閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

ニュージーランド料理はまずい?現地に住んでみての感想とおすすめ料理6選

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 14 分で読むことができます。

留学やワーホリに行きたい!と思ったときに気になるのが現地の食事です。ニュージーランドといえばどんな料理がありますか?と聞かれ、即答できる人はあまりいないのではないでしょうか。

それどころか、想像がつかないのもあって、ニュージーランドの料理ってまずいのでは?と想像する人もいると思います。長期の海外生活で料理がまずければ、長く住むことをためらってしまうかもしれません。

今回は、ニュージーランド料理はまずいのか、うまいのか。現地に住んでみてのリアルな感想とおすすめの料理、そして番外編として料理以外のおすすめの食べ物も紹介します。

ニュージーランド料理はまずいの?

結論からお伝えすると全然まずくありません。ホームステイ先では家庭によって違いはありますが、基本的に食べれないほどまずいということはないです。

ニュージーランドは移民も多く、その家庭によって料理もバラエティに富んでいます。一般的には肉や芋類を料理することが多いですが、アジア系のファミリーの場合お米がでることもあり、味付けも日本人好みなので舌に合いやすいと思います。

しかし、日本でも同様のことがいえますが、すべてのホストファミリーの料理が自分の舌に合うとは限りません。もし舌に合わない場合は、食卓の塩やこしょうなどで味を変えても失礼にはあたりませんので遠慮なく自分の好みの味にしてください。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

ニュージーランドでおすすめの料理とは?

ニュージーランドの料理は安心して食べられるということがわかったところで、おすすめのニュージーランド料理について紹介します。これから紹介する料理はニュージーランドでは一度は食べておいたほうがよいものばかりですので、ぜひお試しください!

おすすめ①フィッシュアンドチップス

イギリスやオーストラリアを含むイギリス英語圏の代表料理といえばフィッシュアンドチップス。白身魚とポテトフライというかなりシンプルな組み合わせですが、これをタルタルソースで食べるのが最高の味わいでクセになります。

お店によってポテトの揚がり方の違いや、ポテトにかかっている粉の味が違いますので、現地でぜひお気に入りのお店を見つけてみてください。

おすすめ②ホワイトベイト・フリッター

日本ではあまり聞きなれませんが、「ホワイトベリー=しらす」を意味します。ニュージーランドでしらすのイメージはあまりないかもしれませんが、現地でも食べられていて、ホワイトベリー・フリッターはシラスを卵にいれて作ったオムレツです。

しかし、シラスは捕獲できる量と時期が決められているため、時期をはずすと高い割に冷凍で味が落ちます。おすすめは捕獲が許されている8〜11月になりますので、この時期にレストランで見かけたらぜひお試しください。

おすすめ③ハンギ料理

ニュージーランドの伝統料理といえば、マオリがお祝いでふるまうハンギ料理。ハンギ料理は手間がかかり、新年や祝い事などの特別なイベントの際に食べられます。

ハンギ料理を作る準備はまず地面に穴を掘るところからはじまります。穴に石を敷き詰め、たき火で加熱。素材を熱い石のうえに乗せて土をかぶせ2〜3時間程度蒸し焼きにします。

素材はサツマイモ、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃなどの野菜と、チキンやポークの肉類もしくは魚介類。

伝統的な料理なのでぜひ味わってみたいところですが、レストランでもなかなか見かけることはありません。たまたまでも現地で知り合った人に作ってもらえた場合、大変貴重ですので、ぜひおいしくいただいてください。

おすすめ④ラム料理

ニュージーランドといえば羊を連想する人は多いと思いますが、当然羊肉のラム料理も盛んです。ラム肉は全然平気という人もいれば、少し臭みがあり、苦手という人もいるかもしれません。

しかし、苦手な人もニュージーランドのラム料理は一度試してもらいたいです。私も少しラム肉が苦手でしたが、ニュージーランドのラム料理は味付けも美味しく、肉からほとんど臭みを感じません。

ラム料理のイメージが変わりますので、苦手な人もぜひお試しください。

おすすめ⑤牡蠣(ブラフ・オイスター)

前述したホワイトベイト・フリッターと同様に、ニュージーランドでは牡蠣の収穫量と時期が決められています。解禁の時期は3月から8月まで。美味しい牡蠣を狙うのであればもちろんこの時期です。

また、日本の牡蠣と比べると身が大きく、味も濃厚で食べごたえがあります。特におすすめは国内最高級の牡蠣ブラフ・オイスター。南島最南端の街ブラフでとれることから名づけられています。

この街名産で、ブラフ以外の地域で食べる場合は輸送料もかかりますので、値段はけして安くはありませんが、抜群に美味しいので食べてみる価値ありの一品です。

おすすめ⑥ムール貝(マッスル)

ムール貝も牡蠣と同様にニュージーランドではよく食べられています。日本と比べると身が大きく、またジューシーな味わいですので、ニュージーランドにいる間に味わっておくべき料理です。

何となく高そうですが、スーパーでも安く売られていて、家庭でも普通に料理されることが多いです。白ワインの酒蒸しにオリーブオイルを絡め、レモンや塩などお好みで食べるスタイルです。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

ニュージーランドで料理以外でおすすめは?

