閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

ワーキングホリデーの仕事について知っておくべきこと

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 8 分で読むことができます。

ワーキングホリデー中に仕事をする予定はありますか?

この記事では、ワーキングホリデー中に働くために必要な情報をすべてお伝えします。必要書類、英語力、給与条件などの説明から、仕事の探し方のコツまで、必要な情報はすべてこの記事でお伝えしています。

それでは、さっそくワーキングホリデーで働くことについて詳しくご紹介していきます。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

1.ワーキングホリデーで仕事をする上で知っておきたいこと

ワーキングホリデーを計画する場合、いくつかの重要な規制や書類、要件について知っておく必要があります。まず、異国で合法的に働くには就労ビザを取得する必要があり、履歴書、資格や経験の証明、推薦状など、仕事に関連する書類も提出しなければなりません。

英語が母国語でない場合は、TOEICやIELTSの試験成績のコピーも必要になることが多いようです。また、国によっては、就職のために政府公認の語学試験を受けなければならない場合もあります。

次に、ワーキングホリデーの仕事の給与も国によって異なりますが、基本的な生活費と旅費をまかなえる程度の収入が期待できます。文化の違いも給料に影響するので、ある国では高給の仕事でも、別の国ではかなり低い給料になることもあるので注意が必要です。

最後に、労働時間についてですが、雇用主や特定の仕事にもよりますが、週に30〜40時間程度働くのが一般的です。

2.ワーキングホリデー先での仕事の探し方

ワーキングホリデー先で仕事を探すには、そのタイミングと方法が重要です。

1.仕事を探し始めるタイミング

ワーキングホリデー先に到着したら、すぐに仕事探しを始めるのがベストです。早く探せば探すほど、早く仕事が見つかる可能性が高くなるからです。さらに、ほとんどの雇用主は、あなたの熱意とその国で仕事を見つけようとする姿勢を高く評価し、仕事を確保する上で大きな力となります。

2.仕事の探し方

仕事を探すとなると、いくつかの選択肢があります。まず、「Working Holiday Maker」など、ワーキングホリデー専用の求人サイトがありますので、インターネットで検索してみるとよいでしょう。

次に、お店に行って店長と直接話してみて、働きたいという気持ちをアピールすることです。最後に、友人からの紹介や、日本人向けの生活情報サイトなどを利用してみるのもいいでしょう。ワーキングホリデー中の仕事探しに正解はなく、工夫と決意が必要です。

3.仕事の応募方法

仕事に応募するといっても、いくつかの工程が必要です。まず、転職サイトや求人サイト、人材派遣会社などで、自分に合った仕事を探すことから始まります。応募する前に、その仕事が自分に向いているかどうかを判断できるよう、しっかりとリサーチしておきましょう。

次に、履歴書、カバーレター、その他必要と思われる書類をまとめます。これらの書類は、あなたのスキル、資格、経験を雇用者にアピールするものでなければなりません。これが終わったら、求人に応募し、面接という流れになります。

4.ワーキングホリデーでできる仕事

ワーキングホリデーで働くといっても、さまざまな種類の仕事があります。資格や経験に応じて、接客業、小売業、接客業、保育士など、さまざまな業種に就くことができます。

また、IT、エンジニアリング、教師など、専門的な職種の仕事を見つけることもできます。最終的には、自分が楽しめる仕事、ワーキングホリデーを有効に活用できる仕事を見つけることが大切です。

5.帰国後に繋がる仕事はできる?

ワーキングホリデーの機会を生かせば、帰国後に就職することも可能です。ワーキングホリデーで得たスキルや経験の多くは、帰国後の仕事にも生かすことができます。自分の住んでいる地域の求人マーケットを調べ、自分に合った仕事を見つけるために、自由に使えるリソースを活用することが大切です。

さらに、キャリアサイトやソーシャルメディア、求人情報サイトなどを利用して、自分自身や自分のスキルをアピールすることもできます。最後に、応募書類や面接の際に、海外勤務の経験があれば必ず記載するようにしましょう。そうすることで、ライバルに差をつけることができ、応用力のあるスキルを証明することができます。

6.ローカルジョブと日本人が多い仕事先どちらがいいのか?

