閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

リベラルアーツカレッジってどんな大学?その特徴をご紹介!

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 6 分で読むことができます。

海外への大学留学を考えているなら、「リベラルアーツカレッジ」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。
このリベラルアーツカレッジとは、とてもシンプルに言えばリベラルアーツ教育を基盤とした大学のことなのですが、具体的にどんな大学なのかイメージができない人もいるでしょう。

そこでこの記事では、リベラルアーツカレッジについて詳しくご説明していきます。リベラルアーツとは何かについても触れていくので、リベラルアーツカレッジに興味がある人はぜひ参考にしてくださいね。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

リベラルアーツ教育とはなにか

リベラルアーツカレッジとは、「リベラルアーツ教育」の考え方に基づいたコース・カリキュラムが提供されている大学のことです。
では、この「リベラルアーツ教育」とは一体どんなものなのでしょうか。

リベラルアーツの意味

「リベラルアーツ(Liberal Arts)」は古代ギリシャで生まれた概念で、「人が身につけなければならない学術やスキル」のことを意味します。日本語で一言で表すなら、「一般教養」です。
専門的な知識やスキルのことではなく、社会を生き抜くために必要な知識やスキルと言い換えれば、イメージがつくでしょうか。
日本の大学にも一般教養の科目がありますが、その中にはたとえば心理学や語学、歴史などが含まれています。そして日本の大学生の多くが、一般教養としてさまざまな分野の学問を学んでいるでしょう。
「一般教養」に含まれる科目であれば、そのどれもが専門的過ぎる内容ではなく、社会生活を送るうえで役立ちそうなレベルの内容になっています。そこが、リベラルアーツ教育を理解するためのポイントです。

リベラルアーツ教育とは?

リベラルアーツ教育とはどういうものかというと、専門分野にとらわれずに幅広い知識やスキルを学べるような教育のことを言います。
何かの専門分野について高度な専門性を身につけるのではなく、学生本人の興味関心に基づき、言語学や自然科学、芸術など、さまざまな分野の学問を自由に学べるのです。
そのため、専門知識・スキルの教育よりも、人間教育、人間性の形成といった部分を重要視しているのが、リベラルアーツ教育を取り入れた大学の特徴です。

リベラルアーツカレッジはどこにある?

リベラルアーツ教育を取り入れている大学は、海外だけではなく日本にもあるのですが、リベラルアーツ教育を基盤とする「リベラルアーツカレッジ」はアメリカにあります。

アメリカのリベラルアーツカレッジは、総合大学とは異なる独特な大学でありながら、現在全米で約600校存在しています。
意外と数が多いため、日本人留学生でも留学しやすい地域にもリベラルアーツカレッジを見つけることができるでしょう。また、留学生受け入れ体制が整っているリベラルアーツカレッジも多いです。

アメリカのリベラルアーツカレッジの特徴

ここからは、アメリカのリベラルアーツカレッジが、総合大学とはどの様に違うのか、その特徴をご紹介していきます。

小規模かつ少人数制教育

リベラルアーツカレッジは、そのほとんどが500〜3,000人規模の小規模な私立大学です。大学の講義というと、大きな部屋で教授が何十人もの学生相手に話しているような講義を想像する人もいるでしょう。
しかし、リベラルアーツカレッジでは、1クラスあたりの人数は10〜15人程度に抑えられています。多い場合でも30人程度と少人数制なので、クラスに参加している人たちとも交流しやすい環境です。

また、小規模で少人数制だということから、ひとりひとりが丁寧な教育を受けられるのも特徴的。クラスを少人数にすることで、教員の目がどの学生にも行き届きやすく、学びに関する相談がしやすい環境なのです。

全寮制の学校が多い

リベラルアーツカレッジのほとんどが全寮制となっており、留学する場合は寮滞在となります。滞在先の心配をしないで良いことや、学生たちと生活を共にできることなど、メリットはたくさん。
寮生活の中で気が合う友人ができたりして、生活が豊かになるかもしれません。

郊外の落ち着いた環境の中にある学校が多い

リベラルアーツカレッジは、都市部の都心というよりも、郊外や田舎の方に位置していることが多いです。周辺が騒がしくなく、落ち着いた環境なので、ゆっくり勉強に集中しやすいでしょう。

郊外や田舎と聞くと、不便な生活を想像するかもしれませんが、そこはご心配なく。カレッジには学生がいて、全寮制であることから、生活に必要なものが揃いやすい環境が整っています。

受け身ではなく参加型の授業が中心

リベラルアーツカレッジの大きな特徴は、その授業の形態です。
大学というと、教員が大勢の学生に対して一方的に話すような形を想像する人も多いのではないでしょうか。しかし、リベラルアーツカレッジでは、学生が主体的に授業に参加できるような、参加型の授業が中心となっています。

たとえばディスカッションをしたり、プレゼンテーションがあったりと、発言の場が多いのがリベラルアーツカレッジでの学びの特徴です。受け身で人の話を聞くだけではないので、集中力がもたないなんて心配もないでしょう。

好きなことを学べる

リベラルアーツカレッジでは、さまざまなクラスが開講されています。入学すると、その中から自分が興味を惹かれることや学びたいと思えるものを選び、クラスを受けることになります。

自分で好きなことを選んで学べるため、決められたコースを歩むよりも自由に学びたい人にはぴったりな環境です。

専攻は後から決める・ダブルメジャーもOK!

