閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

アメリカ人のタバコ事情とは?アメリカに行く際に注意すべき点は?

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 6 分で読むことができます。

現在のアメリカのタバコ事情について知りたいと思いませんか?タバコに関してどのような変化があったのか、気になりませんか?この記事では、現在のタバコ事情やアメリカ人が持つタバコのイメージについて詳しく解説しています。この記事を読むことで、あなたはより良い情報を得ることができ、アメリカでタバコを吸うときにどんなことに気をつければいいのかを理解できます。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

1.アメリカのタバコ事情の概要

アメリカにおけるタバコの使用量は近年激減しています。米国疾病対策予防センター(CDC)によると、成人のタバコ使用の有病率は、2005年の20.9%から2015年には15.5%に減少しており、同時期に、シガリロとリトルシガーの使用率は8.2%から5.2%に減少しています。このタバコの使用量の減少は、アメリカにおける喫煙レベルの低下を示しています。

さらに、電子タバコの使用は人気が高まっており、現在では若者の間で最もよく使用されているタバコ製品となっています。CDCによると、高校生の電子タバコ使用率は、2011年の1.5%から2015年には16%に増加しました。青少年や若年層におけるこのような増加は、タバコの使用により長期的な健康被害を受けるリスクが高いため、懸念されています。

これとは別に、アメリカではタバコの普及率を下げるために、数多くの公衆衛生上の取り組みが実施されています。CDCは、タバコの価格の引き上げ、禁煙法の実施、室内空気の清浄化規制の実施など、数多くのタバコ規制戦略を特定し、タバコ使用の減少につなげてきました。さらに、アメリカ政府は、タバコの使用を対象とした数多くのキャンペーンを実施し、これらのキャンペーンは、タバコ使用の危険性に対する認識を高める上で効果的となっています。

こうした取り組みと、タバコの危険性に対する国民の意識の高まりが相まって、アメリカではたばこ製品を使用する人の数が減少しています。また、タバコのイメージも大きく変わり、数十年前に比べて喫煙がよりネガティブに捉えられるようになりました。

2.アメリカ人のタバコの喫煙状況

アメリカでは、タバコを吸う人がどんどん減ってきています。喫煙者の平均寿命は非喫煙者より短く、肺がん全体の4分の1近くがタバコの喫煙と関連していると言われています。米国疾病対策予防センターの報告によると、2017年にはアメリカ人の約13.7%がタバコを吸う人であり、2005年の16.8%から減少しており、タバコを吸ったことがないアメリカ人も増加傾向にあります。

若者層に関しては、よりポジティブなデータが出ています。CDCによると、2017年のデータでは、喫煙する中高生の割合は8%で、2011年の11.7%から減少しています。8年生を対象にした調査では、6.9%が過去1カ月に少なくとも1本のタバコを吸ったと回答しています。アメリカにおけるタバコの喫煙は、政策、教育、介入の成功により減少を続けています。

喫煙に対するイメージは、この数十年で大きく変わりました。多くのアメリカ人が、喫煙は不健康で、しばしば危険な習慣であると考えるようになりました。禁煙キャンペーンは、喫煙の危険性に対する認識を高め、禁煙を支援する上で非常に効果的となっています。その結果、アメリカの多くの地域で、タバコを吸うことは社会的に受け入れられなくなりつつあります。

アメリカの喫煙者は、多くの公共の場での喫煙が禁止されていることを認識しておく必要があります。いくつかの市や州では、バーやレストランでの喫煙を禁止する法律が制定されているほどです。さらに、電車、バス、飛行機など、多くの公共交通機関では喫煙が禁止されています。喫煙に関する現地の法律や規制を知ることは、海外から来てアメリカで旅行する人、またはアメリカ国内で旅行する人にとって重要です。

アメリカのタバコ事情は、ここ数十年で劇的に変化しています。喫煙はますます人気がなくなり、多くの地域で社会的に受け入れられなくさえなっている。喫煙の危険性に対する認識が高まり、公共の場での喫煙を違法とする法律が数多く制定された。したがって、アメリカを訪れる方は、訪問先の地域の喫煙に関する法律を知っておくことが重要です。

3.アメリカにおける電子タバコ(VAPE)事情

1.アメリカにおける電子タバコの使用状況

米国疾病対策予防センターによると、2017年、18歳以上のアメリカ人のうち、現在タバコを吸っている人はわずか14.1%でした。これは、24.7%だった2005年から大幅に減少しています。しかし、葉巻、シガリロ、電子タバコ(VAPE)など、他のタバコ製品の使用は増加しています。2018年には、12歳以上のアメリカ人の20%以上が電子タバコを試したことがあると回答し、アメリカの高校生の6.2%が現在の使用者であると回答しています。

