閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

留学前に出来るだけ経済的に、効果的に英語力を高めておくことが大切

こんにちは。新元号の男、安久(やすひさ)です。

サークルや語学交換を積極的に活用しましょう

日本にいながら英語力を上げるにはどのような方法があるのでしょうか。留学をより充実したものにするために、少しでも高い英語力で現地に向かいたいですね。日々の生活の中で、英語を使う機会を増やせば、知らぬ間にどんどん英語が上達します。留学する前に思考を英語に変えることが出来れば、こっちのもの。楽しい留学生活を送るためのコツなどをお伝えします。

大学の講義だけでは、英語に触れる時間が圧倒的に足りません。日本にいながらも英語漬け生活を送るためには、英会話サークルや留学生との交流を利用しましょう。英語の講義は理解できても、日常のちょっとしたことって、英語でどう表現したらいいか分かりますか?実は難しかったりしますよね。まずは思考を英語にするために、頭の中を英語にしてしまいましょう!日本語環境ではなかなか難しいかもしれませんが、英語を練習したいと思っている人は多いもの。恥ずかしがらずに、グループ内の会話を英語にしてみましょう。もし言い方が分からなくても、お互いに教えあったり、一緒に調べればより多くのことを学ぶことが出来ます。
また、学内には海外からの留学生がいるのではないでしょうか?留学生センターに行けば、交流会などに参加することが出来ると思いますよ。彼らは、日本語を勉強したいし、あなたは英語を勉強したい。一緒に勉強すれば、楽しんで学ぶことが出来ますよね。留学先では、日本の文化について聞かれることも多いですが、そもそも歴史や文化について知らなかったり、知っていても表現出来なかったり、意外と難しいものです。留学生との会話で予行演習をしておけば、日本の文化や歴史にも詳しくなれるし、それを英語で説明する力が付くので良いことづくめです。

留学先の文化に触れる機会を増やしましょう

留学を考えている国の大使館に行ってみませんか。留学のパンフレットや、ワーキングホリデーの資料など、色々教えてくれるのではないでしょうか。文化交流会なども開催されているかも知れません。ぜひ参加してみましょう。また、その国に特化したレストランやバーがあれば行ってみると、その国の雰囲気が味わえますね。店員さんもその国出身の人かも知れません。どんな国なのか、どんな文化なのか、自分の国に興味を持ってくれるのは嬉しいもの。色々教えてもらえるかもしれません。もし求人しているようであれば、留学までの期間働くのも良いですよね。

英語を使ってアルバイト

留学費用を稼ぎつつ、英語の練習も出来たら、それほど良いことはないですよね。そんな時は英語を使ったアルバイトを探してみてください。地域にもよりますが、訪日外国人が多く利用する宿泊施設やレストランなどがオススメです。留学中にもアルバイトを考えているのであれば、職種も似ていると思いますし、環境に慣れる絶好の機会になります。

とにかく英語に触れまくる!

洋画や海外ドラマを字幕無しで見てみましょう。聞き流すだけでもOK。分からない表現や気になる表現があれば、メモしておいて、後で意味や使い方を調べましょう。少しずつでも表現の幅が広がります。また、英字新聞をとってみるのもおススメです。経済や政治、文化など、日常会話で使わない難しい表現が身につきます。ニュースも英語で見てみましょう。単語力を伸ばすには最高の方法です。英会話を教えてくれるTV番組やラジオを活用しても良いですよね。日常的に日記やメモを取っている人は、それを英語にしてみましょう。さて、全部英語でスラスラ書けるでしょうか。携帯電話の表示も、英語にしちゃいましょう。本を読むのが好きな人は、愛読書を洋書にしてみましょう。最初は難しく感じるかもしれませんが、好きなジャンルの本であれば、サクサク読めること間違いなし。楽しみながら英語力を上げることが出来ます。

留学したら英語は絶対に喋れるようになるもの??

あなたの周りにもいませんか?せっかく留学したのに、日本人同士で集まって、常に日本語で生活している人。彼らの留学の目的は何なのでしょうか。授業さえ英語で受けていれば良いのでしょうか?これは私の実体験になりますが、大学2年で留学した私は最年少でした。大学の先輩たちは何故かいつも日本人で集まっていて、日本食を作って食べたり、本当に何をしに来たのか?と疑問を抱いていました。そこで私は、彼らに日本語で喋りかけられても英語で返す!ということを徹底していました。変な子に見られましたが最終的には彼らよりも多くの学びを得られたと自負しています。地球の裏側に、お金を払って勉強に行っているのです。私には無駄にする時間はありませんでした。一緒にいたらどうしても日本語を喋ってしまう…という人は、日本人とは距離を置きましょう。一生で何度も行くことのない留学、出来るだけ有効に時間を使いたいですよね。
また、語学学校に留学するのであれば、放課後をどんどん外に出て過ごしましょう。語学学校の先生は、とてもゆっくりで分かりやすい英語を喋っています。実際の生活で、そんなにゆっくり喋ってくれる人はいません。趣味の講座に参加するのもよし、サークル活動に参加するもよし。もちろん学業の妨げにならない範囲でアルバイトをするもよし。学外で交友関係を広げる努力をしましょう。

文法力より単語力

英語を喋る上で、もちろん文法力も必要です。ですが、文法力が低いからと言って、英語が通じないことはありません。でも、何よりも必要なのは単語力。文化についての説明を求められても、政治や宗教的な考え方を聞かれても、まず現状を英語で説明できないことには自分の意見も適切に表現出来ませんよね。日本は大統領制なのか、国会議員はどのような選挙で選出されているのか、天皇とは何なのか。そんなこと考えたことなかった…と思うようなことまで聞かれたりします。食生活や文化の違いについては日常会話レベルの単語でどうにかこうにか伝えることは出来ますが、私の場合は社会関係の英単語なんて留学するまで使う機会が無かったので、周りの会話に全くついていけないこともありました。あの時ばかりは、伝えたい気持ちだけでは何も伝わらないと痛感しました。

留学前に単語力を高めて、実生活で使いまくる。

実際に留学に行く前に、新聞や洋画DVDなどを活用して単語力を高めましょう。日常生活でも、英語に触れる機会を増やして、どんどん思考を英語に変えてしまいましょう。留学生や外国人との交流の場を増やし、日本の政治・文化に関して自分の言葉で相手に伝えることが出来るようにしましょう。現地でも、常に機会を求めて、有意義な留学生活が送れると良いですね。

以上、新元号の男、安久(やすひさ)から「留学前に出来るだけ経済的に、効果的に英語力を高めておくことが大切」をお届けしました。

関連記事

  1. ただの理系大学生がワーホリに来た理由

  2. トロント国際映画祭へのボランティア参加 ここに来たからこそ気づけたこと

  3. ホストファミリーとの英会話が最悪…でも、周りを変えるには、自分を変えるしかない!|留学生オンラインインタビュー

  4. 海外留学を成功させるために知っておいてほしいいくつかのポイント

  5. ワーホリ6ヶ月終わったよ。これまでの軌跡とこれからの展望|武尊のワーホリ日記

  6. 留学に興味がある人が知っておくべきことと、知っておくと便利なこと8選