閉じる

お問い合わせ

無料セミナー・無料個別面談

毎月先着プレゼント

【徹底解説】オーストラリアへの高校留学でかかる費用は?具体例あり

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

この記事は約 15 分で読むことができます。

オーストラリアの高校に留学するにはどれほどの資金が必要なのでしょうか?

この記事では以下の内容について解説しています。

・オーストラリアの高校留学でかかる費用(学費・その他費用)
・実際に留学した際の留学費モデル2例

1.オーストラリアの高校への留学でかかる費用

まず理解しなければならないのは、高校留学とはいえ、語学留学や専門留学とかかる費用の項目に大きな差はないということです。

かかる費用の大部分に当たるのは、学校関係費用と滞在費用です。それに加えて渡航費、留学先でのお小遣い、教材費などが必要となります。

また、かかる費用は「公立と私立どちらに通うのか」と滞在期間によって大きく変わってきます。

1.オーストラリアの高校の学費

項目金額
入学金・事務手数料2.5~10万円
年間での学費(公立)200~250万円
年間での学費(私立)250~450万円
現地での転校費用5~6万円

オーストラリアでは州によって学校に払う費用や滞在費は異なりますが、同じ州の中であれば基本的には金額は変わりません。(ものすごい田舎の学校の場合は変わる可能性があります)

公立高校に通うのにかかる一般的な項目は、入学金と授業料となります。それに加えて、州によっては学習支援費用や事務手数料という費用がかかる場合があります。逆に、入学金や空港送迎費が無料となっている州もあります。

費用だけを見ると日本と同じように公立学校の方が格段に安いです。しかし学校によって特色が異なっていたり、講師の質が変わったりします。そのため値段だけで決めるのではなく、自分の留学目的と適している学校がどこなのかを検討して留学先を決めるようにしましょう。折角留学にいてもやりたいことと違っていては何も得ることがなく帰国することになってしまいます。

一般的にオーストラリアの学校は私立の方が生徒に対するサポートが厚く、カリキュラム以外の活動が充実していることが多いです。プールや図書館などの設備も整っており、留学生を手助けするためのプログラムも用意されています。もちろんそのようなプログラムに参加しなければその分の金額は発生しません。

ただ私立を希望するためには学校に願書を出す必要があり、そのやり取りはすべて英語ですることになります。このやり取りができそうにない方は留学エージェントを利用することをお勧めします。どの高校がいいのか、どのくらいの期間がいいのか、英語力はどれほどあるべきかなど相談をしながら留学準備を進めることができます。

2.オーストラリアへの高校留学の学費以外の費用

項目額金
留学会社国内手続きサポート費用10~50万円
渡航後サポート費用10~50万円
渡航費用航空券代金8~15万円
海外留学生保険15~20万円
学生ビザ申請費用5.5万円
学生ビザ申請に伴う保険5~6万円
渡航後費用ホームステイ手配費用2~5万円
ホームステイ(3食付き)130~150万円
空港出迎え(片道)2~3万円
制服、教材費5~6万円
その他実費(交通費、交際費など)10万円~

1.留学会社

請やホームステイ先の手配までをやる必要があります。また、留学する州によってはその作業を業務委託している場合もあり、手配会社と連携を取りながらこれらの手続きを進めなければなりません。これらの作業はもちろんすべて英語でやらなければならないので、かなりハードルが高い作業を留学前からすることになります。

しかしこれらの作業を自分で行わなくて良くすることもできます。その作業を代理やガイダンスしてくれるのが、留学会社です。もちろんですがこの作業を無料でやってくれるわけではありません。この作業を代行してもらうための費用がサポート費用と呼ばれるものです。

このサポート費用には大きく分けて以下の2つがあります。

・国内手続きサポート費用
・渡航後サポート費用

留学会社によって費用やサポートの充実度は様々ですが、やることが多くて難しい作業を代行してもらうことができます。そのため費用もかかってしまい、各サポートの相場は10〜50万円程度です。たしかに高い費用となってしまいますが、手続き漏れや遅延による渡航延期を防ぐためにも留学会社を使うことをお勧めします。

留学会社を使う際にはどの程度のサポートが必要なのかを留学会社から話を聞き、自分に合ったサポートをしてくれる留学会社を探すようにしましょう。

2.渡航費用

渡航費用は他の留学とさほど変わりません。ビザ申請費用や航空券、留学生保険が主となります。高校留学の場合、他の留学よりも日本で通っている学校から提出してもらう書類が多いです。その書類を発行するための費用や翻訳手数料などの費用が追加されることもあります。

3.渡航後費用

高校留学の場合、渡航期間中の滞在費用は州によって支払い方法や支払うタイミング、支払い金額が異なります。1年間のホームステイ費用を全額まとめて支払う方法、現地到着後に2週間おきに支払う方法など様々です。その支払いの指定は学校やホームステイ先にされることになるので、しっかり確認しておきましょう。

ホームステイ費用には食費、光熱費などが含まれます。そのため他にかかるのは、制服や教材費、交通費、お小遣いなどになります。ホームステイ費とは別に1〜2万円ほどあれば普通に生活することができます。

