閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

ワーキングホリデー後の就職活動を最適化するために

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 8 分で読むことができます。

この記事はワーキングホリデーを経験し、就職活動を最適化したい人のための記事です。ワーキングホリデーで起こりうるデメリットとそれを回避するための重要なポイントを紹介します。

さらに、ワーキングホリデー後のキャリアの選択肢とワーキングホリデーで失敗した場合の対処法についての洞察も行います。

この記事を読めば、ワーキングホリデー後の就職を成功させるためのアドバイスや知識を得られます。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

1.日本帰国後のリアルな就活状況

ワーキングホリデーを終えて帰国したとき、仕事を見つけるのは難しいかもしれません。それはワーキングホリデーをすることに対する社会の偏見が原因となっています。

このような偏見には、フルタイムで働きながらでなければ向上しないスキルの欠如や、ワーホリから帰国した人に対する雇用主の認識に関する特定のトピックが含まれます。

例えば、雇用主によっては、帰国した人は自立心が強く、冒険好きで、規則正しい生活や職場のルールを守ることができない、と考えるかもしれません。

このような不利益を避けるために、海外留学を検討し、海外で働いていたときと同じスキルや知識を身につけながら、直面しうる偏見を最小限に抑えることが重要です。

留学は、外国語、文化、環境の中で新しいスキルや知識を身につけるユニークな機会を提供し、就職活動において他の応募者より優位に立つことができます。

さらに、留学中にインターンシップやアルバイトを探すことも可能で、帰国後に雇用者にアピールできるような実務経験を積むことができます。

2.ワーホリから日本帰国後に選択できる進路

ワーキングホリデーは海外で貴重な経験をすることができますが、日本に帰国する際にデメリットが生じることもあります。

帰国後、経験の欠如が原因で就職が難しくなったり、新しい文化や言語に馴染めなかったりすることがあります。

しかし、ワーキングホリデーを経験した人には、まだ多くの有効なキャリアの選択肢と戦略があります。

1.ワーキングホリデーの経験を活かして就職

1つ目の選択肢は、ワーキングホリデーで身につけたスキルや知識、経験を活かせる仕事を探すことです。海外で得た経験を活かすことで、採用担当者にアピールすることができ、より早く仕事を見つけることができます。

求人に応募する際には、身につけたスキルを説明し、それが自分の成長にどのような影響を与えたかを説明するようにしましょう。ポジティブな点を強調し、ワーキングホリデーの経験がいかに自分の成長に役立ったかを説明するようにしましょう。

2.ワーキングホリデー前に所属していた会社に戻る

前職やワーキングホリデー前に働いていた会社に戻るという方法もあります。仕事が楽しかったのであれば、以前働いていたところに戻ることで、仕事の安定を図ることができますし、制度や立場を知っていることで親近感も湧くでしょう。

もし、復帰することに決めたら、新しいことを学ぶオープンマインドと意欲、そしてワーキングホリデーがいかに自分の成長に役立ったかを伝えるようにしましょう。

3.他の国へ留学する

3つ目の選択肢は、他の国で勉強することです。自分の知識や技術を深めたいのであれば、他の国への留学も視野に入れてみましょう。また、国によっては自分の専攻分野や、興味のある分野の授業を受けることができるかもしれません。

留学することで、今まで縁がなかった仕事への道が開けるかもしれませんし、異なる文化や言語を学ぶ機会にもなります。

4.ワーキングホリデーで滞在した現地で就職する

ワーキングホリデー中に同じ都市や地域に滞在していた場合、同じ場所で仕事を見つけることができる可能性があります。すでに慣れ親しんだ環境であるため、同じ場所に滞在することである程度の安心感や親近感が得られるかもしれません。

