円
滞在費5万円~12万円
食費3万円~7万円
交際費1万円~5万円
携帯電話料金7,000円~1万円
交通費5,000円~1万円
合計317,000円~690,000円

こちらはあくまでも最低価格~最高価格をもとに計算しています。食費や交際費など、節約できるところを抑えれば大抵の場合、合計額は40万~60万が目安になります。

しかし、実際には留学費用の大金を一度に支払うのではなく、期間ごとに必要な額を支払うことになります。

通常、留学費用の支払うタイミングは「渡航前」「留学中」の2つに分けられます。

そこで、タイミング事に費用を分け、詳しく内訳を見ていきましょう。

2. 渡航前にかかる費用と内訳

航空券「往復9~18万円」

航空券はシーズンごとに値段が変わります。カナダは夏に旅行客が集中するため、6月~8月は最も高く11月~12月は最も安いのが特徴です。

航空券を安く手に入れるには?

夏頃に渡航する場合、GW明けから6月に入るまでの期間がねらい目です!GWで値上がりした金額が、明けになると一旦落ち込みます。さらには、各航空会社のホームページを見てみると、セールや割引を行っている場合もあるので、購入前にサイトをチェックすることをおすすめします。

【注意】

1ヵ月留学の場合、航空券を往復で購入するすることをおすすめします。なぜなら、VISAのない入国では渡航目的がはっきりしていないため、入国審査でトラブルになる可能性があります。 往復航空券を購入し、「私は〇〇日に帰国します!」という証明を準備しておきましょう。

空港送迎費「1万円~2万円」

空港送迎サービスは約1万円以上かかるのが一般的です。やや高く感じるかと思いますが、大きい荷物を持ちながら迷子になるよりも、安全な選択をおすすめします。私の経験上、長時間のフライトと時差により、自力で滞在先に向かう気力はありませんでした…。

海外保険「2万円~5万円」

1ヵ月の場合、相場は2万円~。シニアプランは高くても約5万円になります。万が一のトラブルに備えて海外保険は加入しましょう。

ここでも私の経験談ですが、カナダのバンクーバーでお財布とパソコンを盗まれたことがありました。(しかも語学学校内で…)その際も、海外保険に加入していたおかげで帰国後に全額バックされ、ほっと安心したことを覚えています。

eTA「7ドル(約600円)」

Canada Visa Approved with Rubber Stamp and flag

1ヵ月のカナダ滞在には事前に観光ビザの手続きが必要ですが、日本のパスポート保持者であれば、申請は不要。しかし、eTAと呼ばれる渡航認証手続きが必要です。渡航前に必ずオンラインにて事前申請をしておきましょう。1回7ドル(約600円)をクレジットカードにて支払う必要があります。

空港では必ずeTAを取得済みか確認されます。無いと入国ができないので忘れないように気を付けて下さい。

入学金「1万円~2万円」

語学学校の入学金は1万円~2万円が相場となります。

※別途、授業料と教材費が必要になるので、念頭に入れておくことが必要です。

授業料「8万円~15万円」

語学学校1ヵ月の授業料は8万円~15万円が目安です。学校や履修するコースによって金額が異なるので、学校を決める際の一つのポイントとなるでしょう。

※中には「1ヵ月の授業料が5万円以下」の格安語学学校もあります。金額だけで決めるのではなく、学校の雰囲気や生徒の勉強姿勢など、自分が集中して勉強できる学校を選ぶことをおすすめします。現地の語学学校をよく知る留学エージェントに相談するのも一つの手段です。

教材費「5,000円~1万円」

教材費は週ごとで値段を設定している学校が多いです。私が通っていたKAPLAN という学校では「約800円/週」1ヵ月約3,200円の計算になります。

滞在費「5万円~20万円」

留学生が主に宿泊する先として「語学学校の寮」「ホームステイ」「シェアハウス」の3つが上げられます。金額を比較すると、寮>ホームステイ>シェアハウスの順番で家賃が高くなります。

語学学校の寮:10万円~20万円

語学学校の提携する寮は季節により価格が変動します。ピークシーズン(4月~8月)には価格が倍になったり、3ヵ月~6ヵ月前に満室になる傾向があるので予約時点で金額をチェックし、空室があるか確認が必要です。

ホームステイ:7万円~10万円

ホームステイは、3食付きで約7万円~10万円の費用になります。帰宅してからも英語が話せる環境は留学生にとってはとても大切ですよね。ホームステイ先によっては、週末に一緒にお出かけしたり、BBQをしたりと、学校とはまた違った交流を楽しむことができます。

シェアハウス:5万円~7万円

一番費用を抑えることができますが、食事は自炊になります。また、ダウンタウンのコンドミニアムなど、立地と快適さを重視した場合、7万円以上する物件もあります。

費用を抑えつつも英語環境を重視したい方はホームステイがおすすめ!

