閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

お電話一本ですぐの個別面談も予約できます。お気軽に!

毎月先着プレゼント

充実したアメリカ留学生活☆気になるリアルな現地情報!

Q. 行く前のイメージと行った後のイメージは変わりましたか?

A. アメリカはとても危険な国だと思っていたが、地元の人や先生が教えてくれる危険な場所時間帯などを守っていれば普通に安心して暮らせる

Q. やっぱり持って行った方が良かったものはありますか?

A. 個人的に0.3mmのシャーペンが書きやすくて好きなのだが0.3mmのシャーペンの芯がアメリカには売っていないので芯の詰め替えをたくさんもってくればよかったと思った

Q. 現地で暮らしてみた際、実際にかかった金額をわかる範囲で詳しく教えて欲しいです。(月で詳しく食費にいくらとか携帯にいくらとか)

A. ホームステイ費用とは別に月、携帯代が$40(約5000)、バス代に$7.80(約8736円)、食費は大体$150(約17,000円)、ジム$40(約5000円)、Wi-Fi代が$50(約5600円)

Q. 海外でどうやって携帯を使っていますか?(日本から持ってったのか、向こうで契約か)

A. アメリカに着いた日にホストファミリーと一緒に携帯を買いに行った

Q. 学校はどうでしたか?

A. 先生が優しくてとてもいい環境で勉強できている

Q. 学校に行った期間はどれくらいですか?また、学校にはどれくらいいくべきだと思いますか?

A.最低でも1年は行くべきだと思う

Q. ホームステイの率直な感想を教えてください!

A. 今私は2つ目のホストファミリーに滞在しているが、すごく満足している。ホストマザーがとても優しく、食事も大満足!とてもいい留学生活になっている。

Q. 現地の治安はどうでしたか?

A. 日本人のイメージほど悪くない

Q. 留学で楽しかったことベスト3をエピソード付きで教えてください

A.
・クラスのみんなでミュージアムや図書館などに行ったこと

・友達とサンタモニカのビーチやゲームセンターで遊んだこと

・日本の元々の友達とアメリカで会って遊んだこと

Q. 留学でつまらなかったこと、大変だったこともベスト3でエピソード付きで教えてください

A.
・最初の1週間は慣れないことや、新しく携帯を買ったりバスパスを買ったりと最初の準備が少し面倒

・ すっごく大量の夕ご飯をがんばって食べたこと。笑

Q. 海外で仲良くなれた人の他己紹介をしてください

A. サウジアラビアのお友達ができた。サウジアラビアは、日本の文化ととても違く、手でご飯を食べたり、服装などが日本と違う。彼と話をしていてとても興味深いものばかりだった。彼とは今流行りのファッションや音楽などで話が盛り上がるが、自分たちの国の文化や特徴や違いを話してる時が一番楽しく感じた。

Q. 日本にいる間にやっとくべきだったことは何でしょうか

A. ボキャブラリーを増やしておくこと

Q. これから留学を考えている人たちに伝えておきたい、現地のリアルな情報をお願いします

A. アメリカは危険、銃が危険など行く前は不安に多少思っていましたが、ネイティブの人がここは危ないよ。この時間はダメだよなど教えてくれるのでそれをきちっと守っていれば危険な目にあう確率は低いと思う。
アメリカの方が物価が高い。ご飯をレストランで食べる、なにかを買う時は日本円に換算すると意外と高いなと思う。

Q. これから留学を考えている人たちに一言お願いします

A. ホームステイも学校も、この私たちのレビューやネットの意見を参考にすることはとてもいいことだけど、学校もホームステイも人それぞれ好みがあって、ホームステイ先や学校先がとても評判がいいところでも自分には合わなかったり、評判が悪いとこでも自分にあっていたりと、自分に合うか合わないかは、レビューで参考にならなかったりする。
私は少人数のクラスで楽しく学べる学校が良かったので自分が行った学校はとてもよかったが、すごくハードに一日中みっちり英語をやりたいって人からしたらもしかしたら合わない学校かもしれない。
自分に合った留学ができるJstyleの夢カナ留学だからこそ、もし変えたいな。や違うとこに。って少しでも思うなら迷わず相談して、変えた方がいいと思う。

Q. これからはどんなことにチャレンジしたいですか?(進路など)

A.これからカレッジに行って、英語だけではなくアメリカのハロウィンやサンクスギビングなどのビッグイベント、外国の友達と野球観戦など留学ライフを楽しみたい。

関連記事

  1. 日本人が自分だけの職場で4日間働き尽くした給料を公開します|武尊のワーホリ日記

  2. アメリカのカレッジに留学!人間関係や治安はどう?留学検討者へのアドバイス

  3. ただの理系大学生がワーホリに来た理由

  4. 家賃が3万以下!?リアルなワーホリ生活情報☆

  5. 一度きりの人生、日本だけだともったいない?オーストラリアのワーホリ体験談!!

  6. 脱サラしてカナダバンクーバーのワーホリに挑戦した26歳女子。留学後わずか1年で手に入れた3つの選択肢とは?|留学生オンラインインタビュー