また、ワーキングホリデーの経験からすでに人脈がある場合もあり、仕事探しをスムーズに進めることができるかもしれません。

5.起業する

最後の5つ目は、起業するという選択肢です。海外で新しいスキルや人脈、アイデアを得たなら、それを使って自分のビジネスを立ち上げたいと思うかもしれません。

しかし、起業は他の選択肢に比べてはるかにリスクが高いので、踏み切る前に計画を立て、十分な知識とリソースを得ることが重要です。

3.ワーキングホリデー後の就職活動でうまくいく人の特徴

1.ワーキングホリデーの目的が明確

新入社員を採用する際、無数の企業がまず見るのは、その人のキャリア目標です。ワーキングホリデーをする目的が明確であることは、ワーキングホリデー後の就職活動の成功を左右する重要な要素です。

多くの企業は、あなたが海外で衝撃的な体験をし、自分自身や仕事に関するものの見方が変わったかどうかを見たいと思うでしょう。

それを証明するためには、ワーキングホリデー中の自分の変化を示すことができるような経験を、しっかりとした履歴書として作成することが大切です。

2.海外インターンシップに挑戦する

留学中のインターンシップ経験は、国際的な経験を証明するのに最適な方法です。その国で直接学ぶことができれば、その国の文化や言語をより深く理解することができますし、新しい人との出会いや海外の企業との関係構築の機会にも恵まれます。

この経験は、ワーキングホリデー後の就職活動を大きく前進させ、新しく学んだスキルを実生活で活用する機会を与えてくれます。

3.TOEICで高得点を出す

また、英語力を証明するためには、TOEICの高得点取得も必要です。TOEICのような国際的に通用するテストは、長年の語学学習の証明となり、採用企業もこのテストで優秀なスコアを示した応募者を求めていることが多いのです。

ワーキングホリデーを経験し、語学力が向上したのであれば、それを証明するTOEICの高得点が重要です。

4.ワーキングホリデー経験者ならではの強みがある

また、ワーキングホリデー経験者ならではの強みがあることも、ワーキングホリデー後の就職活動で重宝されます。

企業が求める人材は、独自の国際感覚を持ち、ビジネスの発展に貢献できる人です。各国のニーズや文化、経済などを総合的に理解していることは、就職活動で有利に働きます。

さらに、海外滞在中に語学力やコミュニケーション能力がどのように向上したかをアピールすることも大切です。

5.日本の就活シーズンに合わせて留学する

最後に、日本での就職活動には、就職活動のピークシーズンに応募することも欠かせません。日本では採用スケジュールが決まっているので、繁忙期という限られたチャンスを生かすことが重要です。

ほとんどの企業は1年のうち数カ月しか応募を受け付けないため、間違った時期に履歴書を送ると見落とされる可能性があります。日本の就職活動のスケジュールを常に把握し、適切な時期に応募することが大切です。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

4.ワーキングホリデー後の就職活動でうまくいかない人の特徴

1.ワーキングホリデー経験者ならではのスキルがない

帰国後は、就職活動の目標や目的を明確にすることが大切です。多くの人は、自分が何をしたいのかを考えることができず、就職活動を漫然と行うことになってしまいます。

これでは、挫折や混乱を招き、方向性が定まらないまま、就職活動を終えてしまうことになりかねません。就職活動では、何か具体的な目標に向かって計画を立てることが大切です。

2.日本の就活シーズンのことを考えずに留学する

留学する際には、日本の就活シーズンがどうなっているのかを考えておくことが大切です。

例えば、日本の採用時期の真っ只中に帰国すると、就職のチャンスが少なくなりますし、激しい就職活動の後に帰国すると、ライバルに差をつけるのが難しくなります。

また、就職活動中に長期の出張や約束がある場合は、日本の就職活動時期を考慮することが重要です。

3.安易に「また海外に行きたい」と言ってしまう

採用担当者と話をするときは、海外に戻ることを考えず、集中することが大切です。海外旅行を続けたいという気持ちがあっても、今は面接の段階であることを忘れず、そこに集中することが大切です。

安易に「また海外に行きたい」と言うのは、採用側にとって「この仕事に真剣に向き合っていないのではないか、芯の通った努力をする気がないのではないか」と思わせることになります。

