閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

英語の勉強に行き詰まった人におすすめの海外ドラマと勉強法

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 16 分で読むことができます。

皆さんは、今まで学校の授業はもちろん、塾に英会話スクールとたくさんのお金と時間をかけて英語を学んできたと思います。

それなのに、どうして英語を話すことができないのでしょうか。

それは、英語が勉強しないといけないものになっているからです。

この記事では、そんな英語の勉強に行き詰まった人が、新たなステージに行けるように、

おすすめの海外ドラマとその勉強法について詳しく書いています。

最後までお読みください。

ドラマで英語を勉強するメリット

まずは、学校や塾、英会話スクールの教科書ではなく、海外ドラマで勉強するとどんなメリットがあるのか考えてみましょう。

自然な会話のやり取りを学ぶことができる

ドラマでは、家族や恋人、友人同士のリアルな生活を舞台に物語が進んで行くことが多いので、リアルなその国の文化や言葉が詰め込まれています。

ですので、そっくりそのまま真似をして自分にも使うことができます。

1話30分〜1時間程度で集中力が続く

勉強するなら映画でもいいじゃない?と思われる方も多いと思います。

興味のあるストーリーや俳優がいるのであれば映画でもいいのですが、映画だと2時間前後と長いので、途中で挫折してしまう人が多いです。

その反面、海外ドラマは30分〜1時間程度なので、今日はこの1話だけと決めてやれば、無理なく続けることができます。

自分の興味のあるストーリー(俳優)で学べる

学校の教科書だと、興味のないシチュエーションであったり、架空の人物で感情移入ができず「勉強」となってしまいます。

ですが、ドラマだと自分の好きなストーリーを選ぶことができますし、好きな俳優が出演していると、自然と興味が湧いて飽きることがありません。

コスパが断然いい

少し前までは、海外ドラマはレンタルビデオ屋に行って旧作であれば100円、新作であれば300円以上払って借りて見るのが当たり前でした。

ですが、今ではインターネット上の動画配信サービスを利用すれば、月数百円〜数千円の定額で好きなだけ見ることができますので、教科書代やスクール代と比較してもコスパが抜群にいいです。

家で一人でできる

学校や塾、英会話スクールだと時間が決められていて、予習や復習も多く、やらされている感じがします。

海外ドラマだと家で自分の好きな時間にできるので、空いた時間や夜中にでもできます。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんな人にはドラマで英語を勉強するのがおすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: P35JRVmtupEJItCU1pERAlp635a5V9FI5rMiGJYH6HPst32l2f4gM8h1kg42zFDNlnjjkSHGpPoi9JBkVej4GM_tBHkkXzef7FUfKUglGvlvlqHj1gENIK_9qpaY4tlvD0OsP0uMmm9U-fCCcg

人によっては、家でいつでもできるという環境にいろんな誘惑があって、集中できないという人もいると思います。

なので、こんな人にはドラマで英語を勉強するのがおすすめです。

教科書に沿って学ぶ授業に飽きてしまった人

決まりきった授業の内容で、いつも一方的に学ぶだけだと退屈に思って、やらされている感じがします。それを当たり前だと思っている人はこの勉強法がおすすめです。

一度、思い切って勉強の仕方を変えるのも新鮮でいいと思います。

ある程度、文法や単語は勉強したけど話せない人

もう、ある一定の所までは勉強したし、英検も取ったけど、話せない人っていると思います。

そんな人は、本当に勿体無いです。

知識がある分、口に出して言えるようになればすぐに話せるようになります。

留学でホームステイを予定している人

今後、近いうちに語学留学や正規留学を考えていて、ホームステイなど予定がある人にもおすすめです。

いきなりホストファミリーと会話するのに、教科書の定型文では固すぎますし、不自然なこともたくさんあります。

ドラマで勉強しておけば、相手の国の文化も理解できますし、会話も自然で早く馴染めると思います。

とにかくお金をかけずに英語を学びたい人

英語を学ぶのにブランクがあって、漠然と英語を勉強したいなと思っていても、高いお金を出して英会話スクールに通うまではなかなか勇気がいることです。

そんな人も、定額制で自宅で好きな時間にできるのであれば、今すぐに始めることができます。

自分に合った海外ドラマを選ぶコツ

いざ、勉強するためにドラマを探そうとしても、数が多すぎてどのドラマにしたらいいのか迷います。

そこで、自分のレベルに合わせて選ぶ方法と、おすすめのドラマをご紹介します。

初心者

まずは、英語の勉強にブランクがあって簡単なものから始めたい人には、コメディ要素や興味のある要素があるドラマにすると飽きずに続けられます。

・Friends(フレンズ)

その代表的なのが、「Friends(フレンズ)」です。

やや古いドラマにはなりますが、アメリカの文化やアメリカンジョークなどもリアルに聞けるので、よく使う会話であれば十分勉強になります。

思わず、ふっと笑ってしまうようなコメディドラマなので飽きることがないです。

また、有名なドラマなので解説動画をYuotubeにアップしている人もいますので、初心者にはぴったりです。

・Sex and the City(セックス・アンド・ザ・シティ)

