閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

【徹底解説】失敗しないカナダ留学での携帯電話契約

いよいよ留学も間近に迫ってきたころ「現地での携帯電話はどうしたらいいの?」とお考えの方いらっしゃいませんか?

特に海外での携帯使用方法については、日本での契約は?海外で新しく携帯を買うべき?など、色々な疑問があると思います。

そこで今回は、もう迷わない海外でのベストな携帯使用方法とカナダ各携帯会社の【メリット・デメリット】についてご紹介します。

結論として、携帯使用方法は「自分の留学期間で選ぶ」のがベストな方法です!

留学期間で選ぶ携帯使用方法↓

・短期留学(1ヶ月未満)
現地フリーWi-FiやプリペイドSIMカードを使う
・中長期留学・ワーキングホリデー(1ヶ月以上~2年未満)
SIMフリースマホを持参し、現地キャリアにて携帯契約SIMカードを購入
・2年以上の場合(永住者など)
現地キャリアにて携帯購入

後半には私の実体験をもとに、現地での携帯電話契約の流れをお伝えします。皆さんがカナダで携帯電話を契約する際に参考にしていただければと思います。

【目次】

⒈ 日本でのキャリア契約は一時休止すべき?
  1.1 SIMフリースマホはもう準備OK?

⒉ 留学期間で選ぼう!海外での携帯電話使用方法
 2.1 短期留学(1ヶ月未満)
  2.1.1 プリペイド式SIMを購入
  2.1.2 公共フリーWi-FiやWi-Fiポータル を使う
  2.2 中・長期留学(1ヶ月以上~2年未満)
  2.2.1 現地にて携帯契約。SIMカードを購入

⒊ カナダ各携帯会社のメリット・デメリット

⒋カナダ・トロントでの携帯契約手続き 流れ

⒌ まとめ

日本でのキャリア契約は休止すべき?

結論から言いますと…1ヶ月以上の留学期間の場合は休止することをオススメします。

なぜなら、留学期間中も日本での携帯料金が発生してしまうからです。2つの携帯会社に利用料を払うことがないよう、日本で携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク) 契約を休止してから渡航しましょう。休止の設定はお使いの各携帯キャリアにて手続きができます。各キャリアごとに事務手数料や月額料金が変わってくるので、お近くの携帯ショップに問い合わせてみて下さい。

ドコモauソフトバンク
手数料1,000円 2,000円3,000円
月額料金電話番号保管
400円

メールアドレス
100円
372円 390円

SIMフリースマホは準備OK?

皆さんは、今現在日本でお使いの携帯を留学先でもできれば使い続けたいですよね?

大丈夫です!!現地でも今ご使用のスマートフォンを使い続ける事が可能です!!

いくつか方法がありますが、断然オススメなのが↓

日本から持参したSIMフリースマホに、現地のSIMカードを挿して使う方法です(←こちらの方法は1ヶ月以上留学の方にオススメです)

最もカンタンで分かりやすく、現地での携帯契約もスムーズに手続きすることができます。SIMカードは現地携帯会社にて購入可能です。また、留学エージェントによってはSIMカードをサービスで提供している場合もあるので、現地にも留学エージェントがある方は初めに相談してみるのも良いかと思います。

→「SIMフリースマホとは?」

通常、特定のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で購入した携帯電話は、各キャリアでしか使用することができないようにロックがかかっています。これを“SIMロック″と呼びます。

留学出発前にご利用のキャリアなどでSIMロック解除の手続きを行い、海外でも引き続き使用できるようにします。また、SIMロック解除がされた携帯を“SIMフリースマホ″と言います。

※SIM解除手続きについては、お近くの各キャリア店舗にお問い合わせ下さい。

【注意点】

SIMを解除するのに、日本の各大手キャリアでは端末購入後101日経過後のみ解除可能という規則があります。少なくとも渡航3ヵ月以上前には購入している必要があります。

留学期間で選ぼう!海外での携帯電話使用方法

海外での携帯電話使用はズバリ!留学期間によって選択するのが1番効率良く・簡単で・安く契約することができます。

短期留学【1ヵ月未満】

⒈プリペイド式SIMを購入

〇コンビニや空港で購入が可能
〇事前に一定の金額をチャージすることで、超過使用を防ぐ
〇現地での携帯契約は必要ないが、データ通信を外出先でも使用したい人にオススメ
△SIMフリースマホに変更する手続きが必要

チャージ式なので、余計な支払いをする心配がなく、チャージ残高がなくなると自動的にデータ通信が切れます。

⒉公共のフリー Wi-FiまたはWi-Fiポータルを持っていく

〇現地での契約が不要(日本のキャリア契約のみで済む)
〇携帯代をとにかく安く済ませたい人にオススメ
△電話やSMSが使えない
△フリーWi-Fiが通っていない場所では使用不可

カナダは日本と比べて公共のフリーWi-Fi設備が整っています。カフェ(Starbucks、Tim Hortons) や地下鉄、図書館などフリーWi-Fiが使用可能です。しかし、道に迷った場合などすぐにデータ通信が使えた方がより安心に生活できますよね。

中・長期留学、ワーキングホリデー【1ヶ月以上~2年未満】

⒈ 日本から持参したSIMフリースマホに、現地のSIMカードを挿して使う

〇プリペイド式SIM契約に比べて安く抑えることができる
〇現地での契約がスムーズ
〇自分のスマホを海外でも使用可能
△携帯会社によっては英語での契約が必要

中長期留学、ワーキングホリデーの大半は現地で携帯契約をし、そのままSIMカードを挿入して使うパターンを選択しています。なぜなら、一番携帯費用を抑えることができ、何よりも自分の携帯をそのまま海外でも使用可能なところが魅力的だからです。

