閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

カナダのファームステイってどんな感じ?ステイ方法やメリットをご紹介

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 14 分で読むことができます。

ファームステイと言えば、オーストラリアやニュージーランドを思い浮かべる人も多いでしょう。しかし実はカナダでもファームステイができるというのは、ご存知でしょうか。
自然豊かなカナダのファームステイでは、オーストラリアやニュージーランドに負けず劣らず貴重な体験ができるはず。
ここではカナダ滞在を考えている人向けに、カナダのファームステイについて詳しくご紹介していきます。カナダ滞在を考えている人は、ぜひこれをきっかけにファームステイも検討してみてくださいね。

ファームステイとは?

まず、ファームステイがどういうものかイメージがつかない人もいるでしょう。そこでまずは、ファームステイとはどういう滞在方式なのかをご説明します。

ファームステイとは「ファーム」とあるように農園・農場などに滞在するものを指します。ファームステイには、労働の対価として宿泊するお部屋や食事が支払われるものもあれば、賃金が出るもの、そして単にステイ代を支払って田舎でのんびりと過ごすものとがあります。

どのパターンであっても、滞在先が農場・農園であれば、ファームステイとなると覚えておきましょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

カナダでファームステイをする方法とは

カナダでファームステイをする場合、仕事の対価として賃金を得る有償のもの、滞在費用の代わりにファームのお仕事を手伝うもの、そして費用を払ってファームでのんびりと滞在させてもらうという方法があります。
ここからは、カナダのファームステイでどんな方法があるのか、そしてどんな方法が人気なのかをご紹介します。

WWOOF(ウーフ)

カナダはファームステイが盛んな国で、WWOOF(ウーフ)と呼ばれるファームステイの組織があります。このWWOOFを通してファームステイをする場合は、労働の代わりに宿泊場所や食事を提供してもらうことになります。
WWOOFを利用してファームステイをする人のことを、ウーファーと呼びます。実は日本にもWWOOFの組織があるため、聞いたことがある人もいるでしょう。

WWOOFを利用してファームステイをする場合は、賃金は発生しないことがほとんどです。そして2022年10月現在では、WWOOFを利用してカナダでファームステイをする場合は、観光ビザでも可能となっています。

ちなみにその他の国々にもWWOOFというシステムはありますが、ワーキングホリデービザなど労働が許可されているビザを持っていなければ利用することができないため、カナダはWWOOFがしやすい国なのです。
ワーホリを諦めている人も、カナダならWWOOFという形で働きながら安価に滞在することができますよ。

ワーキングホリデー+ファームステイ

カナダでファームステイをしながら賃金を得ている人のほとんどが、ワーキングホリデービザの所持者です。オーストラリアやニュージーランドに比べると、カナダのワーホリでのファームステイはそれほど認知度が高くはありませんが、ファームが豊富なカナダでは、ワーホリビザを使ってファームで働くこともできます。

宿泊費用や食事代は給料から天引きされることもありますが、ファームから提供があることがほとんどですから、その辺りの心配はいりません。ファームにいれば、あまりお金を使うことがないので、知らず知らずのうちにお金が貯まっていることもあるでしょう。
田舎暮らしに憧れがある人や、ファームで働いてみたい人は、ワーホリビザを使ってカナダで働くのも良いのではないでしょうか。

ファームでのホームステイ

カナダでのホームステイ先にファームを選ぶという選択肢もあります。宿泊費用は食事代を支払ってのファーム体験の場合は、重労働をする必要はなく、田舎でゆったりと過ごす体験ができるでしょう。

また、短期であれば観光ビザでももちろん可能な滞在方法ですから、カナダの田舎を体験してみたい人にとってはぴったりでしょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

カナダでファームステイをするメリット

カナダでのファームステイを考えている人は、ファームステイでどんなメリットがあるか気になるのではないでしょうか。ここからは、カナダでファームステイを選択する場合のメリットをご紹介します。

安価に滞在ができる

ワーホリビザを利用してファームで働く場合は、周囲に遊ぶところがないことや、賃金は法で定められた最低賃金以上のものをもらえることが多いことから、お金を貯められる場合もあります。
また、WWOOFを利用してファームステイをした場合も、宿泊費用や食事代が浮くため、かかる費用は普通のホームステイよりもずっと安価になります。

低予算でカナダに滞在したいという人なら、ファームステイにはメリットを見出せるでしょう。

英語環境で毎日を過ごせる

カナダでファームステイをする場合、ステイ先の家族は全員カナダ人です。さらにファームステイをしている人たちも、海外からきているワーホリメーカーやウーファーが多く、高い確率で100%の英語環境の中で過ごすことができます。