これもやや古いドラマになりますが、「Sex and the City(セックス・アンド・ザ・シティ)」も初心者におすすめです。

ニューヨークを舞台に恋に仕事に奮闘するドラマで、ちょっとした下ネタなんかも出てくるので、その辺りの英語も知っておきたい人にはぴったりです。

仲の良い友達同士の会話から、恋人、会社の上司とのやり取りなど勉強になるシーンがたくさんあります。

・The bold type(NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち)

このドラマは、2017年から2021年まで放送していたドラマなので、比較的新しいドラマと言えます。

女性ならではの悩みや、友情などがリアルに描かれていて、主人公の一人が雑誌社のSNS部門で働いているので、今時の働き方や単語もたくさん出てきます。

上級者

ある程度の聞き取りや会話ができるという上級者の方には、サスペンスや職場が舞台のドラマが1ランク上の勉強になります。

・SUITS(スーツ)

職場を舞台にした映画の代表的なドラマが、「SUITS(スーツ)」です。

ニューヨークの大手弁護士事務所を舞台に様々な訴訟に立ち向かっていくドラマで、日本でもリメイクされた大ヒットドラマです。

弁護士たちの会話には専門用語がたくさん出てきますし、緊迫したシーンでは皆早口に話すので、1ランク上の勉強をしたい人にはぴったりです。

これも、解説動画がYoutubeにアップされています。

・THE MENTALIST(メンタリスト)

犯罪捜査系のドラマで、主人公のメンタリストが事件を推理しながら、解決に導くストーリーなので、英語もそうですがどんどんハマってしまうほど、面白い内容になっています。

言い回しや話し方が難しいので、最初は解説動画もありますので、それを見ながらやってみてください。

これを字幕なしで見られるようになったら、リスニングには自信を持ってください。

ドラマで学ぶ具体的な勉強法

このドラマを勉強するために見よう!と決めてから、いざやってみると何をどうやって始めたらいいのかわかりませんよね。

そこで、効率よく自分を試しながら挑戦できる勉強法をいくつかお伝えします。

初めの方で心が折れそうになったら、最初は分からなくても聞き流すだけでもいいので、やってみてください。

ステップ1:英語音声・日本語字幕で見てもいい

まずは、どんなストーリーなのかを知ることをメインに考えて、安心して見れる英語音声・日本語字幕から始めてみてください。

内容が面白ければ、そのまま続けてもいいですが、その時点であんまり興味がないなと思えば、違うドラマに変えてもいいので、なるべく面白くて、興味が湧くドラマを選びましょう。

中には、日本語の字幕設定がないドラマもありますので、その場合は違うドラマに変えてもいいですし、次のステップ2から初めてもいいと思います。

ステップ2:英語音声・英語字幕に挑戦

内容が面白ければ、次は日本語なしで英語音声・英語字幕で見てみましょう。

最初は聞き流すだけでもいいですが、何度か繰り返す中で、分からない単語は書き写して調べることを癖付けします。

そこで大切なのが、言葉の意味や使い方をしっかり理解することです。

ステップ3:シャドーイングしてみる

シャドーイングとは、映像を見ながらセリフを口に出して繰り返すトレーニング法です。

主人公になりきりながら、自分の口で言葉に出して言うことが大切です。

これは、さすがに家でないとできないです。

慣れてきたら、聞き取ったものを話しているときに、次のセリフを聞き取ることで、リスニングとスピーキングの両方が鍛えられます。

トレーニングだと思って、スパルタでやってみてください。

ステップ4:英語音声、字幕なし

シャドーイングの延長で、そのまま字幕なしでもやってみましょう。

字幕なしでも耳にすんなり入ってくる感覚が感じられると思います。

そうなってくるとかなりレベルが上がった証拠です。

ステップ5:ディグテーションしてみる

ディクテーションとは、聞き取った言葉を文字で書き出すトレーニング法です。

聞き取った単語と文字・スペルが合っているかをテストするのにも使えます。

よく、ネイティブが使う「a」「the」は少ししか発音していないので、聞き逃しがちですが、ないといけない場合もありますので、その些細な発音を聞く力にもなります。

シャドーイングとディクテーションは、1話分の全部をやると大変なので、気に入っているシーンだけにするなど工夫をしてください。

地味な作業ですが、一番は自分のためで、やらされている訳ではありませんので、理解することが大前提です。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

まとめ

日本で生まれて、日本人の両親に育てられるとどうしても英語に触れる機会は少なくなります。

また、テレビでも映画でも全てに日本語をつけてくれているので、仕方ありません。

フィリピン人が英語堪能なのは、小さい頃からテレビや映画、アニメ、生活必需品が全て英語の環境で育っているので、自然と英語を話すようになると言われています。

ドラマから自然と英語に触れることで、勉強させられているのではなく、生活の一部として学べるようになれば、英語力はまた違った意味で上達すると思います。

今後の留学や外国人とのコミュニケーションに自信を持っていただければ嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. 留学前に出来るだけ経済的に、効果的に英語力を高めておくことが大切

  2. 【2022年最新版】留学の持ち物をコンパクトに!パッキングのコツをご紹介。

  3. 語学留学でおすすめしたい国やおすすめポイント集

  4. ワーホリに行くならどこの国?おすすめの国を徹底解説!

  5. これだけはおさえておきたい!海外留学に必要なビザの基本知識と取得までの流れを解説

  6. 【保存版】後悔しない!自分に合う留学エージェントの選び方