ほとんどの留学生がSIMフリースマホを持参し、カナダにて携帯契約。SIMカードを購入して使っていました。

カナダ各携帯会社のメリット・デメリット

では、カナダの携帯会社にはどのようなものがあるか、各携帯会社のメリット・デメリットを具体的に見ていきたいと思います。

大手携帯会社(カナダ永住者・ファミリー向け
              2年以上契約の方)
Rogers
TELUS
Bell

こちらは、日本でいうところの ドコモ、ソフトバンク、au のようなイメージですね。

大手の特徴としては、通信回線が速く、カナダ全土をカバーしています。現地の人にとっては馴染みがあり、安心して使用できることがメリット。

また、日本の大手携帯会社と同じように2年契約や家族割などでお得にプランが利用可能です。デメリットとしてはやはり、値段が高いので、金額よりも通信速度を優先して契約をしたい人にはおすすめです。

大手傘下 (カナダ長期滞在者 1~2年目目安)
Chatr
Koodo
Fido

上記3社は大手の通信回線(Rogers系、TELUS系、Bell系)を借りているが、やや通信状態が不安定。基本的に電波は届きますが、地域によっては電波が悪く、届かないところもあります。契約前には自分の生活圏をカバーできるかどうかチェックをした方が安全です。

プラン値段は比較的リーズナブルに提供されています。契約期間の縛りは基本的にありませんが、長期滞在者(1~2年程度)向けにプランが組まれています。カナダ全土20社前後をカバー

・留学生向け Phone Box(短期~2年目安)

契約期間の縛りがないので、短期留学生でも契約がしやすいカナダで唯一日本人スタッフが在中しているので英語が不安な人でも安心して契約ができます。電話でのサポートも日本語でOK!

カナダ全土をカバーし、通信網はTELUSを使用。日本からのSIMカード発注も手配できます。通信回線はやや不安定なときがある。地下鉄でも使用が難しいときも…

メリットデメリット
Rogers
TELUS
Bell
通信回線 ◎
・カナダ全土をカバー

・2年契約や家族割などでお得に利用が可能。
値段 △
→料金が高い
Chatr
Koodo
Fido
通信回線 〇~△

・値段 〇
→料金は安め

・カナダ全土20社前後ある。
通信状態がやや不安定
Phone Box 通信回線 〇~△

・値段 〇
→料金は安め

・カナダ全土をカバー

・日本人スタッフが在中。カナダ唯一の日本語対応が可能。
地下鉄での通信状態がやや不安定

カナダ・トロントでの携帯契約手続き流れ

ステップ ⒈) 自分の留学スタイルに合った携帯契約プランを見つける

・滞在期間は?
・希望予算はいくら?

→ 希望に沿ったプランがある携帯会社を見つける

私は、まず初めに現地留学エージェントに相談をし、

① 滞在期間:半年

②予算:4GBで月50カナダドル

という希望を考慮して、最も自分に合ったプランが組める携帯会社を紹介してもらいました。期間が短いのと、安さを重視した結果、Phone Boxが最適でした。また、日本人スタッフがいることや、日本語のWebサイトがあったため、安心して契約ができそうだと感じました。

*ここでポイント!

Webサイトでセール中でないか確認をする。

携帯会社が決まったら、店舗に行く前にWebサイトを確認し、セールや自分が割引対象になるかどうかチェックをしておくこと。Webサイトには定期的にディスカウント情報が載っているのでお得に契約ができます。お店の人が紹介してくれるパターンもありますが、やはり海外ですので用意周到でも損はありません。自分で下調べをし、いくらほど値引きになるか把握しておきましょう。

ステップ ⒉) いざ、契約へ!

~持ち物~
・身分証明書(パスポート)
・カナダでの住所が分かる書類
・契約金支払いのためのお金(クレジットカードまたはキャッシュ)

エージェントで電話予約をし、後日直接店舗に伺いました。基本的に携帯会社はデパートやダウンタウンに多く出店しているので、比較的家から近くの店舗に伺うことができました。
Phone Boxは日本人スタッフが在中しているので、日本語での説明でした。スタッフの方も留学生のことをよく理解した上で対応してくださったので、特に戸惑ったことはなかったです。

まとめ

以上、カナダ留学においての携帯事情を紹介いたしました。皆さんのカナダ留学が有意義になるよう、ぜひ携帯契約は自分の留学期間に合わせて選んでみて下さい。

最後にまとめとして、内容をまとめておきたいと思います。

⒈ 中・長期留学の場合は日本のキャリア契約を休止する
⒉ 渡航前にSIMフリースマホの準備を!
⒊ 留学期間別に携帯契約をする
⒋ カナダ各携帯会社のメリット・デメリットを把握

関連記事

  1. 海外で自分のファッションブランドを立ち上げたい!夢を叶えるためにアメリカ留学を決意!

  2. 仕事を辞めてまで、チャンスを無駄にしたくなかった!覚悟を決めたワーキングホリデー

  3. 日本がどれほど便利な国か思い知りました(笑)。オーストラリアのワーホリを現地レポート

  4. 一度きりの人生、日本だけだともったいない?オーストラリアのワーホリ体験談!!

  5. 大学を辞めてまで、自分のやりたいことをしたかった!努力のワーキングホリデー☆

  6. 脱サラしてカナダバンクーバーのワーホリに挑戦した26歳女子。留学後わずか1年で手に入れた3つの選択肢とは?|留学生オンラインインタビュー