2.アメリカにおけるたばこ製品の規制について

アメリカでは、タバコ製品の規制はFDA(Food and Drug Administration)の管轄となっています。FDAは、アメリカにおけるタバコ製品の使用を抑制することを目的として、フレーバーシガー、シガリロ、タバコの禁止、広告の制限、タバコ製品への警告ラベルの表示など、多くの規制を発表しています。さらに、アメリカでは 2009 年に家族内喫煙防止及びたばこ規制法が採択され、すべてのタバコ製品が販売される前に FDA の承認を受けることが義務付けられています。

3.アメリカにおけるVAPE

近年、電子タバコ(VAPE)の利用が盛んになってきています。FDAは、フレーバータバコを禁止していますが、電子タバコに関しては同様の措置をとっていません。そのため、様々なフレーバー付きのカートリッジや電子リキッドがあり、消費者、それも未成年の消費者が簡単に手に入れることができます。その影響もあり、高校生のフレーバー付き電子タバコの使用は増加傾向にあります。2018年、アメリカの高校生の55%以上が、過去30日間にフレーバー付き電子タバコを使用したことがあると回答しています。

アメリカにおけるタバコ事情は、タバコの使用が減少傾向にあり、他のタバコ製品の使用が増加傾向にあるなど、大きく変化しています。海外からアメリカに行く方は、タバコ製品を取り巻く法律や規制、アメリカの若者の間でのVAPEの普及について知っておくことが重要です。これらの事実を知っておくことで、アメリカへ行く際に十分な情報を得た上で決断することができるようになります。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

4.タバコに関する現在の法律と規制

アメリカでは、タバコの使用に関する法律は州によって異なります。多くの州では18歳未満へのタバコの販売は違法であり、他の州では購入者は21歳でなければなりません。さらに、タバコの税金も州によって異なります。また、州によっては、タバコを販売できる場所を制限していたり、パッケージに特定の健康上の警告を印刷することを義務付けているところもあります。

公共の場での喫煙に関しては、ほとんどの州でレストランやバーなどの公共の場での喫煙が禁止されています。また、水パイプや鉤状のタバコなど、特定のタバコ製品を廃止している州もありますが、まだ許可している州もあります。

5.タバコの長期使用による経済的影響

タバコの使用は、個人と社会に長期的な経済的影響を与える。米国疾病対策予防センター(Centers for Disease Control and Prevention)によると、喫煙に関連する病気は、直接医療費として年間3000億ドル以上かかっているという。さらに、喫煙に関連する病気は、収入減、医療費、欠勤による生産性の低下など、個人にも経済的な打撃を与えています。

社会レベルでは、喫煙関連疾患の医療費が国民に転嫁されるため、保険料や税金の上昇につながります。さらに、環境タバコ煙(ETS)、すなわち副流煙の経済的コストは、人間の健康への影響が精査されているため、引き続き強く議論されています。

6.喫煙に対する国民の意識

喫煙に対する国民の意識は、年々変化しています。1980年代のアメリカでは、喫煙はまだかなり受け入れられており、多くの人が安全だと思い込み、広告や商品で喫煙習慣を宣伝することさえありました。

しかし、現在では、タバコの煙が健康障害につながるという研究が次々と出てきており、喫煙に対する世論は慎重なものに変わってきています。その結果、喫煙に対する世論はほぼ否定的な傾向にあり、多くの人が喫煙を避けるべき危険な習慣とみなしています。

7.タバコをめぐる意識と展望

アメリカにおけるタバコの使用に関する意識は、今後もより否定的になっていくと思われます。タバコを定期的に吸う成人の割合は、1965年から現在に至るまで確実に減少しており、タバコ使用の減少傾向が今後も続くことを示唆しています。

8.まとめ

アメリカのタバコ事情は、10年前とは大きく変わっています。公衆衛生キャンペーン、禁煙法、室内空気の清浄化規制などの影響もあり、タバコの使用は劇的に減少しました。

さらに、タバコの使用に対するイメージも大きく変わり、喫煙は数十年前よりもはるかに否定的に捉えられるようになりました。アメリカでのタバコの使用が減少しているため、海外からアメリカへ行く方はアメリカでタバコを吸うときに何に気をつければよいのかわからないかもしれません。安全で楽しい旅行のために、これらの規制を意識することが大切です。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. ワーキングホリデーの仕事について知っておくべきこと

  2. 留学中は住民票を抜く?残す?住民票のほか健康保険・年金の手続きについて徹底解説

  3. オーストラリアでのワーキングホリデー体験談を集めてみた!

  4. 海外留学をした芸能人12選!その後の英語力はどう?

  5. 【恋愛】留学中に出会いはある?出会い方や帰国後の関係性について解説

  6. 留学に必要な資金はどれくらい?具体的に貯めるべき金額と貯め方、捻出方法を解説