閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

ただの理系大学生がワーホリに来た理由

まず初めに自己紹介!

現在、オーストラリアのシドニーにてワーホリ中の武尊(ほたか)です!

名前 武尊(ほたか)

年齢 19

大学 東京理科大学(二年次を休学中)

将来の夢(職業) 総合商社、外資系企業、とにかく幸せになる笑

足の大きさ 32cm

こんな感じです^^

詳しいことは、記事を更新するにつれて…

初投稿は、”これ”について!

この記念すべき初投稿を何について書くか、たくさん悩みました。
「オーストラリアでの生活のリアル」
「オーストラリアでの一か月の生活費」
Etc…
色々あると思います
その中でも今回は、

「僕が、ワーホリに来た理由」

これについて少し詳しく書き留めたいと思います。

大学生活の現実。想像とのギャップ。

高校は、勉強内容に行く意味を感じず休めるだけ休み寝坊できるだけしていました。

そして、2018年に長くてだるい受験を終え、理系大学に入学。

自分で学科を選び、やりたい勉強をしに行こうと思った大学でしたが、、、

サークルと飲み会が基本。というよりほぼ全て。

相当な自制心もしくは具体的にやりたいことがなければナマケモノになっていく一方の場所。

そして、あっという間に時間が過ぎていく。

この意味は、ほとんどの大学生が共感してくれると思います。

そんな大学生活を実際に目の当たりにして僕は、こう感じました。

大学になんの為にきたのか?

このまま、四年後に社会に出れるのか?

自分は、将来何をしたいのか?

それからの大学一年生の間は、業界分析、大学四年間でしたいことを

本気で考えました。

以前から興味のあった総合商社をはじめ、あえて自分の全く興味のない食品、広告、旅行代理なども調べたり。

さらには、日経新聞を読んだり、社会人の方に沢山会って話を聞いたり。

日々様々のことをして、自分がほぼ一生身を置くであろう日本社会について知り理解しようと思っていました。

そんな、将来のことに悩む日々が続きました。

そして、ある日ふと

結局

幸せって何なんだろう?

そんな風に、何気なくかつ心から強く思った時がありました。

その時、

漠然と世界中のいろいろな人に出会いその人たちの生き方を見てみたい

なぜ、そう思ったかは僕自身でさえわかりません。笑

ですが、

何か自分の心にある沢山の問に対する答えが、

答えじゃなくてもヒントがあるのではないかと感じたのだと今は思います。

これが、ワーホリを決めた理由の一つです。

大学生ではなく一人の人間として

海外に行くこと、さらには海外に行くことに対して

不安や、ものすごい大きな決断だと思う人がほとんどだと思います。

ですが、

自分自身を「大学生」としてではなく

「一人の人間」として考えたとき、

10代最後の1年を、

海外で自立し生活するという挑戦、さらには、それに伴って大学を休学することなど

何にも怖くありませんでした。

むしろ、一年後どうなるかわからないことにワクワクしました。

一年間でどんな人に出会い、どんな仕事をし、どんな問題が起き、

それらを通して

自分の抱いていた様々な自分の人生に対する疑問に、

何を感じるのか、考えるのか。

こう思った時にはもう海外挑戦に迷いは、ありませんでした。

夢カナ留学との出会い、そして決断

カズさんと夢カナ留学のことは、以前から学生団体を通して、知っていたので

留学を決めて、直ぐに連絡して、面談の予定を立ててもらい

カズさんと面談をしました^^

面談は、

僕の意向、留学に対して求めるものを、聞いてもらう。
(これが一時間くらいで留学のことから将来のことまで、人生相談の様でした。笑)

その後、それに沿った留学のプランと具体的な留学前サポートの説明。

契約
エージェントは、ここに決めよう。

そう思った時、カズさんから意外なことを言われました。

「他に、〇〇社、とかもあるからそれらも見てから、どこにするか決めるのがいいよ^^」

僕は、単純にびっくりしました。

普通、お客さんがほぼ決めようとしているなら、そのまま契約するんじゃないの????

その言葉に、夢カナ留学の理念とカズさんの留学生に対する温かい思いを感じました。

結局、他のエージェントも見ましたが、留学前からさらには留学後まで、包括的にサポートのある夢カナ留学に決めました。

今考えると、サービス内容はもちろんですがカズさんという人に尊敬や憧れを持っていたのも一つ夢カナ留学に決めた理由だったと思います。^^

なぜ、「僕が、ワーホリに来た理由」を選んだか

冒頭でも述べた通り、僕は数あるトピックの中からこの話題を選びました。

それは、ワーホリでも交換留学でも、「留学」というものの中で

きっかけ、動機など決断に至るまでの気持ちの部分が

留学を考える人にとって、一番気になることかつ一番重要なこと。

そう考えたからです。

実際僕も、留学に対するしっかりとした明確な目標がなければ今ここにいません。

世界遺産コカトゥーアイランドにて

なので、初投稿はこのトピックを選びました。

本当は、他にも様々な理由がりましたがすべてを書くことは難しく、、

大きな2つの理由だけにフォーカスしました。

最後に…

これからは、英語力、海外生活、仕事探し、仕事、友人関係など様々なことを記事にしていこうと思います。^^

この記事が留学を考えている誰かの助けになれば幸いです^^

Cityからフェリーで20分

Watson Bayにて

関連記事

  1. 自分の好きな事を好きなだけやる1年に☆オーストラリアへワーキングホリデー!

  2. バイトを3つ掛け持ちし、自分で費用を貯めてワーホリを実現!

  3. カナダの法律事務所でインターン。半年間という限られた時間で、やりたいことを叶えたワーホリ。|留学生オンラインインタビュー

  4. 充実したアメリカ留学生活☆気になるリアルな現地情報!

  5. 一度きりの人生、日本だけだともったいない?オーストラリアのワーホリ体験談!!

  6. カナダに着いてから7日後にCOACHに就職が決定。リアルな面接の様子と仕事探しが成功するコツとは?|留学生オンラインインタビュー