閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

カナダ留学・滞在中に試したいおすすめカナダビール5選+おつまみ

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

カナダに興味がある人や、カナダへ留学・滞在を考えている人の中には、お酒好きな人もいるでしょう。しかし、カナダで有名なお酒やよく飲まれているお酒というと、ピンとこない人もきっと多いですよね。

実はカナダはビール大国!カナダで飲み会というとビールを飲んでいることがとても多いです。クラフトビールもたくさんあって、日本では見たことのない銘柄も数多く存在しています。

この記事ではそんなカナダのビール事情についてご紹介します。カナダに行く予定の人やカナダに行きたい人で、ビールが好きな人必見の内容ですよ!

カナダの飲酒文化

カナダのビールについてご紹介する前に、基本情報としてカナダの飲酒文化についてご紹介します。
カナダでは飲酒は18歳からと法律で定められています。アルコール販売は厳しく管理されているため、18歳未満だとお酒を買うことができません。
カナダ留学や滞在をする人の多くが18歳以上でしょうけれど、日本人は若く見られがちなので、お酒を買う時はパスポートなどの年齢確認が可能なものも携帯しておきましょう。
また、たとえ年齢が18歳以上であったとしても、飲みすぎてお店で泥酔していたりすると、それ以上お酒を提供してもらえません。もし提供すると、お店側が罰せられます。

カナダはビール大国というのは冒頭のとおりですが、もちろんワインやウイスキーなども手に入ります。ですからビールが苦手な人でも、お酒ありのパーティーに誘われたら、ワインや甘いお酒をオーダーすると良いでしょう。

とは言えビール大国でさまざまな種類のビールが販売されているカナダ。ビールはあまり好きではないという人も、一度はカナダのビールを試してみてはいかがでしょうか。

カナダではどこでビールを飲めばいい?

カナダでビールを飲む時には、パブに行くのが主流です。日本でも英国パブは広く親しまれていますが、あの雰囲気と似たようなものだと思って問題ありません。
もちろん、レストランなどでもビールがメニューに掲載されていますし、スーパーではたくさんのビールが販売されているのでお家飲みも良いですね。

ただし、カナダでは屋外の飲酒が禁止されています。日本だとビアガーデンなど屋外で飲める場所もあるため、外で飲むのが好きな人もいるかもしれませんが、カナダでは法律違反になってしまうので注意しましょう。
パブやレストラン、お家など屋内で安心に楽しんでくださいね。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

カナダに行ったらこれを試そう!おすすめカナダビール5選

ではここからは、カナダに行ったらぜひ試してもらいたいおすすめのカナダビールをご紹介します。
カナダは広いので、そのエリアでしか見かけないビールもあるのですが、ここではカナダ全土を対象に、比較的広い地域で手に入りやすいメジャーなビールをピックアップしてみました。

モルソン・カナディアン(Molson Canadian)

カナダビールと言えばこれ!カナダ全土で親しまれているビールです。種類はラガーなので、日本人の口にも合うでしょう。(日本のビールの多くがラガービールです)

瓶ビールも缶ビールも、見た目からして「カナダ」という感じのこちらのビールは、お土産にもおすすめ。サッパリとして飲みやすいので、誰の口に合いやすいのも、お土産にしやすいポイントですね。
もちろん、カナダ滞在中の晩酌のお供にもおすすめです。

ラバット・ブルー(Labatt Blue)

前述のモルソン・カナディアンと、こちらのラバット・ブルーは、カナダビールの二大巨頭。こちらもカナダ全土で親しまれている定番ビールです。
青いラベルにメープルリーフのデザインが特徴的。カナダでビールの話をしている時に「ブルー」と言われたら、このビールのことを指しています。

こちらもサッパリ系の軽い飲み口。カナダ国内だけではなく、アメリカなどの国でも人気が高いビールです。

スリーマン(Sleeman)

スリーマンはカナダ第3位のビールメーカーです。バラエティ豊富なことが特徴で、実は日本のサッポロビールに買収されて、現在はサッポロビールの子会社となっています。

ラガーだけでも数種類あるので、飲み比べを楽しめますよ。エール系もありますが、やはりカナダで一番人気はオーソドックスなラガーのようです。
ちなみに北米で手に入るサッポロビールは、スリーマンの工場で製造されているのだとか。

リカーズレッド(Rickard’s Red)

こちらは最初にご紹介したモルソン・カナディアンを作っているモルソン社の傘下ブランドRickard’sによるビールです。
カナダNo.1の赤ビールとして知られていて、カナダ全土で赤ビールを好む人に支持されています。