たとえ日本人がいたとしても、日本人だらけということはありません。また家族がカナダ人であることから、日本人同士でも英語で話さざるを得ない状況も多いはず。

都会に住むと、現時点での英語力によってはどうしても日本人に囲まれて過ごすこともあるでしょう。それを考えると、英語のみで過ごせるファームステイは、メリットが大きいのではないでしょうか。

1日3食の食事が出ることが多い

ファームステイをすれば、有償にしろ無償にしろ、食事の提供があることがほとんどです。これは、自炊が苦手な人や家事が苦手な人にとっては嬉しいはず。しかも1日3食出ることが多いので、仕事とファームを楽しむ以外のことはあまり考えなくても良い環境です。

ステイ先の家族が料理上手だと、農園でとれた美味しい野菜を楽しめるような料理が毎日出ることも。特にワーホリメーカーの場合、都会で働けば3食自分で用意することが多くなるので、1日3食出るのは嬉しいポイントではないでしょうか。

カナダの美しい田舎に滞在できる

カナダでファームステイでは、農園・農場に滞在することになります。農園や農場は、もちろん田舎にありますから、ファームステイをすればカナダの美しい田舎を楽しむことができますよ。

カナダは自然豊かな国なので、自然が好きな人にはファームステイはメリットたっぷり!忙しい都会で過ごすよりも、田舎で自然を感じながらゆったりしたい人にとっては、ファームステイは魅力的ではないでしょうか。

カナダでファームステイをする際の注意点

カナダのファームステイにはメリットがたくさんありますが、農園・農場ということもあり注意しておく点もあります。特に田舎暮らしをしたことがない人は、注意点を念頭におき、本当にファームステイが自分に合っているかどうかを考えてみましょう。
ここからは、カナダでファームステイをする際の注意点について解説します。

ファームの仕事は重労働が多い!

大前提で知っておいて欲しいのは、ファームステイでする労働は、決して楽なものではないということです。
カナダのファームステイでは、フルーツピッキングから野菜の収穫、動物の世話など、仕事内容は多岐にわたります。フルーツピッキングくらいなら楽勝と思う人もいるかもしれませんが、大量のフルーツを一度に運んだりするため、体はとても疲れます。
体力がない人だと、ファームでのお仕事はつらいと感じるかもしれません。

ですからファームステイに挑戦するなら、はじめは短期のものから挑戦してみましょう。短期のものでもきついと感じたら、長期のファームステイは難しいかもしれませんよ。

虫嫌いだときついかも……

農園や農場には虫がたくさんいます。仕事をしている間に虫に遭遇することは当たり前ですし、家の中にも虫が入ってくることがあります。
ですから、虫が嫌いな人だとファームでの生活はちょっとつらいかもしれません。特に虫が増える夏場は注意。自分で虫を退治できない人だと、夜中に虫に遭遇した時にどうすれば良いかわからなくなってしまうでしょう。
虫に苦手意識がある人は、ファームステイをするかどうかはよく検討してから決めましょう。

遊ぶ場所は少なめ

ファームは田舎にある場合が多いので、自然を楽しむには最適な環境です。しかしその一方で、飲食店やクラブといった遊ぶ場所は少なめなことを覚えておきましょう。
夜遊びが好きな人、お酒を飲みに行くのが好きな人だと、ファームでの生活は物足りないかもしれません。ですが数ヶ月程度の期間なら我慢できる人なら、ファームステイでお金を節約しつつ、その後都会で遊ぶなんてことも可能です。

ちなみにファームステイ中も休日はありますから、近くに観光地があるファームを選べば、観光は楽しむことができます。立地などもチェックしながら、ステイ先を決めるのもおすすめです。

カナダのファームステイで自然を楽しみながら節約も叶えよう

カナダは大自然が豊富な国ですから、ファームステイをするにはもってこいの国のひとつ。宿泊費や食費の節約にもなりますし、毎日自然と戯れることができるので、自然を楽しめる人なら最高の環境です。
田舎が好きな人、農業に抵抗がない人は、ぜひカナダでのファームステイを検討してみましょう。ワーキングホリデービザがなくてもWWOOFという形で住居と食事を提供してもらいながらの生活もできますから、ワーホリビザが取得できない年齢の人も必見ですよ。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. 【最新】コロナ禍におけるオーストラリア留学の出発前準備、入国後の流れ、帰国時の注意事項、フライト情報

  2. 短期留学の費用はいくら必要?費用を抑えたい人必見・節約術を大公開!

  3. カナダ留学をしたいけどコロナが怖い…現在の状況と注意点

  4. 英語のプレゼンはこれだけでOK!構成、使える英語フレーズ、スライド作成のコツ

  5. 英語雑誌を使って英語力を伸ばそう!おすすめの雑誌や上達のコツとは

  6. オーストラリア英語のスラングの特徴は?日常で使うフレーズや注意点を紹介