閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

【体験談】カナダのシェアハウス探し方・入居方法

ワーキングホリデーや長期留学者に人気な「シェアハウス」。カナダでは一般的な住まいであり、シェアハウス型住居がたくさんあります。

ホームステイに比べて家賃が安い!自分の好きなものが食べられる!ネイティブスピーカーと暮らせる!といったメリットがある点、注意するべき点が多数あります。

今回は「シェアハウス探しが初めて」という方必見、ベストな物件の見つけ方、入居手順、シェアハウス生活体験談をご紹介します。

【目次】

1.シェアハウス探しはカンタン?大変?!

2.シェアハウスの見つけ方

3.シェアハウスを決める際のポイント

3.1 家賃について

3.1.1 デポジットとは?

3.2 光熱費・インターネット代は家賃に含まれているか?

3.4 部屋・水回り

4.シェアハウス入居手順

5.シェアハウス生活 in Toronto

6.まとめ

シェアハウス探しはカンタン?大変?!

結論から言いますと...

シェアハウス探しのタイミング(時期)によります!

夏)7月~9月 → 早めの物件探しを!

一番難しい時期です。 カナダの大学生が夏休みが終わるタイミングで帰国し始めてくるので、 シェアハウス物件が入居者ですぐに埋まってきてしまいます。

もし、7月~9月中に引っ越しをしたい方は、5月~6月辺り(2ヵ月前)に物件探しスタートをおすすめします。

実際、私も9 月に引っ越そうと思ったのですが、ホストマザーに「It’s the worst timing!」この時期は一番大変だよ!と言われ、9 月中の引っ越しを断念したことがあります...

冬)11月下旬~3月 → 雪で移動が大変

入居者募集のシェアハウス物件は多数ありますが、なによりも引っ越しの移動が大変です。カナダは寒い国として有名ですが、冬は極寒(最低気温-25℃なんてときも)、風が強いです。雪の中をスーツケースでゴロゴロ..なんてしたくはないですよね。

シェアハウスの見つけ方

⒈Webサイトから探そう

最も一般的な方法として シェアハウス探し用 Web サイト から探します。

日本語対応おすすめサイト

JPカナダ

e-maple

部屋の写真が載っているので、内装はどうなっているのか想像が付きやすいです。カナダ全域(バンクーバー、トロント、ヴィクトリアなど)の物件が一度に検索できます。

英語のシェアハウス検索サイト

Kijiji(キジジ)

【注意】

中には、部屋が異様に汚かったり、ロケーションが悪かったりと、詐欺に近い部分があるので、価格が安いからと言ってそれだけで決めないこと。大体$650~$900/月(日本円で約5万円~7万円※)が相場です。$400/月(約3万円※)で提供しているところはドミトリーでない限り、怪しいと思っても良いかもしれません..※2020年5月現在のおおよそのレート

2.友人や先生などの紹介から見つける

知り合いからの紹介で物件を探す裏ワザがあります。

例えば

・シェアハウスを退去する友人からそのまま部屋を引き継ぐパターン

・語学学校の先生の紹介で入居するパターン

語学学校の先生は現地に長年住んでいるため、良いシェアハウス先の情報を知っている場合が多いです。シェアハウスを探していると相談するのも一つの手です。

シェアハウスを決める際のポイント

これから何ヵ月も住む大事なお家です。快適に留学生活を送れるよう4つのポイントをまとめました。

1. 家賃について

家賃は大抵、月額払いです。日本の場合、入居に伴って敷金・礼金を払いますが、カナダにも入居前に家賃(初月家賃)+デポジット(退去月家賃)を払わなければならない場合があります。

デポジットとは

カナダの物件探しで最も重要なデポジット。日本でいう敷金(保証金)のようなものです。

通常1ヵ月分の家賃代がデポジットとなります。そのため。入居時には入居月家賃+デポジット、つまり2ヵ月分を支払います。※オーナーとの契約によりデポジットがない場合もあります。

退去時にデポジットは家の修理費を除いて返却、または最終月家賃代にあてられます。退去月は何も支払わなくてOKということです。*最初の契約時に多めに払っておくといったイメージですね!

2.光熱費・インターネット代は家賃に含まれているか?

大抵のシェアハウスでは「光熱費・wi-fi」が家賃込みなところがほとんどですが、まれに別料金で提供しているところがあるので注意が必要です。

*補足

その他にも、キッチン用品(食器・洗剤・料理器具)やトイレットペーパー込みのお得な物件もあるのでぜひチェックしてみてくださいね。

3.部屋・水回り

―お部屋について

実際に内覧に行く場合は次の点を注意してみてください。

・家具が一式そろっているか?(ベッドの布団やマットレスが付いていない場合があります)

・部屋に破損や汚れている個所はないか?

・wi-fiの繋がりは良いか?

・冷暖房はちゃんと完備されているか?(冬の寒さは特に暖房がないと我慢できないくらい寒いです。ヒーターが機能するか確認しておきましょう)

―水回りについて

シェアハウスごとに使用時間や回数制限を設けている場合があります。事前にオーナーに伺っておきましょう。

・キッチンやお風呂の使用制限があるか?

