閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

英語が話せない人でも留学はできる?成功する留学スタイルとは?

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 7 分で読むことができます。

あまり英語が話せない人でも留学に憧れることはあるでしょう。ですが、「英語が話せないのに、留学なんてできるのかな?」なんて疑問を抱いている人もいるはずです。
そこでこの記事では、英語が話せない人でも留学ができるのかどうか、そしてどんな留学ならできるのかを解説していきます。こちらを参考にすれば、英語が話せない人も留学に向けての準備が始められるでしょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

英語が話せない人でも留学はできる?

まずは、英語が話せない人でも留学ができるのかどうか、留学スタイル別に解説します。

語学留学なら英語が話せなくても大丈夫!

語学留学というのは、英語を習得・上達させるための留学です。語学学校には、英語がほとんど話せない人もたくさんいます。ですから、語学留学であれば、今現在英語が話せなくても、全く問題ありません。

ただし、英語が話せないと普段の生活やホストファミリーなどとの会話には一苦労することは覚えておきましょう。毎日英語漬けになるため、日本にいるよりは英語が上達していきますが、それでもストレスを感じることは多いかもしれません。

言葉が通じないことを楽しめない人や、不安を感じる人は、日本で基本的なレベルの英語くらいは身につけておくことをおすすめします。初級レベルくらいなら、それほど時間をかけなくても、到達することができますよ。

専門・大学留学などは英語力必須

語学留学以外の、専門・大学留学などでは英語力が必須となっています。入学条件に一定の英語力が設定されているため、英語が話せない人は専門・大学留学をすることができません。

ですが、英語が話せない状態で語学学校からはじめ、大学準備コースを取り、そして大学留学をするということはできます。これだと、相当予算が必要になりますが、不可能なわけではありません。

予算を抑えて専門・大学留学をするなら、日本で英語力をつけてから留学を目指すのがおすすめ。専門・大学留学に必要とされる英語レベルは中上級以上ですが、日本でもそのくらいのレベルに英語力を上達させる方法はいくらでもあります。

現地で働くつもりなら英語力があった方がベター

ワーキングホリデービザを利用して、語学留学も現地でのお仕事も……という人は、たとえ現地の語学学校で英語力をアップさせるつもりであっても、ある程度日本で英語力をアップしておくことをおすすめします。

このスタイルの場合、英語が話せなくても渡航は可能ですが、仕事探しが難航するからです。
英語力ゼロで語学学校に3ヶ月通った場合と、ある程度英語力がある状態で語学学校に3ヶ月通った場合では、その後の英語力にかなりの差ができてしまいます。
特に日本語環境以外で働きたいと思っている人は、英語力があれば仕事を探しやすくなるでしょう。

ワーキングホリデービザなどで語学留学+就労を考えている人は、英語力をつけてからの渡航を検討してみてくださいね。

英語が話せないと現地で困ることはある?

語学留学の場合は、英語が話せなくても可能というのは前述のとおりです。しかし英語が話せない状態だと、学校内や現地での日常生活で困ることがあるかもしれません。
ここからは、英語が話せない場合に想定されるデメリットについて解説していきます。

現地の人と意思の疎通ができない

英語が話せない場合、現地の人との意思疎通が難しくなります。たとえば何か物を買いたいときにもスムーズにいかない時もあるでしょうし、困った時に誰かに質問することもできません。
日本ではできていた簡単な買い物さえ、難しいと感じることもあるでしょう。

ただ、語学学校内やホームステイ先では、そこまで問題になりません。語学学校の先生やスタッフ、そしてホームステイの受け入れ先は、英語が話せない学生に慣れているからです。
また、語学学校なら他の日本人留学生にお手伝いをお願いすることもできます。

日本人以外の友達を作るのが難しい

英語が話せないと、日本人以外の友達を作るのは難しいです。挨拶くらいは交わせても、会話にならなければ、親交を深めることはなかなか困難でしょう。
かなり社交的で、言葉がなくても仲良くなれるタイプの人なら、あまり問題ないかもしれませんが、友達との会話を楽しむタイプだと、どうしても現地で作る友達が日本人ばかりになってしまいます。

語学留学中に日本人の友達を作るのは、悪いことではありません。むしろ、困ったときに助け合ったり、英語に疲れてしまった時に日本語オンリーで会話をするという息抜きができるので、プラスなこともあります。
しかし、せっかく語学留学をしているのですから、友達が日本人だけに限定されてしまうのはもったいないですよね。その点を重視するなら、英語力はある程度つけてから留学をするのが良いかもしれません。

周囲で何が起こっているかわからずトラブルに巻き込まれることも

英語がわからないと、たとえ何か事件やトラブルが起きていたりしても、周囲で何が起こっているのかまったくわからず、行動が遅れてしまうことがあります。トラブルに巻き込まれてしまうこともあるでしょう。

これを防ぐためには、ある程度英語が理解できるようになっておくか、もしくは何か異変を感じたらその場から速やかに立ち去ることをおすすめします。
公共交通機関の遅れや休止のアナウンスを理解できない位なら、大きなトラブルにはなりませんが、事件や事故に気づけないと、危険な目に遭う可能性もゼロではありません。

英語が話せる人よりも騙されやすい

英語が話せない人は、英語が話せる人よりも騙されやすい傾向にあります。
英語圏で英語が話せないと、現地でドライな対応をされてしまうこともあるのですが、何か目的があって日本人に近づいてくる人は、英語が話せないことを逆手に取ってくる場合もあるのです。
その結果、高額な何かを買わされたり、ちょっとしたトラブルに巻き込まれたり、女性ならセクハラに遭ったりということは、ゼロではありません。
英語が話せない人は、こうしたリスクがあることを理解して、やたらとフレンドリーに近づいてくる知らない人に対しては警戒心を持ちましょう。

