閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

オーストラリアで働く方法とは?仕事の探し方を知ろう!

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 14 分で読むことができます。

海外で働きたいと考えている方の中には、就労ビザの取得条件が厳しすぎると感じている方もいるのではないでしょうか。就労ビザは国によって取得条件が異なるため、より条件が緩い国を選ぶのもひとつの手です。では、オーストラリアは日本人が働きやすい国なのでしょうか。仕事の探し方と一緒に確認してみましょう。

オーストラリアの就職で大事なことは何?

まずは、オーストラリアで仕事を得るためには何が大切なのかを確認しておきましょう。ずばり、オーストラリアでは就職時に以下の2つが重視されます。

  • 学歴と経歴
  • 自己アピール

これだけ見ると、学歴と経歴は日本でいうところの履歴書で確認される書類選考ですし、自己アピールは面接で行うことです。よって、オーストラリアで重視されていることは日本とそんなに変わらないのではと思えます。

しかし、異なる点はいくつかあります。

例えば、学歴と経歴が重視されるオーストラリアでは、実務経験があるかどうかがより重視されます。就職するならその職場で使える専門スキルがあるかチェックされるため、効率重視と言えるでしょう。

日本と違う点は他にもあり、履歴書には性別や年齢は書かなくても良いほど気にされません。あくまで仕事ができるかどうかに焦点が置かれるのです。この点は、和を大切にする日本と、個を重んじるオーストラリアの違いと言えますね。性別や年齢で仕事ができるかどうかを決められるのは日本人でも多くの方が不本意に感じると思うので、ここはオーストラリアを見習っても良いのではと感じます。

ちなみに、学歴だけの履歴書を持ってオーストラリアで新卒として働くのはかなり難しいです。説明した通り、専門スキルがあるかどうか、実務経験があるかどうかを重視されるので、まずは日本で働き、同じ業界のオーストラリアの企業に応募するのが妥当な道となります。

ただし、インターンシップやワーキングホリデーでの働きぶりが認められれば、新卒でもそこから正式に採用されることはあります。実力主義の国で実力を見せられれば認めてもらえるのも当然ですよね。人手不足であったり、日本人が多い地域であればなおさら必要とされるので、地域性や運も関係してきますが、新卒から海外で働く手段としては大きなチャンスがつかめます。

自己アピールが大事なのは、もちろん面接官が相手のことをよく知った上で採用したいからです。ですから、日本が美徳としている謙虚さはオーストラリアの就職において不利に働きます。

逆に、日本では不利に働きかねない転職の多さですが、オーストラリアでは仕事を嫌になって辞めたのではなく、キャリアアップのための転職と捉えられることが多いのであまり気にしなくても良いです。なぜ辞めたのかではなく、その職場でどんな仕事をどのようにやってきたのかを説明すると良いでしょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

日本人が見つけやすいオーストラリアでの仕事

オーストラリアでこの仕事がしたい!と目的がはっきりしている場合は良いのですが、就職口が見つかれば良いと考えているのであれば、日本人がオーストラリアで就きやすい仕事にも目を通しておくと良いでしょう。求人が多ければそれだけ就職のチャンスがあるので、見ておいて損はないはずです。

ツアーガイド

ツアーガイドは、オーストラリアだけでなく他の国でも募集が多い職業です。日本人観光客相手に日本語でガイドをするため、英語力が低くても採用されやすいという特徴があります。観光地を案内する仕事ですから、住む場所も自然と観光地となる場合がほとんどです。

ウェブエンジニア

パソコンに強い方は、ぜひオーストラリアでウェブエンジニアに応募してみましょう。実は、オーストラリアではエンジニアが不足しているので求人も多いのです。性別や年齢を問わないオーストラリアでは、日本人であろうとエンジニアとしてのスキルがあれば問題ないとするのが一般的です。英語の指示などは聞けるようにしておきたいところですが、そこまで高い英語スキルは必要ありません。

リゾート地のスタッフ

リゾート地が多いオーストラリアでは、スタッフは随時募集されています。エアーズロックやグレートバリアリーフを職場として働きたいならうってつけでしょう。スタッフと言っても仕事内容は様々なので、自分がしたい仕事内容を見つけて応募してみてください。

オーストラリアで働く際の常識

日本で働くとなると、お給料はどれくらいが妥当で、休暇は何日あるのが普通かわかりますよね。しかし、もちろんその基準はオーストラリアでは違います。オーストラリアで働く際に知っておくべき常識について学んでいきましょう。

平均時給

オーストラリアで働くときに嬉しいのは、賃金が世界一高いことです。最低時給は17.70AUDで、祝日には日本と同じくさらに賃金が増えます。為替レートによって時給は変わりますが、一般的に言うと日本で働くよりオーストラリアで同じ時間働いた方が、倍くらいの収入がもらえると言っていいでしょう。