ワーキングホリデーで働く場所を決める際、どのような職場環境で働くかという選択肢もあると思います。その国の文化や言語にどっぷり浸かりたいのであれば、現地の人と一緒に仕事をするような仕事を探すのもいいでしょう。そうすれば、現地の文化を知り、本物の言語を学ぶ素晴らしい機会を得ることができます。

一方、より簡単に転職したい、同じ国の人と一緒に働く方が安心だという人は、地元の人と外国人の両方を雇用している多くの職場で仕事を見つけることを検討するとよいでしょう。そうすることで、少なくとも表面的には、あなたの考え方を理解し、同じような価値観を持つ人たちと一緒に働くことができるのです。

7.海外で仕事をするための英語力

ワーキングホリデーで就こうとする職種によっては、ある程度の英語力を求められることがあります。これは必ずしも必須ではありませんが、ほとんどの国で働くためには、英語で効果的にコミュニケーションをとることができることが必要です。

特に、顧客やクライアントと多く接する仕事を探している場合は、その傾向があります。自分の英語レベルに自信がない場合は、自分のスキルを見直し、応募しようとしている仕事に適したレベルかどうかを判断するようにしましょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

8.ワーキングホリデー中の給料

ワーキングホリデー中に得られる給与は、確保できる仕事の種類によって異なります。カジュアルな仕事であれば、最低賃金程度が期待できます。より専門的な分野の仕事に就くことができれば、より多くの収入を得ることができるかもしれません。

しかし、ほとんどの国の最低賃金は、誰もが貧困ラインを下回らないように設定されているため、カジュアルな仕事だけで快適な生活を維持できる可能性は低いことを覚えておくことが重要です。しかし、専門的な分野でより需要の高い仕事を得ることができれば、快適な生活を維持するために十分な収入を得ることができるかもしれません。

9.現地で働くべき5つの理由

ワーキングホリデー中にアルバイトや正社員の仕事を探している場合、現地で働くことには多くのメリットがあります。実用的な英語スキルの習得から、交友関係の広がりまで、ワーキングホリデー中に現地で働くことを検討すべき5つの理由をご紹介します。

1.実践的な英語力が身に付く

現地で働く最大のメリットは、英語力を向上させることができることです。現地では、英語をメイン言語としている職場が多くあります。ここでは、日常会話に触れ、母国語でよく使われるフレーズや単語を学ぶことができます。

同僚や顧客と有意義な会話をしながら、言葉を練習することができます。そうすることで、現地の言葉をより理解できるようになるだけでなく、現地の文化的規範やエチケットに追いつくことができます。

2.勤務先でスキルアップできる

もうひとつの大きなメリットは、職場でスキルを磨くことができることです。ワーキングホリデー中は、技術、財務、ビジネスなどのスキルを磨くことができます。ビジネスがどのように運営されているかを学び、現地の文化に関する知識を身につけ、現地の人が職場で使う言葉を練習することができます。

これらのスキルは、あなたの履歴書にとって有益であり、最終的には新しい仕事の機会を探す際に、助けになります。

3.現地で稼げる

現地で働くことは、お小遣いを稼ぎたい場合にも最適です。他の国に比べて選択肢は限られるかもしれませんが、現地でパートタイムやフルタイムの仕事を見つけることは可能です。特に、適切な経験と資格を持っている場合は、その傾向があります。現地で働くことは、お小遣いを稼いだり、留学中の生活を支えたりするための素晴らしい方法です。

4.交友関係が広がる

現地で仕事をすることで、交友関係も広がります。その土地に住む新しい友人を作り、彼らの文化や言語、ライフスタイルを学ぶことができます。新しい人との出会いは、自分に自信をつけ、コミュニケーション能力を向上させる良い方法です。このことは、その地域に長く滞在する予定がある場合には、特に有益です。

