閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

海外留学を成功させるために知っておいてほしいいくつかのポイント

英語をはじめとする外国語を自由に操ることができれば様々なメリットがあります。身に付けた外国語力が就職する時に有利になるだけではなく、より多くの情報を簡単に入手することができるようにもなります。海外留学することを考えているのであれば、比較的時間に余裕がある学生時代に行っておくことをぜひおすすめします。

留学前にやっておきたい英語の勉強

海外留学をすることが決まれば、現地に行ってから語学の勉強をがんばろうと思う人がいるかもしれません。しかし限られた留学期間を最大限に有効活用するのであれば、留学前にある程度の語学力がなければ時間を無駄にしてしまうことになります。私は出発する1年前に留学することが決定していたため、この1年間は特に集中して英語の勉強をしました。日常会話レベルであれば使われる単語は限られていますが、現地の大学の授業に出席して単位を取得したり、教科書を理解するためには語彙力が必要になります。幅広い分野における語彙力を身に付けるため、留学に出発する前までに英検準1級の取得を目指して勉強しました。英検準1級向けの単語集を確認してみるとこれまでに聞いたことがないような単語がいくつもあり、覚えるべき単語がまだまだたくさんあることが実感できました。

英検準1級の合格に向けて計画立てて勉強をすすめていたため目標を達成することができましたが、リスニング力や会話力を身に付ける必要があることもわかっていました。英検準1級の受験勉強だけでは十分なリスニング力や会話力を身に付けることができないと思っていたため、ラジオ英会話を毎日欠かさず聞いて勉強していました。ラジオ英会話ではネイティブの先生が発音してくれるので、生の英語を聞いて耳を慣らすことができます。毎日新たに出てくる重要構文は必ず暗記するようにして、何度も先生の発音を真似てみました。日本人は文法にこだわりすぎると言われていますが、文法の知識があればたとえ会話の一部を聞き取ることができなくても、文法上こうではないかと知識で補うことができるようになります。文法を軽視する人もいるようですが、私の経験上文法の知識は文章力を高めるだけではなくリスニング力を高めるためにも役に立つスキルだと考えられます。

留学にかかる費用を抑える方法

特に欧米の英語圏への留学は、大学の授業料が高く設定されていて金銭的なことを理由に留学を断念する人が少なくないようです。留学費用を抑えたいのであれば、通っている日本の大学と提携している海外の大学との間に交換留学プログラムがあるかどうか確認してみてください。このような交換留学プログラムでは大学の授業料の支払いが免除してもらえて、中には滞在中の住まいまで提供してもらえることがあったりもします。私は大学の交換留学プロラムを利用して留学をし、6ヶ月間の授業料免除が適用されました。この間に留学先で取得した単位は日本の大学で認定してもらえることができたため、帰国してから単位を取得する負担も減らすことができました。ただし大学間の交換留学プログラムを利用する場合、成績優秀者から順番に採用されがちです。この制度を利用して海外留学することを希望するのであれば大学1年生のうちから計画を立てて、良い成績が取れるように努力してください。

私と同時期に留学をした同じ大学の友人は、ロータリークラブの奨学金を取得して海外留学を実現させていました。この奨学金は現地での生活費まで支払ってもらえるため、私よりも良い条件で友人は留学できたことになります。彼女はこの奨学金をもらうために、出発する2年前から応募して面接を重ねてきました。このような奨学金があることを知った時、私ももっと調べておけば良かったと後悔したことを覚えています。通っている大学内の留学プログラムだけではなく、校外の様々な奨学金の情報も早めに調べておくことをおすすめします。

現地での滞在費用を抑える方法

大学時代、私はヨーロッパのとある国に留学をしました。レンタカーを借りて3時間も走れば外国に行けるという環境だったので、休みがあるたびに旅行を楽しんでいました。しかし旅行をするためにはお金がかかります。アルバイトをしていなかったので、現地での生活費を切り詰めて旅行の費用にあてていました。現地に到着してからまず最初に行ったことは部屋探しです。外国人向けの不動産業者を利用すればストレスを感じずに部屋を見つけることができたでしょうが、予算に合わない物件が紹介されるかもしれないと自分で部屋を探しました。当時私は新聞の不動産広告で予算に合うものを見つけて電話をかけ、内見してから部屋を決めました。今ならネットで簡単に予算に合う不動産情報を見つけることができるはずです。妥協せずに物件をいくつも見て、予算を含めて納得できるところを探してみてください。

また留学中の食事はほぼ自炊で賄っていました。自炊が最も安上がりですし、滞在費用を抑えるなら自炊力を身に付けておくことがたいへん効果的です。私は留学するまで一度も一人暮らしをしたことがありませんでしたが、留学中に必要に迫られて自炊をするようになりその経験が社会人になった今でも役に立っています。自炊力というスキルは無駄のない人生を歩んでいくために、ぜひ身に付けておいてほしいものだと言えます。

この他にも滞在費用を抑えるテクニックとして、自宅ではなく大学の図書館で勉強するようにしていました。自宅は必要なものがすぐ近くにあって便利ですが、暑い夏や寒い冬に自宅で過ごしているとガス代や電気代がかかってしまいます。セントラルヒーティングが採用されていて建物の部屋全体がいっせいに暖まるという部屋に住んでいるなら別ですが、光熱費が各部屋ごとに徴収される場所に住んでいるのなら部屋で過ごす時間を最小限にする方が出費を抑えることができます。

努力することで叶えられる海外留学

海外留学は、努力すればきっと実現することができます。お金に余裕がないという人でも、自分で進める英語学習や交換留学プログラムの利用、現地での滞在費を抑える方法などを参考にしてもらえれば、自分だって海外留学ができるのではないかと思ってもらえるはずです。人生の糧となるようなすばらしい経験を、留学を通して体験してください。

関連記事

  1. 留学に興味がある人が知っておくべきことと、知っておくと便利なこと8選

  2. 留学前に出来るだけ経済的に、効果的に英語力を高めておくことが大切