短期留学だと英語が話せないまま留学が終わる

英語が話せなくても語学留学はできますが、短期留学だと英語が話せないまま留学が終わってしまうというデメリットもあります。1〜2週間位の短期留学だと、ほとんど英語力は変わらないでしょう。また、1ヶ月くらいでも、あまり「英語が話せるようになった」とは感じないはずです。

英語が話せない人が短期留学をするなら、英語上達ではなく現地の生活を体験することを目的にするか、ある程度英語力を鍛えてから留学することをおすすめします。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

英語が話せない人におすすめの語学留学スタイル

英語が話せない人が語学留学を成功させるためには、上記でご紹介した「英語が話せないと現地で困ること」を理解しつつ、自分に合った留学スタイルで留学をすることが大切です。
では、英語が話せない人にはどんな語学留学が向いているのでしょうか。ここからは、英語が話せない人におすすめの語学留学スタイルをご紹介します。

日本語が話せるアシスタントがいる学校がおすすめ

語学学校には先生の他に、さまざまな事務手続きをしてくれる人や、アドバイザーのような存在がいます。
そして多くの日本人を受け入れている学校だと、日本語が話せるアシスタントを雇っていることもあります。日本語が話せるスタッフがいる学校は多くはありませんが、英語が話せない人は、そんなスタッフがいる学校を探すのもおすすめです。

学校に日本語スタッフがいれば、何かあった際に頼りにすることができるからです。また、学校で起きたトラブルなどの相談もすることができますよ。

中期〜長期の留学を検討しよう

英語が話せない人が語学留学をするなら、3ヶ月以上の中期以上の留学をおすすめします。短期間だと、英語の基礎がわかるくらいのレベルで終わり、「英語が話せる」というレベルに至ることは難しいからです。

ですが、中長期の留学なら、英語の基礎を作ったあとに、実践でどんどん応用し、気づいた頃には日常会話はこなせるくらいのレベルにはなっているでしょう。
上達度には個人差がありますが、中長期の留学をしたあとで、全く英語が話せないままというのは稀です。

ホームステイで現地の人と頻繁に交流する

英語が話せない人は、現地でなるべく英語を口にすることで、スピーディーなレベルアップを目指しましょう。
英語が話せない人におすすめの滞在方法はホームステイです。現地の家族と一緒に生活をすることで、生活上よく使うフレーズなどを覚えることができるからです。

ホームステイを選ぶ場合は、家族と頻繁に交流するように心がけましょう。挨拶はもちろん、簡単な料理の感想や、生活上の質問など、シンプルなことから会話をはじめてみてください。
ホストファミリーによっては、学生をまるで家族の一員のように扱ってくれる場合もあるので、そうしたファミリーのところにステイできればラッキーですね。

日本人と外国人の比率がちょうど良い学校がおすすめ

語学留学を考えている人の中には、日本人が多い環境は避けたい!と思っている人も多いでしょう。ですが、英語が本当に全く話せない人の場合、周囲に日本人がいない環境はちょっと大変です。誰とも会話ができませんし、心細い思いをしたり、孤独を感じたりすることもあるでしょう。

ですから、英語が話せない人には、日本人と外国人の比率がちょうど良い学校がおすすめです。半分以上が日本人だと多すぎるかもしれませんが、20%くらいなら、許容範囲。また、10〜15%くらいでも、日本人は下のクラスに固まりがちなので、会話ができる相手が見つかります。

ただ、日本人の比率が10%程度だと、日本語スタッフはいないため、そちらとのバランスも考えることをおすすめします。

英語が話せない人におすすめの留学前の学習方法

現時点で英語が話せない人も、今日明日語学留学に旅立つということはないはずです。少なくとも1ヶ月以上は語学留学までに時間が取れるのではないでしょうか。
1ヶ月も時間があれば、簡単な会話をこなせるレベルにまで、英語力を鍛えることが可能です。

語学留学に向けて、ある程度英語力をつけておきたいと願う人におすすめなのが、フィリピン人講師などのいる格安オンライン英会話。格安オンライン英会話なら、大体6,000〜7,000円くらいの価格帯で、毎日25分の英会話レッスンを受けることができます。
英語が話せない人の場合は、英語の基礎を作り、基礎会話をこなせるようになるのが目的なので、ネイティブにこだわる必要はありません。
語学留学まで時間があるなら、毎日オンライン英会話のレッスンを受講し、留学までに英語力を強化しておいてはいかがでしょうか。きっと、留学後の生活もさらに充実するはずですよ。

英語が話せない人でも語学留学には挑戦できる!

英語が話せない人でも語学留学に挑戦はできます。ですから、今英語が話せないからと、語学留学を断念する必要はありません。
ただし、ある程度英語がわかった方が、留学後の生活が充実しやすいのは事実。時間がある人は、ぜひ留学前までに少しでも良いので、基礎的な英語力をつけておくことをおすすめします。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. 年齢制限のワーキングホリデーへの影響

  2. 【アメリカ留学】大学の学費はいくらかかる?学費が高い理由や節約術を解説!

  3. イギリス留学でデビットカードは必需品!おすすめのカード会社やスマホ決済について解説

  4. エージェントを探していて、1番安心できた夢カナ留学に決めました!

  5. ボストン留学の基本情報!メリットやおすすめ語学学校を紹介

  6. アメリカで人気のビールはどれ?おすすめのビール5選とおつまみをご紹介!