閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

カナダのワーホリではどんな仕事ができる?

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 14 分で読むことができます。

カナダでのワーキングホリデー(以下ワーホリ)を目指している人は、現地でどんな仕事ができるのか気になるのではないでしょうか。ワーホリでの仕事事情を事前に知っておけば、どんな仕事に就きたいのか考えることもできるでしょう。
そこでこの記事では、カナダのワーホリでどんな仕事ができるのか、仕事の探し方とともにご紹介します。カナダのワーホリで仕事をしようと思っている人はぜひ参考にしてくださいね。

カナダワーホリの就労規定

ワーキングホリデービザは、働くためのビザではなく休暇のためのビザです。ですから国によっては就労期間などに制限が設けられています。
ではカナダではどうかというと、カナダのワーホリビザには就労期間の制限は設けられていません。つまり1年間ずっと同一雇用主の元で働くことができるのです。就労時間の制限もありませんから、フルタイムでしっかり働くことができますよ。

ただしワーホリビザはカナダで起業したりできるビザではありません。働くなら、誰かに雇われることになります。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

カナダのワーホリではどんな仕事ができる?

1年間働けるカナダのワーホリでは、選べる仕事にかなり幅があります。ここからは、カナダのワーホリメーカーたちが実際に働いている職場・職業をご紹介していきます。

日本食レストラン・日系ショップ

日本人にとって一番簡単に仕事が見つかるのが、日本食レストラン、及び日系ショップです。日系のお店なら、スタッフにも日本人を求めているところが多く、同僚同士の会話も日本語であることが多いです。そのため、英語がまだおぼつかない人でも、比較的簡単に仕事が見つかるでしょう。

また、日本食レストランだと賄いで日本食が食べられることも。
食費を節約しながら、当面の生活ができる職とあって、カナダに渡航後すぐは日系のお店で働く人は非常に多いです。
そして現地での生活や英語に慣れてきた頃に、現地のお店などに移っていくのですね。

現地のレストランやカフェ

レストランやカフェのスタッフも、常に求人が出ています。また、人の回転が早いためか、1年以内と期間が決まっていても、問題なく雇ってもらえます。
現地のレストラン・カフェの場合は、仕事上の指示をすべて英語で受けることになるため、日常会話レベルの英語ができなければなりません。しかし、それほど高いレベルの英語は必要ありませんから、レベルとしては中級位になれば挑戦できます。
レストラン・カフェのスタッフは求人が多いですから、日系のお店に次いで、仕事が見つかりやすいですよ。

ストアスタッフ

お土産屋さんやスーパー、雑貨屋、服屋などといったお店のスタッフも、よく求人を見かける仕事です。
こちらも現地のお店ということで、英語力が必要です。また、ストアスタッフの場合、お客さんに商品を勧めたり、商品の説明をしたりということが多くなるため、少し高めの英語力が必要な場合もあるでしょう。
日本で働いていた業種に近いお店だと、雇って貰える確率が高くなります。

美容院

意外かもしれませんが、美容師の求人も結構あったりします。都市部だと日本人向けの美容院もあり、そういったところなら英語力はほぼ不問です。
現地の美容院であっても、経験や技術力があるところを見せられれば仕事は見つかるでしょう。美容師経験がある人は、美容院での仕事を探してみてもいいかもしれません。

ツアーガイド

日本人向けのツアーガイドなんて仕事も、日本人ワーホリメーカーには人気です。お客さんが日本人ですから、高度な英語力が必要ないのも魅力です。
ただ、現地の人とのやりとりをお客さんに代わってしなければならないこともあるので、全く英語が話せないのでは務まりません。目安としては、中級レベル位は欲しいところです。
旅行業での経験があると、求人の数が一気に増えます。旅行会社に勤めていた人は必見です。

ホテルスタッフ

高級ホテルの受付となると、ちょっと難しいかもしれませんが、ホテルの清掃係やゲストハウスの受付といった仕事は、ワーホリメーカーたちから人気の職業の一つです。
特に観光シーズンには、求人の数がぐっと伸びますから、ホテルなどで働きたい人は常に求人をチェックしておきましょう。
清掃係の場合はそれほど英語力は必要ありませんが、受付を目指したいなら上級レベルの英語が必要です。

ハウスキーパー

ハウスキーパーとは日本で言う家政婦のことです。カナダでは日本に比べると家政婦やクリーナーを雇っている人の比率が高く、常に求人を見つけられるでしょう。
しかも、家事ができれば良いので、高い英語力は必要ありません。現地の人と日常的なコミュニケーションができれば雇ってもらいやすいですから、家事が得意な人はカナダでの仕事候補の1つに考えておきましょう。