赤ビールというと日本人的にはあまり馴染みがないかもしれませんが、レッド・エールという種類のビールです。こちらのリカーズレッドは日本人にとってもとても飲みやすい味なので、ラガー以外を試してみたいなら、こちらを選んでみてはいかがでしょうか。

アレクサンダー・キース(Alexander Keith’s)

最後にご紹介するこちらのビールは、インディアン・ペールエール(IPA)という種類のビールです。苦味がやや強くスッキリした味わい。
日本でもIPAを好む人が増えてきているようですが、カナダでもこのアレクサンダー・キースのように、人気のIPAがあります。IPA好きにとっては外せないビールですね。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

カナダビールのお供におすすめのおつまみ

カナダを含め、海外ではビールをビールだけで飲む人も多いです。しかし日本人的には、やはりビールのお供となるおつまみが欲しいですよね。
そこでここからは、カナダビールのお供におすすめしたいおつまみをご紹介します。もちろんどれもカナダ国内でビールのおつまみとして親しまれているものばかりなので、パブやスーパーなどで気軽に手に入りますよ。

ビールのおつまみの定番!「プーティン」

プーティンはカナダで親しまれるファーストフードです。カナダでビールのおつまみと言えば、これ!と言えるほど、定番中の定番です。

普通のフライドポテトにグレイビーソースというソースとチーズがかかっていて、フライドポテト単品で食べる時よりも、さらにビールに合う味わいに!
プーティンを食べ始めれば、ビールがどんどん進んでしまうこと間違いなしです。飲みすぎには気をつけてくださいね。

カナダ定番のおつまみなので、パブならどこでも売っているはずです。
冷凍のフライドポテトを買えば、家でも簡単に作ることもできますよ。実際カナダでは、家庭料理として出されることもある料理です。

ビールによく合う!イギリス料理の「フィッシュ&チップス」

フィッシュ&チップスはイギリス料理として知られる食べ物ですが、カナダでも定番のおつまみの一つです。カナダは元々イギリス領だったので、イギリスの食文化も残っているんですね。
ですが、イギリスでは塩とモルトビネガー(酢の一種)をかけて食べる一方で、カナダではレモン果汁やタルタルソースで食べることが多いです。

新鮮な魚を使ったフィッシュ&チップスは、絶品!ビールが美味しく飲めますよ。

どこでも手に入る「サーモンジャーキー」

カナダではサーモンがよく食べられていて、スーパーでも切り身だけではなく、スモークサーモンや缶詰などの加工品がたくさん販売されています。
その中でもビールのお供におすすめなのが、サーモンジャーキー!ジャーキーと言えば、ビーフジャーキーしか思い浮かばない人もいるかもしれませんが、海外ではビーフ以外のジャーキーも人気があるんですよ。

カナダではサーモンジャーキーが人気で、地元の人にも親しまれている食べ物です。スーパーなどで手に入るので、家飲みのお供にいかがでしょうか。お土産にしても良いですね。

スーパーで手軽に買える「チーズ」

スーパーでも買えるおつまみとしてもう一つおすすめなのが、チーズです。チーズはビールだけではなく、さまざまなお酒に合いますし、チーズが好きな人も多いですよね。
カナダはヨーロッパからたくさんのチーズを輸入しているので、日本に比べると種類も豊富です。また、ケベック州などではおいしいチーズが製造されていますよ。
もしもカナダチーズを発見したら、一度試してみたいですね。

おつまみと一緒にカナダのビールを堪能しよう

今回ご紹介したように、カナダではビールがよく飲まれていて、国内でさまざまなビールが製造されています。スーパーでもかなり多くの種類のビールが陳列されているので、飲み比べをするのも楽しいでしょう。
そしてカナダならではのおつまみがあるのも、おつまみを食べながらお酒を飲みたい日本人には嬉しいポイント!こちらも色々食べ比べをして、自分のベストおつまみを見つけて、カナダのビールを最大限に堪能しましょう。

ただし、カナダでの飲酒に関する法律は、日本よりやや厳しめです。カナダでビールを安心して楽しむためには、飲酒に関する法律をしっかり知り、その範囲内でお酒を飲むようにしてくださいね。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. 留学で身に付くのは、「生き抜く力」。自分のファッションブランドを作るために、現地でファッションショーを。|留学生オンラインインタビュー

  2. 慶應ボーイがトロントで一人迷子に!?通りすがりに道を聞いた結果…|留学生オンラインインタビュー

  3. カナダのお金事情!紙幣・硬貨の種類やチップ制度を詳しく解説!

  4. カナダの首都はどこ?トロントやバンクーバーではない……その名はオタワ!

  5. カナダの物価は高い!?留学中の生活にかかわる費用と節約方法を解説

  6. 留学準備の始め方!準備期間・手続きの流れ・大事なポイントを解説!