リベラルアーツカレッジにおいても、専攻を決める必要はあります。しかし、専攻を決めるのは、2年次の終盤となっています。つまり、最初の2年間は自分の好きなように、好きなことを学び、その中で何を専攻したいかをゆっくり決めることができるのです。

さらにダブルメジャーもOK。ダブルメジャーとは、2つの専攻を学ぶことです。2つの学位を習得できるリベラルアーツカレッジもあり、通常の大学に比べるととても自由な学び方ができるのがわかるでしょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

リベラルアーツカレッジが向いている人

通常の大学とは異なる点の多いリベラルアーツカレッジ。自由に学び、幅広い教養をつけることができるため、魅力的に思う人も多いでしょう。
しかし全ての人にリベラルアーツカレッジが向いているわけではありません。たとえば、すでに何か専門分野について研究したいという目標がある人にとっては、リベラルアーツカレッジは不向きです。

そこでここからは、どんな人にリベラルアーツカレッジがおすすめなのか、リベラルアーツカレッジに向いている人をご紹介します。これにいくつか当てはまれば、リベラルアーツカレッジへの留学も検討してみてくださいね。

将来の目標が決まっていない人

「大学留学はしたいけどその後の未来像がない」「将来何になりたいかわからない」……そんな悩みを抱えている人には、リベラルアーツカレッジがおすすめ。リベラルアーツカレッジは最初から専攻を決める必要がないため、何を勉強したくて何になりたいのかわからなくても全く問題ないからです。

専攻を決めるのは、最初の2年間の間でOK。興味を惹かれるさまざまな分野のことを勉強していれば、自分が将来何をしたいのか、何を極めたいのかが見えてくるはずですよ。

自分が何に興味があるかわからない人

そもそも自分が何に興味があるかわからない人にも、リベラルアーツカレッジはおすすめです。自分の興味や得意分野がわからなければ、何を学べばいいのかも見えてこないでしょう。
その点リベラルアーツカレッジでは、幅広い分野のことが学べるので、学びながら自分の興味を見つけることができるのです。砕けた言い方をすれば、色々な分野をつまみ食いしてみることで、どれが一番ワクワクするのかを探せるということです。
自分に何が合っているかわからず、大学を決めかねているなら、リベラルアーツカレッジを選ぶのも選択肢の1つでしょう。

知識欲が豊富な人

知識欲が旺盛で、色々なことに興味がある人にもリベラルアーツカレッジがおすすめ!リベラルアーツカレッジなら、さまざまな分野を学べるため、知識欲が豊富な人にとってはとても充実した大学生活を送れるでしょう。

最終的には専攻を選ぶことになりますが、それも2つ専攻を選べたりするので、色々学びたい人にとっては最適な環境ですね。
何かについて極めたり専門性を深めたりするよりも、幅広い教養を身につけたい人は、ぜひリベラルアーツカレッジについて調べてみましょう。

参加型授業に魅力を感じる人

「受け身の授業だと眠くなる」「集中できない」なんて人は、リベラルアーツカレッジの参加型授業を受ければ、その悩みが解決されるはずです。
参加型授業では、自分も発言する必要があるため、眠気を感じる暇はありません。また、他の学生たちと意見交換したり、プレゼンテーションを見たりするのは、刺激にもなるはずです。
じっと机に座って勉強をするのが苦手でも、参加型授業なら楽しめる可能性もありますよ。

少人数制クラスを好む人

クラスの人数が多いよりも、少人数制で全員と交流できたり、教員との距離が近い方が良いという人も、リベラルアーツカレッジが向いています。
少人数制だと、授業中にちょっとサボっているとバレてしまいますから、そういう意味では集中力が続かない人にも少人数制はプラスですね。

アメリカへの大学留学ならリベラルアーツカレッジも選択肢に!

今回ご紹介したリベラルアーツカレッジは、アメリカ人にも人気の大学です。総合大学ではないからと言ってレベルが低いというわけではなく、名門校も存在しています。
アメリカへの大学留学を考えているものの、大学や学ぶ分野を決め切れていないなら、リベラルアーツカレッジも選択肢に入れて検討してみましょう。総合大学ではできない経験が、あなたを待っているはずですよ。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. 英語のプレゼンはこれだけでOK!構成、使える英語フレーズ、スライド作成のコツ

  2. アメリカでは大麻が合法な地域がある?滞在中の大麻使用について

  3. 留学準備の始め方!準備期間・手続きの流れ・大事なポイントを解説!

  4. カナダはイケメン・美女大国?!カナダ人の特徴や日本へのイメージを調査!

  5. 【女性必見】オーストラリアへのワーホリで必須な持ち物とは?

  6. オーストラリアでのアルバイト事情とは?時給はどれくらい?