閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

夢は医師と起業家!ワーホリで経験を積み世界に発信していきたい☆

小口真司くん。1998年生まれ。千葉大学医学部在学。2019年2月からカナダにワーキングホリデー予定。将来は医師と経営者になって、”国境をなくして資本主義をなくしたい”という夢を持つ。夢カナ留学の事業部の1つの「夢カナラウンジ」では、幹部陣のリーダーとして団体を動かしている。

留学をしたいと思ったきっかけは?

1つは、将来起業したいなと思っていて、日本だけではなくて世界に出たいので、まず英語力が絶対に必要だと思ったからです。
あとは高校の時も閉塞感を感じていたし、千葉大学の医学部に入っても6年間で約100人の生徒数で、みんな医者になるもんだと思って学校に通っていて、それがつまらない世界だなと思っていました。留学に行ったら新しい視野を広げられるんじゃないかなと思ったし、本当に今では想像できないような考え方ができるんじゃないかなと思ったので留学に行きたいと思いました。
あとは単純にすごく楽しそうだからです!
海外に1年間留学してたってだけで、全然楽しさが違うんじゃないかなと思いました。

英語が第一というよりも、経験値を上げたいんだね?

そうですね!
英語は身に付ければいいと思っているんですけど、それ以上に新しい経験をしていきたいなと思います。

いいね!英語を使って何かをするってところに目的がある学生さんは、すごく英語が伸びると思う☆
真司くんの留学の目的は?

人を動かせるようになりたいなと思ってます。
将来的に起業したいんですけど、その前に医者になって、医者を動かしていきたいからです。
海外に行って新しい人たちを集めて動かせたら、日本に帰った時かなりスキルアップできていると思います。
留学で絶対身に付けたい力は
①人を惹きつけて人を動かす力
②いろんなことにチャレンジして、自分の居場所を自分から作っていく行動力
③英語力
です!

なぜ夢カナ留学を選んでくれたの?

ワーホリで他の6社と夢カナ留学で比較してて、夢カナ留学が一番自分のことをしっかり考えて見てくれて提案してくれているなと感じたので、夢カナ留学にしました!
自分の目的を聞いてくれて、それが実現できるプランですごく本質的だと思いました。
まず、ワーホリにした理由は、自分は特別何かの学問を学びたい訳ではないから、縛りがないワーホリでいろいろなことを経験したいと思ったからです。

ワーホリでいろいろな会社を本当は10社くらいと比べようと思っていたんですけど、もう6社目で行く意味がないなと思いました。
他社で「カナダでどのような仕事ができるんですか?」と聞いたら、日本食レストランが多いと言われて、僕はカナダで日本食レストランで働きたくないと伝えると、語学学校に6ヶ月通って、7ヶ月目からワーキングホリデーをするプランを提案されました。1年間のワーホリなのに、半分語学学校に行くのは何のためのワーホリだろ?って思いました笑

ワーホリは行く前の事前準備が大切で、早く仕事を見つけた方が英語力は伸びるってワーホリに行く前から分かる事なのに、ワーホリ前の語学の準備は他社は夢カナ留学に比べると、あまり充実していませんでした。

夢カナ留学の面談は他社との違いがすごくて、まず最初に、「現地で語学のインプットを始めるのじゃ遅い」と言われて本当にそうだなと思いました。
ワーホリに行かせるだけ行かせて終わりっていう感覚が全然なかったです!

夢カナ留学のスタッフにこれだけよくしてワーホリに行かせてもらって、自分も何かしらカナダでやってこないといけないなっていう責任感も感じています!!

そんなこと言ってくれるなんてすごく嬉しいです(´;ω;`)
最初親御さんが心配してたと聞いたけど、どうやって夢カナ留学で行くことを許してもらったの?

親にも他社と夢カナ留学の違いの話をしたら納得してくれました。
自分のやりたいことが夢カナ留学なら叶えられると話しました。
きちんと説明したら、自分のやりたいようにすれば?って言ってくれました!

留学の先にある将来の夢は?

まずは医師になりたいです。
僕は小児科の救急をやりたいと思っています。病気になってしまった子どもって生まれただけで、その子たちに何も責任が無くて、医者として自分の力ではどうにもならないような境遇にいる人たちを手助けできる人になりたいから、医者になろうと思いました。
自分は貧乏な家に生まれた訳でもなかったし、親にも恵まれてたし、信頼できる友達もいるし、
僕は特別何かをしたわけじゃないのにたまたまの運のよさだけでここまで来れたと思っています。

逆にたまたま恵まれない環境にいて、能力があるのにそれが評価されない人もいると思っています。
恵まれない環境にいても努力して、将来の夢もしっかりある人を見ると、一見社会的な評価としては、僕の国立医学部の方が高いかもしれないんですけど、その人の方が絶対に能力があるし、より頑張ってるから、本当はそっちの方が評価されるべきだと思います。
恵まれない境遇の人たちを手助けしてあげる責任は自分みたいな立場の人間だと思います。

お医者さんにはなりたいし、子どもの頃からの夢だけど、医師だけだと僕は人生つまらないと思っていて、僕は医師が一番という気職ではないなと思います。
医師でありながら、人と関わって新しい物を発見して人を動かしていくという才能が自分にはあると思っているので、医師になった後は、起業家として会社を作って人を動かしていきたいなと思います。

僕は将来医師と起業家になって、国境をなくして資本主義をなくしたいです。
今の世の中は、どこの国に生まれたかでその人の人生があらかた決まってしまうので、それはおかしいと思います。

国境をなくして資本主義をなくすという自分の夢を叶えられたら、100%やりたいことやったなと言える人生になるだろうなって思っています。

今は周りに言ってもあまり共感してくれる人は少ないので、もっと僕に影響力が必要だと思います。
今回のワーホリで経験を積んで、将来は医師と企業家になって世界に発信していきたいです!

感動しました!お医者さんになるのも相当大変なのに、その先の夢まで具体的に決まっていて、実際に行動している真司くんを尊敬します。夢カナ留学は一生真司くんを応援します(*^_^*)
今までしたことのない経験をたくさんして、学びの多いワーホリにしてください☆

真司くんのワーホリ前インタビューでした!
真司くんのワーホリの様子はまた後日更新します☆
お楽しみに:)

関連記事

  1. 僕が体験した人種差別|武尊のワーホリ日記

  2. 不登校だった中学2年生。母親の勧めでニュージーランドの高校へ! 

  3. 理系大学生、りんごで錬金術をした結果、おじいちゃんになる|武尊のワーホリ日記

  4. たった3週間で短期ローカルジョブをGETした話とその方法!!

  5. 社長の考え方に共感!”遊学”じゃなく”留学”がしたかったから、夢カナ留学に決めました☆

  6. 長期留学ができるのは学生だけだから!就活を辞めてワーホリに行くことを決めました☆