・洗濯機の使用回数/週の制限はあるか?(洗濯機が無料でなかったり、家に備えついていない場合もあります)

シェアハウス入居手順手順

では、実際にシェアハウスに入居してみよう

ステップ⒈)オーナーにアポを取ろう。早い者勝ちで家が決まる!

⒈オーナーにアポを取る

例えば、e-maple のサイト上にオーナーのメールアドレス・電話番号が掲載されているので、そちらに連絡をし「いつ内見に伺いたいのか」連絡します。中には日本語が通じる方もいらっしゃいますが、基本的には英語で交渉をします。「I’m looking for a share house.  Is it possible to arrange an appointment to view the place tomorrow ?」シェアハウスを探しているのですが、明日内見に伺ってもかまいませんか?など。

2. 電話やメールで連絡をするときには、聞きたいことをすべて聞いてしまおう !

いつ頃から入居できるのか?どのくらいの期間入居できるのか?家賃はいくらか?等質問します。あらかじめ、Webサイト上にも説明してはありますが、必ずWeb上の情報と合致しているか確認しましょう。

オーナーとの契約条件に合えばOKです!内見が決まっても、事前に入居希望者がいたらそこで契約が決まってしまう可能性もありますので、時間との勝負がカギです!!

ステップ2.)さっそく内見に行ってみよう!!

内見日が決まったら、直接お家に訪問します。契約をする前に、自分の中で〝これだけは譲れないもの″があったら決めといても良いかもしれません。

ちなみに私が考えていた条件は

・駅から徒歩で通えるところ

・日本人以外のハウスメイトがいること

・オーナーが優しい人

・家賃が $800以下のところ

オーナーに確認するべきことはこちら ▼

・金銭面の確認(家賃、デポジットの支払い方法、支払日。デポジットは退去時に返却されるのか?退去月分の家賃に充当されるのか?)

・ハウスルールの確認(掃除当番、ランドリー、シャワー使用時間など)

・他のハウスメイトはどんな人が住んでいるのか?

・自分の部屋のカギは付いているか?

・契約満了前に退去したい場合はどうするか?

トラブルを避けるためにも疑問に思っていることは全て聞いてしまいましょう。

オーナーによっては門限があったり、あまりコミュニケーションを取ってくれない人だと、住んでみたら性格が合わなくて再度引っ越しをするはめになってしまいます。なので、オーナーさんの人当りも内見で確認しておくのもポイントです。

ステップ3.)お家が決まったら契約を交わそう!

ここで重要なのは、

必ず書面で契約を交わすこと!口約束は絶対にNGです。

なぜかと言いますと、入居前に家賃+デポジットを支払ったにもかかわらず、退去月に「デポジットをまだ払っていないからもう1ヵ月分家賃を払え」と言われてしまう可能性があるからです。

署名前には契約書内容に不正がないか、賃借人に不利なことが書いてないか内容をよく確認してから契約書にサインをしましょう!

シェアハウス生活 in Toronto

立地

私が住んでいた家はほぼダウンタウンに位置するSpadina station (スパダイナ駅)の近くで、駅から徒歩5分でした。交通の便が良く、駅周辺にはスーパー、ドラッグストア、レストランやカフェも多数あり、生活に困ることはなかったです。

一つだけ問題だったのは、家に洗濯機がなかったのでコインランドリーをいつも使っていました。

ハウスルール

掃除当番・ごみ捨て・生活用品の購入(トイレットペーパーや洗剤)が当番制でありました。例えば、壁にリストが貼られてあり、自分が掃除をしたら名前を書く、というものでした。誰がやっていないかすぐに分かるので、ルールを守るのも大切でした。

留学中に一度、私のハウスメイト同士で喧嘩していることがありました。掃除当番であった人がキッチンのゴミ捨てをしておらず、他の住人に注意され、少し問題になっていました。(その子も謝らなかったんですよね...)

シェアハウスは自由で快適に見えて、気遣いや協力的な部分が必要となってきます。ぜひ、ハウスメイトと友達になって、ネイティブ英語の環境で speaking, listening を伸ばしていって下さい。学校が終わって家に帰っても英語が喋れる環境はとても貴重ですよね。

おわり

いかがでしたか?

以上、カナダでのシェアハウス探し方、入居方法をまとめて解説しました。皆さんのシェアハウス探しに少しでもお役立ち情報になればと思います。

関連記事

  1. 留学に興味がある人が知っておくべきことと、知っておくと便利なこと8選

  2. ただの理系大学生がワーホリに来た理由

  3. 東大生が3ヶ月ガチで英語を勉強してカナダのトロントに留学。わずか1ヶ月後に働くことになったカフェで店長にキレた理由とは?|留学生オンラインインタビュー

  4. バイトを3つ掛け持ちし、自分で費用を貯めてワーホリを実現!

  5. インタビュー中にホストファミリーが乱入!?カレッジに通う日々|留学生オンラインインタビュー

  6. パイロットになるために!TOEFLを5カ月で20点上げ、アメリカの大学に進学☆