5.ワーキングホリデーで失敗した時の対処法

ワーキングホリデーは、旅行や探検、新しい文化や経験を楽しみ、貴重なスキルや見識を得ることができる素晴らしい機会です。

しかし、ワーキングホリデーに伴う潜在的なデメリットを知っておくことは重要です。海外で長期間過ごした人を雇うことに抵抗がある雇用主は多く、仕事によっては、そうした経験やライフスタイルとは関係のない、特定の資格やスキルが求められることもあります。

さらに、雇用主は、海外で長期滞在したことのある潜在的な従業員のコミットメントを疑問視することもあります。自分の職歴に空白期間があることを説明できるようにし、希望する仕事に就くための意欲と決意をアピールすることが大切です。

1.英語をもっと勉強する

ワーキングホリデー後に即戦力として活躍するためには、時間を有効に使うことも一つの方法です。英語を母国語としない国や地域で過ごすのであれば、時間をかけてでも英語を勉強しておくとよいでしょう。

仕事の選択肢が広がるだけでなく、その土地の文化や言語をより深く理解することができます。また、その地域に対するコミットメントを示すことにもなり、潜在的な従業員としてより魅力的な存在になることができます。

英語が堪能であることは、グローバル化した現代経済において不可欠であり、就職活動において大きなアドバンテージとなりえます。海外で働く間に時間をかけて英語を習得しておけば、就職活動で有利になりますし、どんな仕事上の状況でも快適に過ごすことができます。

2.ワーキングホリデーの経験を整理してみる

ワーキングホリデーから帰国する際には、優れた組織計画を立てることが重要です。ボランティア活動や現地の企業で働いたことなど、海外滞在中に行ったことを印象的なポートフォリオにまとめましょう。

そうすることで、あなたが幅広い経験を持っていること、さまざまな環境で働くことができることを雇用主に示すことができます。

また、面接でベストを尽くすには、整理整頓も重要です。準備期間を十分にとり、業界や仕事について調べ、典型的な質問に答える練習をしましょう。

その仕事をする能力があること、そして準備をしていることを示せば、雇用主はあなたを採用する可能性が高くなります。

3.就職エージェントに相談する

ワーキングホリデー後に仕事を探す場合、就職エージェントに相談することが有効な場合があります。履歴書や職務経歴書を整理し、就職先を探す手助けをしてくれます。

また、雇用主との橋渡しをしてくれたり、必要であれば貴重なアドバイスやサポートをしてくれたりします。

良い人材派遣会社は、ワーキングホリデーの特殊性や、その後の就職に関する課題を理解しているはずです。経験豊富で評判の良いエージェントを見つけるには、よく調べることが大切です。

6.まとめ

ワーキングホリデーの結果がどうであれ、この記事で紹介したアドバイスを参考に、仕事探しを最適化すれば、あなたの経験を最大限に生かすことができます。ちょっとした計画と準備で、ワーキングホリデーは成功するキャリアのチャンスに変わるのです。

今回紹介したアドバイスを参考にすれば、ワーキングホリデー後の就職の可能性は高くなります。

ワーキングホリデーの目的を明確にすること、TOEICで高得点を取ること、ワーキングホリデーならではの強みを持つこと、日本の就職活動時期に合わせた留学をすることが大切です。

ワーキングホリデー後の就職活動を成功させることで、その経験を生かし、必要なスキルや知識を身につけることができます。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. ホームシックの症状となりやすい時期。原因を見つけて解消法を試そう

  2. 「お金がないけど留学したい」を叶えるための節約方法・奨学金制度を解説

  3. 憧れのスタバで働く。|留学生オンラインインタビュー

  4. 奨学金でMBA留学をする方法とは?奨学金の基本情報・国別の費用を徹底解説

  5. 長期留学に持っていく持ち物!必須なものとあると便利なものをご紹介

  6. アメリカで働くには?仕事の探し方、取得すべき資格を解説!