1年間オーストラリアに滞在する場合は学年末のパーティのための費用も持っておかなければなりません。特に最終学年や成人のタイミングでは大きなイベントとなり、誰もがドレスアップします。ドレスやシューズ、メイクなどができるようにしましょう。この費用は大体日本の成人式と同じような金額が見込まれます。定期的に発生するものではないですが、しっかり覚えておきましょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

2.オーストラリアへの留学費用実例

ここまでオーストラリアへの高校留学でかかるおおまかな金額を説明してきました。この章では、よりイメージしやすいような具体例を紹介していきます。

1.ニュー・サウス・ウェールズ州の公立高校

シドニーを州都に持つニュー・サウス・ウェールズにある公立学校。イギリス植民地の面影を残す建造物と鎮台的なビルとの調和が取れている街並みのきれいな場所にあります。都会でも自然を楽しめる場所となっています。

年間を通じて気候が良く、時差も1時間ほどで日本からの直行便も多いため、オーストラリアの中でも特に人気な留学先となっています。そのような条件下にある公立高校がどの程度のお金がかかるのかを見ていきます。

・入学金:$290=¥26,100
・授業料:$16,600=¥1,494,000
・国内手続きサポート費用:¥319,000
・渡航後現地サポート費用:¥110,000
・航空券(片道):¥80,000
・海外留学生保険:¥180,000
・学生ビザ申請費用:¥56,700
・学生ビザ申請に伴う保険:¥54,000
・ホームステイ手配:¥31,500
・ホームステイ:¥1,260,000
・空港出迎え(片道):¥16,200
・その他実費:¥180,000

合計:¥3,807,500

オーストラリアは中学校4年間、高校2年間という制度になっています。この中学と高校で金額は大きく変わるのですが、ここでは日本での高校1年生、オーストラリアでの中学4年生での金額を示しています。オーストラリアでの高校1年の場合だとさらに15〜20万円ほど差が出てきます。

また、中学4年生での入学だと英検2級レベル、高校1年生での入学だと英検2級-Aレベルの英語力が必要となります。この英語力に達していない場合、本科のコースに入学する前の段階で現地渡航後にニュー・サウス・ウェールズ州教育相が規定する民間の語学学校に20週間通わなければなりません。このコースを受講することになった場合、プラスで約76万円の授業料が必要となります。

2.ビクトリア州の公立高校

イギリス・エコノミスト誌が調査する「世界で最も住みやすい都市ランキング」で7年連続で1位にもなったことのあるメルボルンを州都に持つ場所にある学校。高校留学先として非常に人気のある都市の1つとなっています。洗練された都市と自然が融合された環境や世界的にもレベルの高い大学が揃っている様々な面で魅力のある場所となります。そんな場所にある公立高校に通うにはどの程度のお金が必要になるのか見ていきます。

・入学金:¥25,380
・授業料:¥1,634,670
・国内手続きサポート費用:¥319,000
・渡航後現地サポート費用:¥110,000
・航空券代金(片道):¥100,000
・海外留学生保険:¥180,000
・学生ビザ申請費用:¥56,700
・学生ビザ申請に伴う保険:¥54,000
・ホームステイ手配:¥26,829
・ホームステイ:¥1,350,000
・到着時サポート:¥15,048
・その他実費:¥180,000

合計:¥4,051,627

ビクトリア州でもニュー・サウス・ウェールズ州と同じように英語力に規定があり、中学4年生時には英検2級、高校1年生時には英検2級-Aを超えていなければなりません。また、規定を超えていない場合、20週間の学習が必要となりますが、ビクトリア州の場合は学費に変わりはありません。

また、ビクトリア州の場合は入学する学校のエリアによってホームステイ費用が異なります。相場は州に$300~350程度ですが、田舎の方になるともう少し安くなります。ホームステイ費用の支払い方法も学校によって変わるので、しっかり確認しておきましょう。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

3.まとめ

ここまでオーストラリアへの高校留学でかかる費用について見てきました。公立学校でもかなり高額な費用がかかることが分かったかと思います。しかしその経験を今後の人生で大いに役立てることができるはずです。

しかしそのような経験を留学をすることによって得るには渡航前の手続きも頑張らなければなりません。この記事に挙げたリストを見ただけでもかなりの量の手続きが必要だということが分かったと思います。自分でやるにはかなりハードルが高いです。

留学費を抑えたいというのもわかりますが、確実に渡航するのであれば専門家の力を借りるべきです。是非留学会社を使って確実なオーストラリア留学をし、より良い経験を得てください。

夢カナ留学なら0円で留学に行ける?無料でプラン診断してみる

こんなに安く留学できるの!?そんなアナタに実質無料の夢カナ留学

関連記事

  1. オーストラリアへ荷物を送る4つの送り方!日数や料金比較・注意事項も徹底解説

  2. 大学を辞めてまで、自分のやりたいことをしたかった!努力のワーキングホリデー☆

  3. ワーキングホリデーの費用はいくら?各国の費用比較と安くする方法を紹介!

  4. たった3週間で短期ローカルジョブをGETした話とその方法!!

  5. オーストラリアへの留学・ワーホリで知っておきたい田舎生活の魅力

  6. 日本がどれほど便利な国か思い知りました(笑)。オーストラリアのワーホリを現地レポート