ニュージーランド料理を紹介してきましたが、ニュージーランドには食べておくべき食べ物がまだまだあります。これから番外編として5つ紹介します。

番外編①ホーキーポーキ(アイスケーキ)

ニュージーランドを代表するスイーツといえばホーキーポーキーです。

名前だけ聞くと何のスイーツなのか想像もつきませんが、その正体はアイスクリーム。実はニュージーランドはアイスクリーム消費量が一人平均年間約23リットル。

アイスクリーム大国といわれるニュージーランドでは、食後にアイスクリームを食べるのがルーティーンです。

そのニュージーランド人にもっとも愛されているアイスクリームがホーキーポーキーになります。

おすすめはニュージーランドミルクのバニラアイスに、サクサクとしたキャラメルの粒が入ったキャラメル味。深い味わいで舌にまったり絡みつきます。

街の色々なところにアイスクリーム屋さんがあり、たとえばオークランドでは中心部から徒歩5分の海沿いにあるアイスクリーム屋さんで買うことができます。

大きなパックサイズはスーパーでも売っていますので、おうちでたっぷり食べたい人はスーパーで購入してもよいかもしれません。

番外編②パブロバ(ケーキ)

パブロバはメレンゲのケーキにたっぷりクリームとブルーベリー、野イチゴなどの果物をたっぷり乗せたスイーツ。いかにも海外らしいケーキですが、その見た目通りかなり甘いです。

誕生日などのお祝い事でおうちで作ることがありますが、普段はなかなか目にすることは少ないです。たまにカフェでだされていますので、見かけたらぜひチャレンジしてみてください。

番外編③フルーツ入りサラダ

サラダにフルーツ?と驚く人もいるかもしれませんが、ニュージーランドのカフェでだされるサラダにはフルーツが入っていることが多く、フルーツ入りのサラダは珍しくありません。

オレンジ、りんご、マンゴー、レーズンなど、そのお店によって個性があります。日本人にとって馴染みがないのであまり美味しくなさそうに感じるかもしれませんが、意外なことにサラダとの相性が良く、癖になる味です。

カフェに立ち寄ってメニューにサラダを見かけたら、ぜひトライしてみてください。

番外編④ソーヴィニヨン・ブラン(ワイン)

実はニュージーランドはワイン愛好家のなかで、美味しくて安いワインの生産国として知られています。

なかでもニュージーランドワインでおすすめできるのは、ソーヴィニヨン・ブランです。さわやかで果実味溢れ、大変飲みやすく、世界中で愛されているニュージーランドを代表するワインです。

少しだけ高めですが、一度は試してみたいワインです。スーパーで一般に売られているワインも十分美味しいので、ニュージーランドではぜひワインを楽しんでください。

番外編⑤バーベキュー

日本だとバーベキューは夏のキャンプなどの特別なイベント、もしくはバーベキューコンロがついている郊外の広いおうちだけでできるもの、というイメージがありますが、ニュージーランド人にとってのバーベキューは日常の家庭料理のようなものです。

ニュージーランドのほとんどの家庭ではバーベキューセットが家についています。また、近くの公園でも無料の電気式バーベキューコンロが備え付けられているところがほとんどです。

ニュージーランド人の家庭では、今日の献立は何にしよう?バーベキューしよっかな、という軽い感覚でバーベキューをします。

友達と遊んでて、ちょっとバーベキューいこうか、とスーパーにお肉を買い込んで友達同士で気軽にバーベキューをするのもニュージーランドスタイル。日本では考えられないくらい身近にバーベキューが存在しています。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

まとめ

ニュージーランドのおすすめ料理6つと番外編としてスイーツ、サラダ、ワイン、そしてバーベキューを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ニュージーランドの料理はけしてまずいということはなく、むしろ美味しい料理がたくさんあります。人それぞれ好みはあるかもしれませんが、食べず嫌いはせずに、ぜひ色々な料理や食べ物にトライしてください。

私もラム肉が苦手でしたが、ニュージーランドでその価値観は破壊されました。きっとあなただけのお気に入りのニュージーランド料理がみつかるはずです。

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. インタビュー中にホストファミリーが乱入!?カレッジに通う日々|留学生オンラインインタビュー

  2. ホームシックの症状となりやすい時期。原因を見つけて解消法を試そう

  3. カナダ英語は学びやすい!発音・スペルの特徴やアメリカ英語との違いを解説

  4. ニュージーランドの首都ってどこ?知られざる首都ウェリントンの魅力に迫る

  5. 【初心者必見!】独学でもOK!TOEFLの正しい勉強法とおすすめの参考書

  6. たった2か月でTOEFLの点数を倍にしてまでもカナえたい夢とは?|夢カナ留学生体験談