なぜ働くのかという問いには、多くの方が生活するのにお金が必要だからと答えるでしょう。ならば、オーストラリアで働くことは大変有意義ではないでしょうか。同じ仕事をしてもより多くのお金がもらえるならば、働き先としては最適です。

休暇制度

オーストラリアの労働時間の平均は、週に最大38時間となっています。日本の場合、週5で1日8時間働くことが一般的とされているため、週40時間と考えるとさほど違いはありませんね。

そんなオーストラリアにある休暇制度にはAnnual Leaveというものがあります。なんと、1年の間に4週間の有給休暇が取れるのです!社会人になり、大人になってからも夏休みが欲しいなと思ったことはありませんか?オーストラリアでは、働く人の権利である有給休暇が1ヶ月ももらえるので、バカンスに行くことも簡単です。年に一度の海外旅行に行くのにも苦労したという方は、オーストラリアでの働き方が大変魅力的に映るのではないでしょうか。

日本人がすべき注意

オーストラリアで働くにあたり日本人が気を付けなければならないのは、自分の意見をハッキリと相手に伝えることです。

この点では、日本にいるよりずっと働きやすいと言えます。皆がまだ帰っていないのに帰るのはバツが悪いなんて考える必要はありませんし、空気を読んで自分が言いたいことを飲み込む必要もありません。

おそらく、日本で働いている方が嫌になって転職するのは、こういった窮屈な関係が根底にあるからではないでしょうか。だから転職しても、結局は人間関係がリセットされるだけで、前の職場で嫌だと思ったことはずっと付きまといます。

オーストラリアなどの西洋では、仕事仲間はフレンドリーでフラットな関係です。英語で上司という日本語に当てはまる言葉がないくらいです。だから休みたいと気兼ねなく言うことができますし、空気を読まなければならないなんてこともありません。誰かの顔色をうかがう日本文化に疲れた方は、オーストラリアで第二の人生を歩むのも良いかもしれませんね。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

オーストラリアで仕事を探す方法

ここからは、オーストラリアで仕事を探す方法をご紹介していきます。いくつか方法があるので、自分に合った探し方を検討してみましょう。

就職エージェントで求人を探す

現地に行っていつ採用が決まるかわからない就活をするのは大変です。そのため、自宅でもできる就職エージェントに登録し、求人を探す方法は大変便利です。

何より時間を使わず効率的に仕事を検索することができますし、現在募集されているのがどんな仕事か確認することができて手間がかかりません。もちろん、オーストラリアで英語力なしで働くのは困難ですし、応募できる求人が減るので、就労ビザをもらえるくらいには英語を頑張らなくてはいけません。

イギリスの息がかかった国への留学などに使われるIELTSだと、最低でも6.5のスコアは必要です。これは、日本で言うと偏差値65くらいの大学で英語を先行し、その中でトップクラスにいなければ取得が難しいレベルです。IELTSではリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能が満遍なくチェックされるので、TOEICのようにリスニングとリーディングのみといった完全なる受け身のテストではありません。現地で本当に使える英語力が試されるので、英検やTOEICでは意味がないと覚えておきましょう。

会社に履歴書を配りに行く

もし現地にいるなら、履歴書を作って何枚も用意し、就職したい会社やお店に直接配りに行くというアナログな方法もあります。日本ではほとんどやらない方法ですが、オーストラリアで日本人が働くとなればこういった方法も有効です。直接顔を合わせることで、相手も応募者の印象がわかり安心するでしょう。

中には、オーストラリアで働く知人の力を借りている方もいます。例えば、学生時代にオーストラリアに留学しており、そのときに知り合った友人と同じ会社で推薦してもらうといったパターンです。いわゆるコネによるアプローチですね。

最初のアプローチは友人に手伝ってもらえても、その後に自分の実力を相手に示せなければせっかくのチャンスも仇となってしまうので、しっかりと準備した上で推薦をお願いしましょう。英語力の他に現場でのスキルも必須となるでしょうから、そのアピールができることも前提です。

まとめ

オーストラリアで日本人が仕事を見つけることは、就職エージェントを使えばさほど難しいことではありません。しかし、応募してからは学歴と経歴、自己アピールが重視されるので、ここで失敗すると振り出しに戻ってしまいます。英語力を磨くのと同時に、働きたい業界の知識とスキルを得てから応募することをおすすめします。そうすれば、実力が認められすぐにでも採用が決まるでしょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. カナダ留学で知るべきカナダの恋愛事情とカナダ人の特徴、カナダ人と出会う方法

  2. TOEIC800点は就職・転職に有利?TOEIC800点を達成するための勉強法!

  3. イギリス留学の費用は高いってほんと!?留学費用を抑える方法もご紹介!

  4. オーストラリアのワーホリ情報!メリット・費用・節約術などを解説!

  5. オーストラリア留学に必要な費用は?気になる生活費や授業料を徹底解説!

  6. オーストラリアワーホリで気になるオーストラリアの時給、給料の徹底解説!