5.現地のことを深く理解できる

最後に、現地で働くことで、現地のことをより深く理解することができます。その土地の文化を知り、現地の人と仲良くなることで、より現地の人に近い感覚を持つことができます。そうすることで、その土地の習慣をより深く理解することができ、その土地の歴史や文化についてもより深く理解することができます。

10.仕事探しのポイント

ワーキングホリデーで仕事を探す場合、いくつかのポイントがあります。まず、必要な書類がすべて揃っていることを確認し、要求があれば提出できるように準備しておきましょう。

さらに、訪問先の国で働くことが法的に許可されているかどうか、現地の政府に確認してください。そして、自分の英語力が応募する職種の基準を満たしているかどうかを確認しましょう。

次に、説得力のある英文履歴書とカバーレターを作成することです。良い履歴書とカバーレターは、あなたの過去の経験や学歴、そしてその仕事に関連するその他の適切なスキルや能力を強調するものです。

簡潔でありながらプロフェッショナルであり、なぜあなたがその仕事に最適な候補者であるのかを明確に説明する必要があります。さらに、連絡先や、あなたを雇いたいと考えている人が連絡を取りたいと思うような紹介先を記載することが重要です。

最後に、地元の雇用市場について調べます。給与や福利厚生、どのような職種が求められているのかなどを調べます。求人情報サイトや海外駐在員フォーラム、トラベルフォーラムなどをチェックすると、どこで仕事を探せばいいのかがよくわかります。

さらに、ホステルや現地で知り合った人に尋ねれば、さまざまな種類の仕事をどこで探せばよいのか、どのように応募すればよいのか、現地の貴重な知識を得ることができます。

11.仕事をするために準備すべきこと

仕事が決まり、その準備をする必要がある場合は、まず、自分が就く予定の職種に関連する法律や規制をよく理解しておくことが大切です。この情報は通常、政府のウェブサイトで入手でき、労働時間や賃金に関する具体的な方針などを含めることができます。

第二に、それはあなたが仕事をするために必要となるツールや機器の種類について考えることが重要です。ノートパソコンや特定の道具を購入する必要があるのでしょうか?あなたが準備されているように、あなたが仕事を開始する前に必要なものを調査し、購入することを確認してください。

最後に、仕事のスケジュールと計画を作成します。あなたが働いている時間やシフトの種類を計画し、あなたが達成する必要があるタスクや成果物の異なる種類を確認します。計画を立てることで、整理整頓と集中力を維持し、目標を達成することができます。

さらに、仕事に適した服装をすることも重要です。その仕事にふさわしい服装と身だしなみを心がけましょう。

12.まとめ

ワーホリで仕事を探すのは大変ですが、正しい情報を得ることで、より簡単に仕事を探すことができます。必要書類の取得から、賃金の条件、仕事探しのコツまで、今回はワーキングホリデーの仕事について必要な情報をお伝えしました。

ワーキングホリデーは、経験を積み、新しいスキルを身につけ、お小遣いを稼ぐのに最適な方法です。必要な書類、英語力、給与の条件さえ揃えば、適切な仕事を見つけることができます。応募する前に様々な仕事の選択肢をリサーチし、国際的な仕事の経験を活かして、就職に有利になるようにしましょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. イギリス渡航前に知っておきたいイギリスと日本の違い15選!

  2. 留学経験1年で英語力はどれくらい伸びるのか?留学の種類や留学による効果まで解説

  3. 将来英語を使って仕事をするために!2ヶ月英語漬けの短期留学☆

  4. オーストラリアの高校の特徴は?日本との違いも解説

  5. ボストンお土産の定番はこれ!ボストンで買っておきたいお土産9選!

  6. 留学先での生活環境は重要!ホームステイ・ルームシェア・アパートを解説