ホームステイの最大のメリットは、ホストファミリーとの思い出が作れるということです。1ヵ月という短い期間でいかに現地での交流を増やすかが重要だと思います。費用は寮に比べて節約することができるだけでなく、英語環境を学校外でも維持したい方におすすめです。

3.滞在中にかかる費用と内訳

滞在中は主に現地の生活費用が必要となります。他にも交通費や携帯電話料金など、日本での一人暮らしを想定するとイメージが掴みやすいかと思います。

カナダの物価について

カナダの物価は、日本に比べて驚くほど高いというわけではありません。日本の金額より1~2割高くするとカナダの物価価格になります。レストランなどで外食をした場合、チップを払うことが必要になりますので体感としては高いっ!と感じることもあるかと思います。

食費「3万円~7万円」

自炊やホームステイ先のご飯を食べることで節約をした場合は、約3万円に費用を抑えることが可能ですが、現地のレストランやカフェに足を運んでみるのも留学生活の楽しみになります。

交際費「1万円~5万円」

ここでの交際費は現地生活での娯楽費を指します。主に、観光費や友達との交友費、お土産代などです。人それぞれにもよりますが、カナダは日本よりも物価が高いので、油断していたら結構お金を使っていた?!なんてこともありうるので注意が必要です。

携帯電話料金「7,000円~1万円」

1ヵ月留学の場合、現地で携帯契約をする必要はほとんどありません。携帯電話使用方法としては、今お使いの携帯をカナダに持って行き ①プリペイド式SIMカードを挿入して使う ②公共WI-FIを利用する  ③WI-FIルータ―をレンタルする。の3つの方法があります。

詳しくはこちらの記事をご参考ください。

【徹底解説】失敗しないカナダ留学での携帯電話契約

いずれの方法の費用としては7,000円~1万円がかかる目安となります。

交通費「5,000円~1万円」

日本は1~2駅ごとに料金がアップしますが、カナダの電車やバスは、エリアごとに料金が変わったり、時間制で料金が発生するパターンがあります。1回の乗車にかかる交通費は約250円です。

例えば、トロントでは1回の乗車は約250円ですが、初めの乗車時間から2時間以内はバスも乗り換え放題です。

交通費を節約するには?

学校に通うため毎日のように電車に乗る場合は、1ヵ月乗り放題のチケット購入をおすすめします。

例えばトロントのTTCという交通会社は「Monthly Metropass(マンスリーメトロパス)」というチケットを提供しています。1ヵ月乗り放題で約13,000円です。1回の乗車250円を登校と帰宅で1日に2回支払うとして、250円×2回=500円が1日に支払う金額。1ヵ月30日と単純計算しても500円×30=15,000円と、マンスリーメトロパスを購入する方がお得になります

4.実際に経験したトロント語学留学1ヵ月の費用

上記では、想定される1ヵ月の留学費用の相場を紹介しました。「かかるべき費用は大体わかったけれど、イメージが掴みにくい」という方のために、私が実際にトロントの語学学校に通った際の1ヵ月の支出をもとに、お伝えしたいと思います。

今回はカプラントロント校を例に紹介します。授業は半日で終わるコース。カプランは他校と比べて授業料が高いと有名ですが、生徒のみんなは学校終わりも図書館などで勉強するような真面目な生徒が多い印象でした。(クラスアップの試験にみんな必死であったため..)

航空券往復150,000円(7月出発)
空港送迎費10,250円
海外保険23,200円
入学金15,000円
授業料131,000円
教材費3,500円
滞在費(ホームステイ3食付き)7,000円
食費37,000円
交際費35,000円
携帯電話料金(公共WI-FIを使用)9,000円
※留学中の日本での携帯料金支払い
交通費13,000円
合計約43万円

私のライフスタイルとしては、朝・昼・夜ともホームステイ先のご飯を食べることが多かったのですが、週に2~4回外食をしていました。観光をするときもあったので、平均して1日に約15ドル(約1,500円)出費していました。

勉強場所として学校や図書館を使用していたのも節約につながったと思います。

5.まとめ

以上、カナダ語学留学1ヵ月の費用相場でした。

今回紹介した留学費用はあくまでも平均相場になります。語学学校や滞在先によって費用は大きく変わるので、自分の予算と相談しながら留学プランを決めるのも良いでしょう。

また、留学エージェントに無料見積もりをしてもらうのも、留学費用を知る一つの手になります。専門家に相談することで留学費用を安くするコツを教えてくれます。

留学費用を安くするコツについては以下に詳しく紹介しているので、参考にしてみて下さい。

留学費用の平均相場はいくら?受給できる奨学金と安く抑えるコツ

カナダは日本に比べて物価が高いので現地のカナダ人も外食を控える人が多かったです。語学学校内では、水筒を持ち歩いて節約する方も多く見かけました。

滞在中の生活費は自分の生活スタイルによっても変わります。費用を抑えるところは抑え、1ヵ月間思いっきり留学生活を楽しんでいただきたいです。一生の付き合いになる素敵な友達をぜひ作ってみてください!

関連記事

  1. 慶應ボーイがトロントで一人迷子に!?通りすがりに道を聞いた結果…|留学生オンラインインタビュー

  2. 外資系企業内定者がこっそり教える留学準備で一番大切なこと。

  3. バイトを3つ掛け持ちし、自分で費用を貯めてワーホリを実現!

  4. 海外で自分のファッションブランドを立ち上げたい!夢を叶えるためにアメリカ留学を決意!

  5. カルガリーへ留学。決心してよかった!バンクーバー,トロントは選ばなかった!?!?カルガリーを選んだ3つの理由 |留学生オンラインインタビュー

  6. 大好きなイギリス舞台を堪能。英語しか使わない幸せな留学生活!|留学生オンラインインタビュー