その他事務職など

ここまでご紹介したとおり、カナダでのワーホリのお仕事はサービス系が多いです。
しかし、現地のオフィスで事務などをしてプロフェッショナルに働きたいという人もいるでしょう。また、それを望む人は少なくありません。
しかし結論から言うと、オフィスでの事務といった仕事は超難関。ビジネスでも通用するレベルの英語が求められますし、それなりにスキルも必要です。また、長期間働いてくれる人を探している企業が多いですから、1年しか働けないワーホリメーカーはそもそも対象外なことも。

とは言え、不可能ではありません。ごく稀に日本で言う事務のパートが募集されていたりすることもあります。
もしも事務職に就きたいと思っているなら、諦めずに探してみましょう。何か仕事をしながらでも求職活動はできるので、金銭面が不安なら他の仕事をまず見つけて、事務職を探し始めると良いでしょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

カナダで仕事を探す方法

カナダのワーホリではさまざまな仕事に挑戦できますが、その仕事はどこで探せば良いのでしょうか。ここからは仕事を探す方法をご紹介します。

日本人向けクラシファイドをチェック!

日本食レストランや日系ショップなどを狙うなら、日本人向けクラシファイドをチェックしましょう。バンクーバーやトロントなどの大都市なら、日本人向けのクラシファイドサイトがあります。
稀に日系のお店以外からの求人広告もありますから、日本人向けクラシファイドを見ていても現地企業で働くことができますよ。

現地の求人サイトを使う

カナダには多くの求人サイトがあります。現地の人も使う求人サイトを使って、仕事を探す方法もあるでしょう。
特に現地企業のお仕事に就きたい人は、現地の求人サイトに絞って探すのがおすすめ。一般的な事務職などのほか、ウェイター・ウェイトレス、ショップスタッフなどの求人も掲載されていますから、職業を絞って探してみましょう。

働きたいお店に直接交渉

日本だとちょっとイメージしづらいかもしれませんが、カナダでは働きたいお店に行って、人を探していないか聞くのは普通です。
もしも「ここで働きたい!」と思うお店があるなら、お店のスタッフに話しかけてみましょう。この時履歴書を持っていると、そのまま書類選考を受け付けてもらえたり、ラッキーだと面接になったりなんてこともあります。
また、お店の中に求人広告が貼ってある場合もあります。求人広告が貼ってある=人を探しているということですから、迷わず飛び込んでみてくださいね。

カナダで仕事を探す前の準備

カナダでの仕事探しをスムーズにし、希望の職に就くためには、日本でできることもあります。ここからは、カナダで仕事を探す前の準備について解説します。

英語力アップを目指す

カナダでの仕事探しを成功させたいなら、英語力アップはマストです。英語はカナダに行ってから覚えよう……とは考えず、日本にいる時からできる限り英語のレベルをアップしておきましょう。

ワーホリではサービス系の仕事に就くことが多いため、特に英会話力は必須。カナダに行く前から英語で会話をすることに慣れていれば、仕事探しだけではなく現地での生活にも役立ちます。
英語で話すことに緊張感を覚える人は、オンライン英会話などを利用して、毎日のように英語を口にするのがおすすめです。

目安としては中級レベルくらいにしておくと仕事探しが断然楽になります。もちろん上級レベルなら、もっと職の幅が広がりますし、現地のお店にも挑戦できるので、英語力は上げておくだけ上げておいた方が良いでしょう。

英語の履歴書+カバーレターの書き方を練習する

カナダで仕事を探す時、履歴書とカバーレターというものが必要です。カバーレターはあまり耳馴染みがないかもしれませんが、これは日本語だと「送付状」「添え状」などと言われる、お手紙のことです。
日本でも履歴書を郵送する場合は、お手紙をつけるかと思いますが、それが英語でいうカバーレターです。

履歴書は自分をアピールするためのツールですから、これがしっかり書けなければ仕事探しが難しくなってしまいます。
特に現地のお店で働きたい人は、履歴書とカバーレターの書き方を学んでから渡航しましょう。履歴書やカバーレターの書き方を教えてくれる英会話教室などもありますから、そういったものを利用してみてくださいね。

カナダで希望の職に就いてワーホリ生活を充実させよう!

カナダのワーホリでは厳しい就労規定がないため、仕事探しの幅がかなり広いです。渡航前からどんな仕事に就きたいのかを想像しながら、準備をすれば、きっと希望の職に就けるはず。
「ワーホリをしてよかった」と思える仕事に就けるように、今から出来る準備から始めてみてくださいね。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. 英語雑誌を使って英語力を伸ばそう!おすすめの雑誌や上達のコツとは

  2. ワーキングホリデーは短期でも行ける?留学とどちらが良い?

  3. カナダ留学をしたいけどコロナが怖い…現在の状況と注意点

  4. 初めての留学はホームステイで決まり!後悔しない留学にするために

  5. 夢カナ留学の奨学金とは?

  6. オーストラリア英語のスラングの特徴は?日常で使うフレーズや注意点を紹介